管理者向け Microsoft Planner

チームの全員が Microsoft Planner を使ってタスクのスケジュールを設定し、ファイルを共同で作業して、計画通りに作業をこなすことで、チームはその成果を最大限に高めることができます。 メンバーが生産性を維持するために、管理者ができることがいくつかあります。

この記事の内容

Microsoft Planner を取得する方法

Microsoft Planner は、Office 365 Enterprise (E1、E3、E4 および E5)、Office 365 Education (E1、E3、E4 および E5)、Office 365 Business Essentials、Office 365 Business Premium に含まれており、さまざまなブラウザーで機能するように設計されています。詳細については、「Office のシステム要件」を参照してください。

上記で述べた Office 365 プランのいずれかに加入しているすべてのユーザーは、既定により、有効な Microsoft Planner のライセンスを所有しています。管理者は、簡単に Planner のライセンスを管理して、個々のユーザーにライセンスを追加/削除したり、すべてのユーザーの Planner を無効にしたりできます。

次のサブスクリプション プランのユーザーは、既定により、一般提供 (GA) の更新で Microsoft Planner を利用できません。

  • 21Vianet が運営する Office 365

  • Office 365 Government

Office 365 Roadmap (Office 365 ロードマップ)」を参照して、今後の利用状況について最新情報を確認できます。

Microsoft Planner を組織に導入する

組織で Microsoft Planner を使い始める場合は、以下の情報を参考にしてください。

Microsoft Planner の導入を発表する前

Office 365 Groups と Microsoft Planner の関係について理解している必要があります。 組織で既に Office 365 Groups を使っている場合は、現在の各グループのカレンダー、ノートブック、OneDrive の場所と同じように、プランもグループごとに使用できるようになります。

Microsoft Planner で新しいプランを作成する場合は、新しい Office 365 Group も作成します。 プランを削除すると、そのプランの Office 365 Group とグループに関連付けられているものすべてが、完全に削除されることに注意してください。 これには、グループの OneDrive の場所に保存されているファイル、会話、グループのノートブックも含まれます。

注: Office 365 グループについての詳細情報は、「Office 365 グループについて」を参照してください。

Microsoft Planner の導入を発表する

Microsoft Planner の導入を発表するときは、ユーザーが簡単に対応できるように、以下の記事を紹介してください。

Microsoft Planner を日常的に使う

Microsoft Planner を使っていくうちにおそらく、タスクおよびプランの削除サインインプランをお気に入りとしてマークタスクのプレビュー画像の設定、およびチームメイトとの共同作業に関する質問がユーザーから寄せられます。

Microsoft Planner の管理についてよく寄せられる質問

Microsoft Planner 管理者が問い合わせを受ける、よくある質問は次のとおりです。

既定により、Planner は有効になっています。ただし、Microsoft Planner のライセンスを割り当てるユーザーを制御する必要があるかも知れません。たとえば、組織が Planner を使用する準備ができておらず、準備が整うまで、ユーザーの一部または全員のアクセス権を一時的に削除する必要があるケースなどです。この操作を行うには、Office 365 管理センターまたは Office 365 PowerShell のいずれかで、ライセンスの割り当てまたは削除を行うことができます。

また、詳しい情報については、「Office 365 PowerShell を利用して Microsoft Planner のライセンスを管理する方法」を参照して、Planner のライセンス管理を行う PowerShell スクリプトの例をご確認ください。

注: Office 365 PowerShell でスクリプトを実行すると、Microsoft Planner の DisabledPlans 値は PROJECTWORKMANAGEMENT になります。

Office 365 の管理者は、テナントで Office 365 グループを作成できるユーザーを制御したり、Office 365 グループを作成できる許可を、特定の Office 365 サービス (Microsoft Planner など、グループを作成する必要のあるサービス) を使用する、特定のユーザーにのみ与えたりする必要があります。

また、Office 365 グループ を作成するユーザーを制御すると、セーフガードがさらに強化され、ライセンスのないユーザーが Microsoft Planner を使用することを防ぐことができるようになります。Office 365 ユーザーからライセンスを削除すると、そのユーザーには Microsoft Planner タイルが表示されなくなりますが、URL (tasks.office.com) 経由で Microsoft Planner に引き続きアクセスできます。Office 365 グループを作成できる権限を無効にすると、Microsoft Planner を使用する権限も制限され、その結果、プランを作成することができなくなります。

管理者は、これらの権限を Azure Active Directory (AD) PowerShell を使用して管理することができます。これらのコマンドレットを使用すると、次のことが行えます。

  1. テナントのすべてのユーザーに対してグループ作成の権限を無効にする

  2. グループの作成が無効になったときに、特定のユーザー (たとえば、すべての Planner ユーザー) がグループを作成できるようにする

重要: テナント全体でグループの作成が無効になると、グループを作成する必要がある、他の Office 365 サービス (Exchange Online など) を使用しているユーザーにも影響します。この設定を行うときには、グループ作成の権限を必要とするすべてのユーザーにご連絡ください。

詳細については、「Manage Office 365 Group creation for Microsoft Planner (Microsoft Planner の作成用に Office 365 グループを管理する)」を参照してください。

ユーザー設定のメール ドメインから通知メールが送信されるようにする場合は、「Multi-domain support for Office 365 Groups - Admin help (Office 365 グループ用複数のドメイン サポート - 管理者向けヘルプ)」で説明されている手順に従います。

以前にプロモーション コードを使用して Office 365 Planner Preview にサインアップした場合、プレビューの有効期限が過ぎたため、Planner が無効になり、削除されるといった内容のメール通知を受信する場合があります。Planner を含む Office 365 プランに登録している場合は、そのような事態は起こりません。Planner が Office 365 サブスクリプションの一部である場合は、テナントやユーザーのデータには影響しません。

Office 365 Enterprise (E1、E3、E4、E5)、Office 365 Education (E1、E3、E4、E5)、Office 365 Business Essentials、または Office 365 Business Premium を使用している場合は、Planner Preview の期限切れ通知は無視して結構です。これらのサービスはすべては、プランの一部に Office 365 Planner を含みます。

Planner を含む Office 365 プランに登録されていない場合は、有効期限が切れる前にサインアップすれば、データに影響はありません。

詳細については、「post on the Office 365 Planner support blog (Office 365 Planner サポート ブログに投稿)」を参照してください。

ユーザーが Exchange Online またはオンプレミスのメールボックスを使用しているハイブリッド環境で、Microsoft Planner を使用している場合、次の点にご注意ください。

  • Planner は、ユーザーが Exchange Online のメールボックスを所有していると、完全に機能します。

  • Exchange Online のメールボックスがない Planner ユーザーの場合、次のような問題が発生することがあります。

    • コメントをタスクに表示または追加するときに問題が発生する。

    • Planner で、[お気に入り] のプランを表示するときに問題が発生する。

詳細については、「KB 記事 3169632」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×