箱ひげ図を作成する

箱ひげ図では、データが四分位に分けて示され、平均と特異ポイントが強調されます。 箱には、「ひげ」と呼ばれる垂直方向に伸びる線が付いていることがあります。 これらの線で、第 1 四分位数と第 3 四分位数の外側のばらつきを示し、これらの線、つまり、ひげよりも外側にある点はすべて特異ポイントと見なされます。

箱ひげ図は、統計分析で最も一般的に使用されます。たとえば、箱ひげ図を使用して、治験の結果や教師のテストの点数を比較できます。

サンプルの箱ひげ図

箱ひげ図を作成する

  1. データ (単一のデータ系列または複数のデータ系列) を選びます。

    (次の図のデータは、上のサンプル グラフの作成に使ったデータの一部です。)

    箱ひげ図の例を作成するのに使用するデータが切り取られたことを示す画像
  2. 次の図のように、Excel で、[挿入]、[統計グラフの挿入]、[箱ひげ図] の順にクリックします。

    重要: Word、Outlook、PowerPoint では、この手順は多少違った動作になります。

    1. [挿入] タブの [] グループで [グラフ] をクリックします。

    2. [グラフの挿入] ダイアログ ボックスの [すべてのグラフ] タブで [箱ひげ図] をクリックします。

    Office 2016 for Windows の [挿入] タブの箱ひげ図の種類

ヒント: 

  • グラフの外観をカスタマイズするには、[デザイン] タブと [書式] タブを使用します。

    [グラフ ツール] の [デザイン] タブと [書式設定] タブ
  • これらのタブが表示されない場合は、箱ひげ図の任意の場所をクリックして、リボンに [グラフ ツール] を追加します。

箱ひげ図のオプションを変更する

  1. グラフでいずれかの箱を右クリックしてその箱を選んでから、ショートカット メニューの [データ系列の書式設定] をクリックします。

  2. [データ系列の書式設定] ウィンドウで [系列のオプション] を選び、必要に応じて変更します。

    (図に続くグラフの情報が、選択の役に立ちます。)

    Office 2016 for Windows の箱ひげ図のオプションを表示している [データ系列の書式設定] 作業ウィンドウ

    系列オプション

    説明

    要素の間隔

    カテゴリの間隔を制御します。

    内側のポイントを表示

    下ひげ線と上ひげ線の間にあるデータ要素を 表示します。

    特異ポイントを表示

    下ひげ線よりも下、または上ひげ線よりも上にある特異ポイントを 表示します。

    平均マーカーを表示

    選んだ系列の平均マーカーを表示します。

    平均線を表示

    選んだ系列内の箱の平均を接続する線を表示します。

    四分位数計算

    中央値計算の方法を表示します。

    包括的な中央値    N (データ内の値の個数) が奇数である場合に中央値が計算に含められます。

    排他的な中央値    N (データ内の値の個数) が奇数である場合に中央値が計算から除外されます。

ヒント: 箱ひげ図の詳細と、それが統計データの視覚化にどのように役立つかについては、Excel チームによるヒストグラム図、パレート図、および箱ひげ図に関するブログ投稿を参照してください。また、このブログ投稿で説明されているその他の新しいグラフの種類も参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×