簡単な選択クエリを作成する

簡単な選択クエリを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

1 つまたは複数のソースから特定のデータを選択するときに、選択クエリを使用できます。 選択クエリは、必要なデータのみを取得する場合や、いくつかのデータ ソースからのデータを結合する場合に便利です。 選択クエリでは、データ ソースとしてテーブルとその他の選択クエリを使用できます。 このトピックでは選択クエリの概要について説明し、クエリ ウィザードやデザイン ビューを使用して選択クエリを作成する手順を紹介します。

Northwind サンプル データベースを使用してクエリのしくみを確認する場合には、「クエリの概要」をご覧ください。

この記事の内容

Overview

クエリ ウィザードを使用して選択クエリを作成する

デザイン ビューで作業し、クエリを作成する

Access Web アプリで選択クエリを作成する

概要

データを使用する場合は、ほとんどするすべての 1 つのテーブルからデータを使用します。 たとえば、連絡先のテーブルのデータを使用する場合は、通常する特定のレコードを 1 つ、または電話番号もだけを表示します。 注文情報を含む顧客の情報を組み合わせることなど、1 つ以上のテーブルからデータを結合することもあります。 使用するデータを選択するには、選択クエリを使用します。

選択クエリは、 データシート ビューの情報が表示されているデータベース オブジェクトです。 クエリでは、データは保存されません、テーブルに格納されているデータを表示します。 クエリでは、1 つまたは複数のテーブルから、その他のクエリでは、または 2 つの組み合わせからデータを表示できます。

クエリを使用する利点

クエリでできること:

  • 見たいフィールドのデータだけを表示する。 テーブルを開くと、すべてのフィールドが表示されます。 クエリは、選択したフィールドを保存する便利な方法です。

    注: クエリはデータをポイントするだけで、データを格納しません。 クエリを保存するときに、データのコピーが保存されるわけではありません。

  • いくつかのデータ ソースからのデータを結合する。 テーブルには通常、テーブルに保存されているデータのみが表示されます。 クエリを使用すれば、さまざまなソースのフィールドを選択し、情報の組み合わせを指定できます。

  • フィールドとして式を使用します。 フィールドとして、Date 関数を使用できるなど、フィールドからデータの表示方法を制御するフィールドを持つ関数の書式が設定され、クエリ結果の形式を使用することができます。

  • 指定した抽出条件を満たすレコードを表示する。 テーブルを開くと、すべてのレコードが表示されます。 クエリは、選択したレコードを保存する便利な方法です。

選択クエリ作成の基本的手順

選択クエリを作成するには、クエリ ウィザードを使用するか、クエリ デザイナーで操作します。 ウィザードの場合、一部のデザイン要素は使用できませんが、このような要素は後でデザイン ビューで追加できます。 2 つの方法はある程度異なっていますが、基本的な手順は本質的には同じです。

  1. データ ソースとして使用するテーブルまたはクエリを選択します。

  2. データ ソースから含めるフィールドを指定します。

  3. 必要に応じて、クエリから返されるレコードを制限する条件を指定します。

選択クエリを作成した後、その結果を表示することを実行します。 選択クエリを実行するには、データシート ビューで開きます。 クエリを保存する場合に必要に応じていつでも、たとえば、フォーム、レポート、または別のクエリのデータ ソースとして再に利用できます。

クエリ ウィザードを使用して選択クエリを作成する

クエリ ウィザードを使用し、選択クエリを自動的に作成できます。 このウィザードを使用する場合、クエリ デザインを細かく設定することはできませんが、ウィザードを使用しない場合に比べて、通常はクエリが短時間で作成されます。 また、ウィザードの場合、設計上の単純な間違いが検出され、別の操作を実行するように求められることがあります。

始める前に

互いに関連しないデータ ソースのフィールドを使用する場合、クエリ ウィザードでは、リレーションシップを作成するかどうかについて確認が求められます。 リレーションシップ ウィンドウが自動的に開きますが、リレーションシップを編集する場合、ウィザードを再起動する必要があります。 そのため、ウィザードを実行する前に、クエリで必要となるリレーションシップがあればそれを作成することを検討してください。

テーブル リレーションシップの作成方法については、「テーブルのリレーションシップの概要」を参照してください。

クエリ ウィザードを使用する

  1. [作成] タブの [クエリ] グループで [クエリ ウィザード] をクリックします。 

    Access リボンの [クエリ] グループには 2 つのオプションがあります。クエリ ウィザードとクエリ デザイン
  2. [新しいクエリ] ダイアログ ボックスの [選択クエリ ウィザード] をクリックし、[OK] をクリックします。

  3. 次に、フィールドを追加します。 最大 32 個のテーブルまたはクエリから最大 255 個のフィールドを追加できます。

    フィールドごとに、以下の手順を実行します。

    1. [テーブル/クエリ] で、フィールドが含まれるテーブルまたはクエリをクリックします。

    2. [使用可能なフィールド] で、フィールドをダブルクリックし、[選択したフィールド] リストに追加します。 すべてのフィールドをクエリに追加する場合、右向き矢印が 2 つ付いたボタン (>>) をクリックします。

    3. 必要なフィールドをすべて追加したら、[次へ] をクリックします。

      [選択クエリ ウィザード] ダイアログ ボックスで、使用するフィールドを選択します。
  4. 数値フィールド (数値データが含まれるフィールド) を追加しなかった場合、手順 9 に進んでください。 数値フィールドを追加した場合、クエリで詳細を取得するか集計データを取得するかについて確認を求められます。

    次のいずれかの操作を行います。

    1. 個々のレコードを表示する場合、[詳細] をクリックし、[次へ] をクリックします。 手順 9 に進みます。

    2. 平均値などの集計された数値データを表示する場合、[集計する] をクリックし、[集計のオプション] をクリックします。

      [選択クエリ ウィザード] ダイアログで [詳細] または [集計する] を選択する
  5. [集計のオプション] ダイアログ ボックスで、集計するフィールドとデータの集計方法を指定します。 数値フィールドのみが表示されます。

    数値フィールドごとに、次の関数の 1 つを選択します。

    1. 合計    クエリでは、[フィールドのすべての値の合計を返します。

    2. 平均    クエリでは、フィールドの値の平均値を返します。

    3. Min 関数    クエリでは、フィールドの最小値を返します。

    4. Max 関数    クエリでは、フィールドの最大値を返します。

    [集計のオプション] ダイアログで、集計値の計算方法を選択します。
  6. クエリの結果にデータ ソースのレコード数を含める場合、適切な ["データ ソース名" のレコードをカウントする] チェック ボックスを選択します。

  7. [OK] をクリックして [集計のオプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

  8. 日付/時刻フィールドをクエリに追加しなかった場合、手順 9 に進んでください。 日付/時刻フィールドをクエリに追加した場合、クエリ ウィザードでは、日付値をグループ化する方法について確認が求められます。 たとえば、数値フィールド ("Price") と日付/時刻フィールド ("Transaction_Time") をクエリに追加した後、[集計のオプション] ダイアログ ボックスで、数値フィールド "Price" の平均値を表示するように指定します。 日付/時刻フィールドを含めたため、一意の日付/時刻値、日、月、四半期、年ごとに集計値を計算できます。

    [選択クエリ ウィザード] ダイアログで、クエリの日付のグループ化方法を選択する

    日付と時刻の値をグループ化するために使用する期間を選択し、[次へ] を選択します。

    注: デザイン ビューでは式を使用し、任意の期間別にグループ化できますが、ウィザードの場合、選択肢が限定されています。

  9. ウィザードの最後のページで、クエリにタイトルを付け、クエリを開くか、変更するかを指定し、[完了] をクリックします。

    クエリを開くと、選択したデータがデータシート ビューで表示されます。 クエリを変更する場合、クエリがデザイン ビューで開きます。

ページの先頭へ

デザイン ビューで作業し、クエリを作成する

デザイン ビューを使用し、選択クエリを手動で作成できます。 デザイン ビューを使用すると、クエリをより細かく設計できますが、設計上の間違いを犯しやすく、また、ウィザードの場合よりも時間がかかります。

クエリを作成する

手順 1:データ ソースを追加する

手順 2: 関連するデータ ソースを結合する

手順 3:出力フィールドを追加する

手順 4:抽出条件を指定する

手順 5データを集計する

手順 6: 結果を表示する

手順 1: データ ソースを追加する

デザイン ビューを使用するとき、[テーブルの表示] ダイアログ ボックスでデータ ソースを追加するため、別々の手順でデータ ソースとフィールドを追加します。 ただし、必要であれば、後でデータ ソースを追加できます。

  1. [作成] タブの [その他] グループで、[クエリ デザイン] をクリックします。 

    Access リボンの [クエリ] グループには 2 つのオプションがあります。クエリ ウィザードとクエリ デザイン
  2. [テーブルの表示] ダイアログ ボックスの [テーブル]、[クエリ]、[両方] タブで、使用する各データ ソースをダブルクリックするか、各データ ソースを選択し、[追加] をクリックします。

    テーブル名が表示された Access の [テーブルの表示] ダイアログ
  3. [テーブルの表示] ダイアログ ボックスを閉じます。

自動結合

データ ソースを追加するとき、ソース間に既にリレーションシップが定義されている場合、そのリレーションシップは結合としてクエリに自動的に追加されます。 結合により、関連ソースのデータの組み合わせ方法が指定されます。 また、Access では、フィールドに互換性のあるデータ型が含まれ、1 つのフィールドが主キーの場合、2 つのテーブルの結合が自動的に作成されます。

場合によっては、Access で自動作成された結合を自分で調整します。 Access では、結合が表す関係に基づき、作成する結合の種類が決定されます。 Access で結合が作成されるとき、リレーションシップが定義されていない場合、内部結合が作成されます。

Access でデータ ソースの追加時に正しい結合が自動的に作成される場合、手順 3:出力フィールドを追加するに進むことができます。

同じデータ ソースを数回使用する

場合によっては、同じテーブルまたはクエリを自己結合、一致する結合フィールドの値がある場合は、同じテーブルからレコードを結合するという名前の 2 つのコピーを結合します。 たとえば、[社員] テーブルで各従業員のレコードの一覧のフィールドの表示名の代わりに、マネージャーの ID があるとします。 自己結合を使用する代わりに、各従業員のレコードで、マネージャーの名前を表示できます。

データ ソースの 2 回目の追加が行われると、Access は、2 番目のインスタンスの名前に _1 を付加します。 たとえば、Employees テーブルを 2 回追加した場合、2 番目のインスタンスの名前は Employees_1 となります。

手順 2: 関連するデータ ソースを結合する

クエリに追加するデータ ソースに既にリレーションシップがある場合、リレーションシップごとに内部結合が自動的に作成されます。 また、参照整合性が適用されている場合、一対多リレーションシップの "一" 側のテーブルを示す "1" と "多" 側のテーブルを示す無限記号 () が結合線の上に表示されます。

クエリにクエリを追加するとき、クエリ間にリレーションシップが作成されていない場合、クエリ間で、またはクエリと関連していないテーブルの間で結合が自動作成されることはありません。 データ ソースの追加時、結合が自動作成されない場合、通常は自分で追加する必要があります。 他のデータ ソースに結合されていないデータ ソースは、クエリ結果で問題を引き起こす可能性があります。

内部結合から外部結合に結合の種類を変更すると便利な場合もあります。クエリに含まれるレコードが増えます。

結合を追加する

  • 結合を追加するには、1 つのデータ ソースのフィールドを、別のデータ ソースの対応するフィールドまでドラッグします。

    2 つのフィールド間に線が引かれ、結合が作成されたことが示されます。

    クエリのデザイン ビューの結合線

結合を変更する

  1. 変更対象の結合をダブルクリックします。

    [結合プロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

    [結合プロパティ] ダイアログ ボックス
  2. [結合プロパティ] ダイアログ ボックスで 3 つのオプションを確認します。

  3. 使用するオプションをクリックし、[OK] をクリックします。

結合に問題がなければ、出力フィールドを追加します。出力フィールドとは、クエリ結果に表示するデータが含まれるフィールドです。

手順 3: 出力フィールドを追加する

手順 1 で追加したデータ ソースからフィールドを簡単に追加できます。

  • フィールドを追加するには、クエリ デザインの上ウィンドウにあるデータ ソースのフィールドを下ウィンドウにあるデザイン グリッドの [フィールド] 行までドラッグします。

    この方法でフィールドを追加すると、デザイン グリッドの [テーブル] 行に自動入力され、フィールドのデータ ソースが反映されます。

    ヒント: クエリ デザイン グリッドの [フィールド] 行にすべてのフィールドを簡単に追加するには、上ウィンドウにあるテーブルまたはクエリの名前をダブルクリックしてそのソースの全フィールドを強調表示し、デザイン グリッドまで同時にドラッグします。

式を出力フィールドとして使用する

計算を実行するか、関数を使用してクエリの出力を生成する場合、式を出力フィールドとして使用できます。 式では、クエリ データ ソースからのデータや関数 (Format や InStr など) を使用できるほか、定数や算術演算子を含めることもできます。

  1. クエリ デザイン グリッドの空白の列で、[フィールド] 行を右クリックし、ショートカット メニューの [ズーム] をクリックします。

  2. [ズーム] ボックスに式を入力するか、貼り付けます。 式の出力で使用する名前を式の先頭に追加し、その後にコロンを続けます。 たとえば、式に "Last updated" というラベルを付けるには、式を Last updated: から始まる名前にします。

    注: 式を使用すれば、さまざまなことが可能になります。 式に関する詳しい説明については、この記事では取り上げません。 式の作成方法については、「Build an expression」 (式を作成する) を参照してください。

手順 4: 抽出条件を指定する

この手順は省略可能です。

抽出条件を使用すれば、クエリで返されるレコードを絞り込むことができます。指定した条件を満たすフィールド値が返されます。

出力フィールドの抽出条件を指定する

  1. クエリ デザイン グリッドの制限する値を持つフィールドの抽出条件] 行で、結果に含まれるフィールドの値が満たす必要がある式を入力します。 たとえば、クエリを制限する場合は、のみを記録する市区町村] フィールドの値が大阪、そのフィールドの [抽出条件] 行で大阪を入力します。

    クエリの抽出条件の例」をご覧ください。さまざまなデータ型のクエリ抽出条件の例がたくさんあります。

  2. [抽出条件] 行の下にある [または] 行に別の抽出条件を指定します。

    別の抽出条件を指定する場合、一覧にある条件のいずれかをフィールド値が満たせば、クエリ結果に含まれます。

複数のフィールドの抽出条件

複数のフィールドで抽出条件を使用できます。 その場合、[抽出条件] 行または [または] 行のすべての条件が真にならないとレコードは含まれません。

出力を必要としないフィールドを使用し、抽出条件を指定する

クエリ デザインにフィールドを追加し、そのフィールドのデータをクエリ出力に含めないようにできます。 表示しないフィールドの値を使用してクエリの結果を絞り込む場合にこれを行います。

  1. デザイン グリッドにフィールドを追加します。

  2. フィールドの [表示] 行で、チェック ボックスの選択を解除します。

  3. 出力フィールドの場合と同様に、抽出条件を指定します。

手順 5:データを集計する

この手順は省略可能です。

特に対象のデータが数値である場合は、データを集計することが必要な場合があります。 たとえば、平均価格または売上合計を表示する場合を例にとります。

クエリでデータを集計するには、[集計] 行を使用します。 既定では、[集計] 行はデザイン ビューに表示されません。

  1. クエリをデザイン ビューで開き、[デザイン] タブの [表示/非表示] で [集計] をクリックします。

    Access では、クエリ デザイン グリッドに [集計] 行が表示されません。

  2. 集計するフィールドごとに、[集計] 行で使用する関数を一覧から選択します。 使用できる関数は、フィールドのデータ型によって異なります。

    クエリの [集計] 行の機能については、「[集計] 行でデータシートの値を合計またはカウントする」を参照してください。

手順 6: 結果を表示する

クエリの結果を表示するには、[デザイン] タブで [実行] をクリックします。 データシート ビューにクエリの結果が表示されます。

クエリをさらに変更するには、[ホーム]、[表示]、[デザイン ビュー] の順にクリックし、デザイン ビューに切り替えます。

フィールド、式、抽出条件を変更し、必要なデータが返されるまでクエリを再実行します。

ページの先頭へ

Access Web アプリで選択クエリを作成する

Access Web アプリで選択クエリを作成する手順は上記の手順と似ていますが、ブラウザーにクエリ結果を表示するために、あと少しだけ手順が加わります。

重要    Microsoft では、SharePoint で Access Web App を作成および使用することはお勧めしなくなりました。 代わりに、Microsoft PowerApps を使用して、Web およびモバイル デバイス用にコードなしのビジネス ソリューションを作成することを検討してください。

  1. Access で Web アプリを開きます。

  2. [ホーム]、[詳細設定]、[クエリ] の順にクリックします。

  3. [テーブルの表示] ダイアログ ボックスの [テーブル]、[クエリ]、[両方] タブで、使用する各データ ソースをダブルクリックするか、各データ ソースを選択し、[追加] をクリックします。 完了したら [閉じる] をクリックします。

  4. クエリ デザインの上ウィンドウにあるデータ ソースのフィールドを下ウィンドウにあるデザイン グリッドの [フィールド] 行までドラッグします。

    クエリ タブが強調表示されているクエリ デザイナー ビュー

  5. 必要な抽出条件があれば、それをフィールドに追加します。

  6. クエリ タブを右クリックして [保存] をクリックし、クエリに名前を付けます。

  7. クエリの結果を表示するには、クエリ タブを右クリックして [データシート ビュー] をクリックします。

ブラウザー ビューにクエリの結果を表示するには、テーブル セレクターでクエリに基づいてビューを追加する必要があります。 テーブル セレクターでテーブル キャプションに新しいビューを追加するには、次の手順を行います。

  1. 左ウィンドウのテーブル セレクターでテーブルのキャプション名をクリックしてから、[新しいビューの追加] (プラス記号) をクリックします。

    Access クライアントからリスト ビューを追加する

  2. 新しいビューの追加] ダイアログ ボックスで、ビュー名] ボックスにビューの名前を入力し、[ビューの種類を選択レコード ソース] ボックスで、[クエリ名を選択します。

    ソース テーブルにクエリのデータシート ビューを追加する

    ヒント: クエリで複数のテーブルを使った場合は、任意のテーブルまたはすべてのテーブルにビューを追加できます。

  3. [ホーム]、[アプリの起動] の順にクリックして、ブラウザーで新しいビューを開きます。

  4. クエリが更新に対応している場合、このビューでデータを追加、変更、削除するには、テーブル名をクリックし、追加するビュー名をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×