管理者向け: ビジネス向け Office 365 を使って最新の Office クライアントにユーザーをアップグレードします。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 管理者向けヘルプ

ユーザーの責任において、組織のユーザーを最新バージョンの Office にアップグレードする場合もあります。

必要な場合は、適切な場所であればできます。この記事では、します。

そうでない場合は、次を参照してください。 Office 2016 にアップグレードする方法ですか?個人以前のバージョンの Office のアップグレードについて。

アップグレードする準備ができてください。

Office 365 管理者は、組織内のユーザーがインストールできる Office のバージョンを管理します。組織のユーザーが、Office 2007、Office 2010、Office 2013 など、以前のバージョンの Office を最新版にアップグレードするときは、セキュリティと生産性の機能改善を最大限に利用できるように、管理者がユーザーを支援することが推奨されます。「Office 2016 にアップグレードすべき理由」をご覧ください。

Office 2007 のサポートの終了になります。

Office 2007 2017 年 10 月 10日]、[終了-サポートになるし、Outlook 2007 を使用して、組織のすべてのユーザー、2017 年 10 月 31 日の開始、Office 365 メールに接続することはできません。 ユーザーがメールにアクセスを続けることができますようにするには、更新バージョンの Office をインストールまたはメールにアクセスする web ブラウザーからoutlook.office365.comへのサインインでのみ必要があります。

さらに、2017、年 2 月 28日以降、組織のユーザーなったダウンロード、インストールできます Office 2013 自体ソフトウェア] ページで Office 365 します。Office 2013 をインストールする Office 365 サブスクリプションでは利用できませんが参照してください。

ヒント: メイン ストリーム サポート対象の終了日、 Microsoft のライフ サイクル ポリシーにあるすべての Office ソフトウェアを確認してください。

アップグレードの手順

以下は、ユーザーが最新の Office デスクトップ クライアントにアップグレードするときのプロセスできます。アップグレード プロセスを開始する前に一読することをお勧めします。

注: 大企業の大規模な展開を計画し、テストする責任がある IT プロフェッショナルの場合、「Office 2007 から Office 365 ProPlus へのアップグレードを計画する」もご覧ください。

ご意見を寄せてのかどうかは、次の手順を支援を知らせしてください。

手順 1 – システム要件の確認

システム要件を確認し、使用中のデバイスと Office 2016 の間に互換性があることを確認します。たとえば、Windows XP または Windows Vista を実行しているコンピューターに Office 2016 をインストールすることはできません。

ヒント: 現在 Office をインストールしている PC またはラップトップで以前のバージョンの Windows を使用しているとき、オペレーティング システムのアップグレードに関する情報は、「Windows 10 システム要件」でご確認いただけます。

アプリケーションの互換性の確認

アップグレードを成功させるためには、VBA スクリプト、マクロ、サードパーティ アドイン、複雑な文書とスプレッドシートなど、Office のアプリケーションと最新版の Office との間に互換性があることを確認することが推奨されます。

たとえば、現在インストールしている Office でサードパーティ アドインを利用している場合、最新版の Office に対応していることをメーカーにご確認ください。

手順 2 – 既存のサブスクリプション プランの確認

一部の Office 365 プランには完全なデスクトップ版の Office が含まれておらず、その場合、アップグレード手順は異なります。

ご利用中のサブスクリプション プランがわからない場合、「使用している一般法人向け Office 365 サブスクリプションの種類を調べる方法」を参照してください。

完全にインストール済みの Office アプリケーションが含まれるサブスクリプション

  Office 365 Business
  Office 365 Business Premium
  Office 365 ProPlus

  Office 365 Education E5

  Office 365 ProPlus
  Office 365 Enterprise E3
  Office 365 Enterprise E4
  Office 365 Enterprise E5

  Office 365 Nonprofit Business Premium
  Office 365 Nonprofit E3
  Office 365 Nonprofit E5

  Office 365 U.S. Government E3
  Office 365 U.S. Government E4

終了となったサブスクリプション:
  Office 365 Small Business Premium
Office 365 Mid-size Business

完全にインストール済みの Office アプリケーションが含まれていないサブスクリプション

Office 365 Business Essentials

  Office 365 Enterprise E1

Office 365 Education

  Office 365 Nonprofit Business Essentials
  Office 365 Nonprofit E1

  Office 365 U.S.Office 365 Government E1

  Exchange Online プラン 1
Exchange Online プラン 2

Project Online Essentials

終了となったサブスクリプション:
  Office 365 Small Business

既存のプランに Office が含まれる場合、「手順 3 – Office のアンインストール」に移動してください。

既存のプランに Office が含まれていない場合、下のオプションから選択してください。

Office が含まれていないプランのアップグレード オプション

1 - スイッチの Office 365 サブスクリプションのオプション   

Office を含むサブスクリプションに切り替えてください。「別の一般法人向け Office 365 プランに切り替える」をご覧ください。

オプション 2 - Office 2016、またはボリューム ライセンスを通じて購入 Office の購入、1 回限りの個々 の購入   

手順 3 – Office をアンインストールする

Office 2016 をインストールする前に、以前のバージョンの Office をすべてアンインストールすることが推奨されます。ただし、考えが変わり、Office 2016 にアップグレードしないことにした場合、アンインストール後に再インストールできない場合があるのでご注意ください。

サード パーティのアドイン、製造元に問い合わせて、最新バージョンの Office で動作する更新があるかどうかに表示するかどうかがあることをお勧めします。

以前のバージョンの Office をアンインストール後に再インストールできない既知の問題

ボリューム ライセンスを通じて office   これらのボリューム ライセンスのバージョンの Office のソース ファイルにアクセス権のある不要になった、再インストールすることはできません。

お使いのコンピューターに office がプレインストールされています   不要になったがある場合、ディスクまたはプロダクト キー (Office は、1 つに付属) 場合、再インストールすることはできません。

Office 365 のサポートされていないサブスクリプションの場合   Office 365 Small Business Premium や Office 365 midsize Business などの廃止された Office 365 サブスクリプションの入手 Office のサブスクリプションに付属しているプロダクト キーを使っていない場合は、以前のバージョンの Office をインストールすることはできません。

以前のバージョンの Office と最新版を共存させる場合、「異なるバージョンの Office を同じ PC にインストールして使う」で、共存が可能なバージョンの一覧をご確認いただけます。たとえば、サードパーティ アドインをインストールして以前のバージョンの Office で使用しているとき、アドインと最新版の Office の間に互換性があるかどうかがわからない場合は、共存インストールが正しい選択となることがあります。

アンインストールするバージョンの Office を選択します

手順 4 – Office ライセンスをユーザーに割り当てる

これをしなかった場合は、一般法人向け Office 365 のユーザーにライセンスを割り当てるを参照してください Office をインストールする必要がある、組織内のユーザーにライセンスを割り当てます。

手順 5 - Office をインストールする

アップグレードするユーザー全員にライセンスが当たられていることを確認したら、最後の手順はユーザーに Office をインストールしてもらうことです。「Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」を参照してください。

ヒント: Office のインストール、ユーザーを行わない場合、 Office 365 で管理するユーザーのソフトウェアを参照してください。Office 展開ツールを使用すると、ローカル ネットワークに Office ソフトウェアをダウンロードして、通常を使用する、ソフトウェアの配置方法を使用して Office を展開することができます。

ご意見を寄せてください。

フィードバックは値です。お知らせかどうかこの記事役に立つして検索へのご協力以下のコメントを終了します。できなかった場合は、詳細についてを実行しようとしているし、その情報を使用して、さらに、問題の調査に協力お聞かせください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×