範囲演算子をこぼしました

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

シーケンスなど、こぼれた配列関数を処理する場合は、範囲の後にこぼれた範囲演算子 (#) を配置することで、全体の流出範囲を参照することができます。次の例では、セル a2 に= SEQUENCE (10)があり、a2: A11 に流出しています。セル C2 には、a2: a11 として = sum (a2: a11) と同等の数式= sum (a2 #)を使用しています。これは a2 の数式の流出範囲です。この値が返されると、55が返されます。

たとえば、A2 ~ = SEQUENCE (20) の式を変更することによって、流出範囲が拡大または収縮した場合、SUM 数式には自動的に反映されます。これが通常の範囲の場合は、= SUM (A2: A11) を入力し、流出範囲が変更された場合に手動で更新する必要があります。多くの場合、範囲が変更されたかどうかがわからない場合があるため、多くの推測作業を削除できます。

こぼれた配列範囲全体を = SUM (A2 #) で参照するために、範囲の演算子をこぼしました。

次の例では、複数の数式でこぼれた range 演算子を使用しています。ここでは、名前のリストから一意のリストを作成し、リストを並べ替え、3文字を超える名前をフィルター処理します。セル G2 には、セル E2 で= 並べ替え (c2 #)= フィルター (c2 #、LEN (c2 #) > 3)があります。

こぼした range 演算子 (#) は、= FILTER (c2 #, LEN (c2 #) > 3) で、こぼれた配列範囲全体を参照します。

注: 2018: 動的配列関数は現在、ベータ版の機能です。現時点では、 Office インサイダーの一部に対してのみ使用できます。今後数か月にわたって、これらの機能を最適化していきます。準備が整ったら、すべての office インサイダーとoffice 365 サブスクライバーにリリースします。

既知の制限

[こぼれた範囲] 演算子は、閉じるブックへの参照をサポートしていません。代わりに、#REF が返されます。エラー値です。参照されたブックを開くと、問題が解決します。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

フィルター関数

RANDARRAY 関数

SEQUENCE 関数

単一関数

並べ替え関数

SORTBY 関数

一意の関数

#SPILL!Excel のエラー

こぼした配列の動作

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×