索引を作成および更新する

索引は、文書内の用語や見出し語と、その語が出ているページ数の一覧です。索引を作成するには、索引項目の名前と文書内の相互参照を指定して索引項目を登録した後、索引を構築します。

この記事の内容

索引項目について

索引項目を登録し、インデックスを作成します。

編集または索引項目の書式を設定して、索引を更新

索引項目を削除し、インデックスを更新します。

索引項目について

次の索引項目を作成できます。

  • 単語、句、または記号

  • 複数のページにわたる本文の見出し語

  • "輸送機関などの他の項目を参照します。参照してください。自転車"

テキストを選択して、索引項目としてマークすると、索引項目と相互参照情報を追加するのには、選択を含む特殊な XE (索引項目) フィールドが追加されます。

XE (索引項目) フィールド

索引項目をすべて登録したら、索引のデザインを選択して索引を構築します。索引項目の収集、五十音順での並べ替え、ページ番号の参照、同じページ内で重複する項目の検索と削除が自動的に行われた後、文書に索引が表示されます。

ページの先頭へ

索引項目を登録して索引を作成する

索引を作成するには、文書中で索引項目を登録し、デザインを選択した後、索引を構築します。

手順 1: 索引項目を登録する

索引項目を登録するには、次のいずれかの操作を行います。

語句を登録する

  1. 既存の文字列を索引項目として登録するには、その文字列を選択します。文書中にない文字列を索引項目として登録するには、索引項目を挿入する位置をクリックします。

  2. 参考資料] タブの [インデックス] で、[索引登録] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  3. 独自の文字列を使用する索引項目を作成するには、[登録 (メイン)] ボックスで文字列を入力または編集します。

  4. 場合は、エントリを下位項目、第 3 レベルのエントリ、または他の項目へのクロス リファレンスを作成してカスタマイズできます。

    • 下位の索引項目を作成するには、[登録 (サブ)] ボックスに文字列を入力します。

    • さらに下位の索引項目を作成するには、下位の索引項目に続けて ":" (コロン) を入力し、続けて下位の索引項目を入力します。

    • 他の項目への相互参照を作成するには、[オプション] の [相互参照] をクリックし、ボックスに他の項目の文字列を入力します。

  5. 索引に表示されるページ番号の書式を設定するには、[ページ番号の書式] で [太字] チェック ボックスまたは [斜体] チェック ボックスをオンにします。

    索引の文字列の書式を設定するには、[登録 (メイン)] ボックスまたは [登録 (サブ)] ボックスで文字列を選択し、右クリックして [フォント] をクリックします。使用する書式設定オプションを選択します。

  6. 索引項目を登録するには、[登録] をクリックします。文書内で使われている同じ文字列すべてに対して索引登録を行うには、[すべて登録] をクリックします。

  7. 索引項目を追加するには、登録する文字列を選択し、[索引登録] ダイアログ ボックスをクリックします。次に、手順 3. ~ 6. を繰り返します。

複数のページにわたる単語や語句を索引項目として登録する

  1. 索引項目の参照先となる文字列を選択します。

  2. [挿入] タブの [リンク] で [ブックマーク] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  3. [ブックマーク名] ボックスにブックマーク名を入力し、[追加] をクリックします。

    文書中で、ブックマークを設定した文字列の直後をクリックします。

  4. 参考資料] タブの [インデックス] で、[索引登録] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  5. [登録 (メイン)] ボックスに、ブックマークを設定した文字列に対する索引項目を入力します。

  6. 索引に表示されるページ番号の書式を設定するには、[ページ番号の書式] で [太字] チェック ボックスまたは [斜体] チェック ボックスをオンにします。

    索引の文字列の書式を設定するには、[登録 (メイン)] ボックスまたは [登録 (サブ)] ボックスで文字列を選択し、右クリックして [フォント] をクリックします。使用する書式設定オプションを選択します。

  7. [オプション] で、[ページ範囲] をクリックします。

  8. [ブックマーク] ボックスで、手順 3. で入力したブックマーク名を入力または選択し、[登録] をクリックします。

手順 2: 索引を作成する

索引項目を登録したら、索引のデザインを選択し、文書に索引を挿入します。

  1. 索引を追加する位置をクリックします。

  2. 参考資料] タブの [インデックス] で、[索引の挿入] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  3. 次のいずれかを実行します。

    • 利用可能な索引のデザインのいずれかを使用するには、[書式] ボックスでデザインをクリックします。

    • 独自のスタイルの索引を作成します。

      1. [書式] ボックスの一覧の [任意のスタイル] をクリックし、[変更] をクリックします。

      2. [スタイル] ダイアログ ボックスで、変更する索引のスタイルをクリックし、[変更] をクリックします。

      3. [書式] で、目的のオプションを選択します。

      4. スタイルの変更をテンプレートに追加するには、テンプレートに基づくすべてのドキュメントをクリックします。

      5. [OK] を 2 回クリックします。

  4. 必要に応じて、その他の索引オプションを選択します。

注: 

  • 索引を更新するには、索引をクリックし、F9 キーを押します。または、[参考資料] タブの [索引] で、[索引の更新] をクリックします。

    リボンの画像

  • 索引に誤りがある場合は、修正する索引項目を検索し、項目を変更して、索引を更新します。

  • のグループ文書でインデックスを作成する場合は、挿入するか、インデックスを更新する前に、サブ文書を展開します。

ページの先頭へ

索引項目を編集または書式設定して索引を更新する

  1. XE フィールド] が表示されない場合は、[ホーム] タブの [段落] グループの表示/非表示 ボタンの画像 をクリックします。

    Word のリボン イメージ

  2. 検索のエントリを変更するのには、たとえば、 { XE「カリスト」\t「衛星を参照」xe }します。

  3. 索引項目を編集または書式設定するには、二重引用符 (" ") で囲まれた文字列を変更します。

  4. 索引を更新するには、索引をクリックし、F9 キーを押します。または、[参考資料] タブの [索引] で、[索引の更新] をクリックします。

    リボンの画像

注: 

  • 索引に誤りがある場合は、修正する索引項目を検索し、項目を変更して、索引を更新します。

  • XE フィールドをすばやく検索するには、Ctrl キーを押しながら F キーを押し、[特殊文字] をクリックします。次に、[フィールド] をクリックします。[特殊文字] ボタンが表示されていない場合は、[オプション] をクリックします。

ページの先頭へ

索引項目を削除して索引を更新する

  1. 波かっこ ({ }) も含めて索引項目フィールド全体を選択し、Del キーを押します。

    XE フィールド] が表示されない場合は、[ホーム] タブの [段落] グループの表示/非表示 ボタンの画像 をクリックします。

    Word のリボン イメージ

  2. 索引を更新するには、索引をクリックし、F9 キーを押します。または、[参考資料] タブの [索引] で、[索引の更新] をクリックします。

    リボンの画像

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×