管理者: 一般法人向け office 365 を使用して、ユーザーを最新の office クライアントにアップグレードする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Office 365 管理者向けヘルプ

組織内のユーザーを最新バージョンの Office にアップグレードする責任がありますか?

その場合は、適切な場所にいることになります。この記事は、お客様のためのものです。

そうでない場合は、「 office 2016 にアップグレードするにはどうすればよいですか?」を参照してください。古いバージョンの office をアップグレードする方法について説明します。

アップグレードの準備をする

Office 365 管理者は、組織内のユーザーがインストールできる Office のバージョンを管理します。組織のユーザーが、Office 2007、Office 2010、Office 2013 など、以前のバージョンの Office を最新版にアップグレードするときは、セキュリティと生産性の機能改善を最大限に利用できるように、管理者がユーザーを支援することが推奨されます。「Office 2016 にアップグレードすべき理由」をご覧ください。

Office 2007 がサポート終了に達する

office 2007 は、2017の10月10日に終了しました。また、組織内の Outlook 2007 を使用しているすべてのユーザーは、10月31日の時点で office 365 メールに接続できなくなりました。自分とユーザーが引き続きメールにアクセスできるようにするには、 outlook.office365.comにサインインして、更新されたバージョンの Office をインストールするか、web ブラウザーからメールにアクセスする必要があります。

さらに、2017の2月28日以降、組織内のユーザーは office 365 ソフトウェアページから office 2013 をダウンロードしてインストールすることはできなくなりました。「office 365 サブスクリプションを使用してoffice 2013 をインストールすることはできなくなりました」を参照してください。

ヒント: Microsoft ライフサイクルポリシーで、すべての Office ソフトウェアの主流サポート終了日を確認します。

アップグレード手順

以下は、ユーザーが最新の Office デスクトップ クライアントにアップグレードするときのプロセスできます。アップグレード プロセスを開始する前に一読することをお勧めします。

注: 企業で大規模な展開を計画してテストするIT担当者は、 Office 2007 のサポート終了のロードマップも参照してください。

これらの手順が役に立ったかどうかをお知らせするコメントを残してください。

手順 1 – システム要件の確認

システム要件を確認し、使用中のデバイスと Office 2016 の間に互換性があることを確認します。たとえば、Windows XP または Windows Vista を実行しているコンピューターに Office 2016 をインストールすることはできません。

ヒント: 現在 Office をインストールしている PC またはラップトップで以前のバージョンの Windows を使用しているとき、オペレーティング システムのアップグレードに関する情報は、「Windows 10 システム要件」でご確認いただけます。

アプリケーションの互換性の確認

アップグレードを成功させるためには、VBA スクリプト、マクロ、サードパーティ アドイン、複雑な文書とスプレッドシートなど、Office のアプリケーションと最新版の Office との間に互換性があることを確認することが推奨されます。

たとえば、現在インストールしている Office でサードパーティ アドインを利用している場合、最新版の Office に対応していることをメーカーにご確認ください。

手順 2 – 既存のサブスクリプション プランの確認

一部の Office 365 プランには完全なデスクトップ版の Office が含まれておらず、その場合、アップグレード手順は異なります。

ここをクリックすると、デスクトップ版の Office が含まれているプラント含まれていないプランを確認できます。

ご利用中のサブスクリプション プランがわからない場合、「使用している一般法人向け Office 365 サブスクリプションの種類を調べる方法」を参照してください。

完全にインストール済みの Office アプリケーションが含まれるサブスクリプション

Office 365 Business
  Office 365 Business Premium
  Office 365 ProPlus

Office 365 A5

Office 365 ProPlus
  Office 365 Enterprise E3
  Office 365 Enterprise E4
  Office 365 Enterprise E5

Office 365 非営利事業
のプレミアム   Office 365 非営利
団体 E3   Office 365 非営利 E5

Office 365 米国政府 E3
  Office 365 us ガバメント E4

廃止
されたサブスクリプション:   Office 365 Small Business Premium
  Office 365 ミッドサイズビジネス

完全にインストール済みの Office アプリケーションが含まれていないサブスクリプション

Office 365 Business Essentials

  Office 365 Enterprise E1

Office 365 A1

Office 365 非営利事業
の必需品   Office 365 非営利 E1

  Office 365 U.S.Government E1

Exchange Online プラン 1
  Exchange Online プラン2

  Project Online Essentials

廃止
されたサブスクリプション:   Office 365 Small Business

既存のプランに Office が含まれる場合、「手順 3 – Office のアンインストール」に移動してください。

既存のプランに Office が含まれていない場合、下のオプションから選択してください。

Office が含まれていないプランのアップグレード オプション

オプション 1 - Office 365 サブスクリプションを切り替える   

Office を含むサブスクリプションに切り替えてください。「別の一般法人向け Office 365 プランに切り替える」をご覧ください。

オプション 2 - パッケージ版の Office 2016 を個別に購入するか、ボリューム ライセンスで購入します。   

手順 3 – Office をアンインストールする

Office 2016 をインストールする前に、以前のバージョンの Office をすべてアンインストールすることが推奨されます。ただし、考えが変わり、Office 2016 にアップグレードしないことにした場合、アンインストール後に再インストールできない場合があるのでご注意ください。

サードパーティ製のアドインがある場合は、製造元に問い合わせて、最新バージョンの Office で動作する更新プログラムがあるかどうかを確認することをお勧めします。

以前のバージョンの Office をアンインストール後に再インストールできない既知の問題

ボリュームライセンスを使用した Office   これらのボリュームライセンスバージョンの Office のソースファイルにアクセスできなくなった場合は、再インストールすることはできません。

コンピューターにプレインストールされている Office   ディスクまたはプロダクトキーを持っていない場合 (Office が付属している場合)、もう一度再インストールすることはできません。

サポートされていない Office 365 サブスクリプション   office 365 Small business Premium または office 365 の中堅企業など、廃止された office 365 サブスクリプションを使用して office のコピーを入手した場合は、付属のプロダクトキーがない限り、古いバージョンの office をインストールすることはできません。サブスクリプション.

以前のバージョンの Office と最新版を共存させる場合、「異なるバージョンの Office を同じ PC にインストールして使う」で、共存が可能なバージョンの一覧をご確認いただけます。たとえば、サードパーティ アドインをインストールして以前のバージョンの Office で使用しているとき、アドインと最新版の Office の間に互換性があるかどうかがわからない場合は、共存インストールが正しい選択となることがあります。

アンインストールするバージョンの Office を選択します

手順 4 – Office ライセンスをユーザーに割り当てる

まだ実行していない場合は、組織内のすべてのユーザーにライセンスを割り当てて、office をインストールする必要がある場合は、「一般法人向け office 365 のユーザーにライセンスを割り当てる」を参照してください。

手順 5 - Office をインストールする

アップグレードするユーザー全員にライセンスが当たられていることを確認したら、最後の手順はユーザーに Office をインストールしてもらうことです。「Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」を参照してください。

ヒント: ユーザーが office をインストールしないようにする場合は、「 office 365 のソフトウェアダウンロード設定を管理する」を参照してください。office展開ツールを使用して、office ソフトウェアをローカルネットワークにダウンロードし、通常使うソフトウェア展開方法を使用して office を展開することができます。

ご意見を寄せてください。

フィードバックを大切にします。以下のコメントを残して、この記事が役に立ちましたかどうか、ご連絡ください。問題が解決しない場合は、この情報を使って、さらに自分の課題を調査してください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×