索引を作成および更新する

索引は、文書内の用語や見出し語と、その語が出ているページ数の一覧です。索引を作成するには、索引項目の名前と文書内の相互参照を指定して索引項目を登録した後、索引を構築します。

個々の単語、語句、または記号、複数のページにまたがる見出し語、または "移動手段。自転車を参照" などの別の項目を参照する見出し語の索引項目を作成できます。文字列を選択して、索引項目として登録すると、Word で、登録したメイン項目と、含めるように選択した相互参照情報を含む特殊な XE (索引項目) フィールドが追加されます。

XE (索引項目) フィールド

索引項目をすべて登録したら、索引のデザインを選択して索引を構築します。索引項目の収集、五十音順での並べ替え、ページ番号の参照、同じページ内で重複する項目の検索と削除が自動的に行われた後、文書に索引が表示されます。

項目を登録する

次の手順は、単語またはフレーズを索引に登録する方法を示しますが、複数のページにまたがる文字列を索引登録することもできます。

  1. 索引項目として使用する文字列を選択するか、項目を挿入する場所を単にクリックします。

  2. [参考資料] タブの [索引] で、[索引登録] をクリックします。
    索引登録

  3. [索引登録] ダイアログ ボックスで文字列を編集できます。
    [索引登録] ダイアログ ボックス

    • [登録 (サブ)] ボックスに、2 番目のレベルを追加できます。3 番目のレベルが必要な場合は、2 番目のレベルの後にコロンで区切って入力します。

    • 他の項目への相互参照を作成するには、[オプション] の [相互参照] をクリックし、ボックスに他の項目の文字列を入力します。

    • 索引に表示されるページ番号の書式を設定するには、[ページ番号の書式] で [太字] チェック ボックスまたは [斜体] チェック ボックスをオンにします。

  4. [登録] をクリックし、索引項目を登録します。文書内のこの文字列をすべて登録するには、[すべて登録] をクリックします。

  5. 索引項目をさらに登録するには、文字列を選択し、[索引登録] ダイアログ ボックスをクリックします。次に、手順 3. と手順 4. を繰り返します。

索引を作成する

項目を登録したら、文書に索引を挿入できます。

  1. 索引を追加する位置をクリックします。

  2. [参考資料] タブの [索引] で、[索引の挿入] をクリックします。
    索引の挿入

  3. [索引] ダイアログ ボックスで、文字列の項目、ページ番号、タブ、リーダー文字の書式を選択できます。
    [索引] ダイアログ ボックス

  4. [書式] ドロップダウン メニューから選択すると、索引の全体的な外観を変更できます。左上のウィンドウに、プレビューが表示されます。

  5. [OK] をクリックします。

索引項目を編集または書式設定して索引を更新する

索引の作成後にさらに項目を登録する場合は、索引を更新して反映する必要があります。

  1. XE フィールドが表示されていない場合は、[ホーム] タブの [段落] で、[表示/非表示] ボタンの画像 をクリックします。

  2. 変更する項目の XE フィールド ({ XE "カリスト" \t "衛星を参照" } など) を検索します。

  3. 索引項目を編集または書式設定するには、二重引用符 (" ") で囲まれた文字列を変更します。

  4. 索引を更新するには、索引をクリックし、F9 キーを押します。または、[参考資料] タブの [索引] で、[索引の更新] をクリックします。

    索引の更新

索引に誤りがある場合は、修正する索引項目を検索し、項目を変更して、索引を更新します。

索引項目を削除して索引を更新する

  1. 波かっこ ({ }) も含めて索引項目フィールド全体を選択し、Del キーを押します。

    XE フィールドが表示されていない場合は、[ホーム] タブの [段落] で、[表示/非表示] ボタンの画像 をクリックします。

  2. 索引を更新するには、索引をクリックしてから F9 キーを押します。または、[参考資料] タブの [索引] で、[索引の更新] をクリックします。

    索引の更新

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×