管理者ロールと検索タスクの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、管理者、サイトの所有者、およびエンド ユーザーが、Microsoft Office SharePoint Server 2007 で行う検索関連のタスクについて説明します。検索の手順および検索を構成する手順のヘルプについては、[参照] セクションのリンクをクリックしてください。

この記事の内容

Office SharePoint Server 2007 での検索の役割

検索と共有サービス レベルの管理者

Search 関数とサイト コレクションの管理者

検索およびサイトの所有者

Search 関数とユーザーの検索

Office SharePoint Server 2007 の検索ロール

検索範囲を選択してクエリを実行すると、使用可能な場所のインデックスが検索エンジンによって参照され、一致する結果が検索結果ページに返されます。検索結果ページでは、推奨される結果とおすすめコンテンツのサイトが最上位に配置され、並べ替えられた主要な検索結果がその下に、フェデレーション場所からの外部検索結果が片側に、それぞれ整理されて表示されます。

組織内で検索に寄与するメンバーが協力すると、検索結果を大幅に改善できます。さまざまなロールを持つメンバーが、検索をより生産的にするためのステップに参加できます。Office SharePoint Server 2007 の主なロールを次に説明します。

  • 共有サービス レベルの管理者は、検索インデックスを作成し、管理プロパティを構成し、共有の検索範囲を定義します。共有サービス レベルの主要な管理者は、共有サービスのサイト コレクションの管理者であり、別のサイト コレクションの管理者に対してアクセス許可を設定し、共有サービス レベルで特定の設定を変更できるよう共有サービスのサイト コレクションへのアクセスを許可することもできます。

  • サイト コレクションの管理者は、検索範囲、キーワード、およびおすすめコンテンツを管理下のサイトに定義します。

  • Web サイトの所有者は、[検索] ボックスのインスタンスと検索センター サイトを構成し、共有ライブラリとリストを管理します。

  • コンテンツの作成者は、コンテンツのタイトル、ファイル名、およびプロパティ値を決定します。

  • 検索ユーザーは、情報を見つけるためにクエリを実行します。

以下のセクションでは、検索結果を調整し、強化するためにこれらのロールによって実行される検索関連のタスクについて説明します。

ページの先頭へ

検索と共有サービス レベルの管理者

共有サービス レベルの管理者は、すべてのサイト コレクションに影響する検索機能を定義し、構成する大きな権限を持ちます。共有サービス レベルの管理者ロールの重要な要素を次に説明します。

注: 既定で、共有サービス レベルの管理者は、検索センターを含む既定のサイト コレクションを管理してサイトの所有者として行動するために必要なアクセス許可も持ちます。

  • コンテンツ ソース    共有サービス レベルの管理者は、インデックスを作成して検索を実行できるようにする場所とコンテンツの種類を定義します。

  • インデックス処理    ユーザーがクエリを実行すると、検索エンジンでは使用可能なコンテンツのインデックスが参照され、検索結果が取得されます。このインデックスは、クローラと呼ばれる自動化されたエージェントによって定期的に更新されます。共有サービス レベルの管理者は、クローラによるインデックス更新のスケジュールを設定し、クローラのスキャン対象とするサイトとストアを定義します。

  • 管理プロパティ    サイト コレクションまたはデータ ストアにあるコンテンツに割り当てられたプロパティは、インデックスの作成時に保存されます。共有サービス レベルの管理者は、特定のコンテンツ プロパティを管理プロパティに対応付けることができます。これらのプロパティは、ユーザーが [高度な検索] ボックスのプロパティの一覧から選択したり、[検索] ボックスに手動で入力することができます。

  • 共有範囲     共有サービス プロバイダ レベルでは、管理者は、既定の共有範囲を変更したり、サイト コレクションで使用する新しい共有範囲を追加することができます。これにより、サイト コレクションの管理者は、それぞれのサイト コレクションで使用する共有範囲を選択することができます。サイト コレクションの管理者は、既存の共有範囲を使用することも、そのコピーを作成して必要に応じて変更しカスタムの範囲を作成することもできます。

  • 権限のあるページ    共有サービス レベルの管理者は、チームのポータルなどの特定の重要な Web ページを権限のあるページとして指定できます。権限のあるページとして指定されると、そのページから検索されるコンテンツのランク付けが高くなり、コンテンツは検索結果により上位に表示されます。

  • フェデレーション場所のプレフィックス文字列     共有サービス レベルの管理者は、特別な単語または句で始まるクエリをフェデレーション場所に転送し、このようなクエリが特定の種類のコンテンツを返すように事前に構成することができます。たとえば、特定の郵便番号についての "天気" という単語のクエリを気象サービスに転送し、その郵便番号に該当する地域の天気予報を返すように要求することができます。

ページの先頭へ

検索とサイト コレクションの管理者

サイト コレクションの管理者は、新しい Web サイトの作成、サイトの所有者の割り当て、検索範囲の追加、表示グループ内の検索範囲の整列、キーワードの定義、おすすめコンテンツ サイトの指定、および [検索センター] サイトのカスタマイズを行うことができます。サイト コレクションの管理者ロールの重要な要素を次に説明します。

注: Office SharePoint Server 2007 では、共有サービス レベルの管理者は、サイト コ レクションの管理者を兼ねることができます。

  • サイトの作成     サイト コレクションの管理者は、新しいサイトを作成してこのサイトを編集するアクセス許可をサイトの所有者に与え、Web ページ作成用の標準テンプレート、追加できる Web パーツのギャラリー、および既定の Web スタイルシートを用意します。

  • 範囲の表示グループ     範囲によって、検索の対象となる場所が絞り込まれたり、特定のプロパティ値を持つコンテンツに検索が限定されます。サイト コレクションの管理者は、新しい表示グループを作成し、それらのグループを使用して範囲を整理することができます。これにより、ページ上の検索ボックス Web パーツのインスタンスを編集するサイトの所有者は、範囲のリストに他の選択肢を取得できます。

  • カスタムの範囲     サイト コレクションの管理者は、サイト コレクションで使用するために既定の共有範囲を変更したり、新しい範囲を追加することができます。サイトの所有者が新しい範囲を Web ページに表示するには、カスタムの範囲を追加するように要求してから、そのカスタムの範囲を含む表示グループを使用してページ上の範囲のリストにアイテムを取得します。

  • おすすめコンテンツのキーワード     サイト コレクション内で定義されるキーワードには、定義、類義語リスト、および関連コンテンツがあるおすすめコンテンツ サイトへのリンクを格納できます。キーワードまたはその類義語の 1 つを検索すると、キーワードの定義とおすすめコンテンツ サイトへのリンクが、検索結果の最上位に表示されます。

    検索によく使われる用語は便利なキーワードとなります。組織内で頻繁に利用されるサイト、プロセス、およびツールのリストを参照してキーワードを定義することをお勧めします。

ページの先頭へ

検索とサイトの所有者

サイトの所有者は、ローカル サイトとそこにあるコンテンツを管理します。[検索] ボックスのインスタンスとその範囲リストを構成し、プロパティをコンテンツに割り当てる共有ライブラリと共有リストを管理します。サイトの所有者ロールの主な要素を次に説明します。

注: サイト コレクションの管理者は、既定の検索センター サイトの所有者を兼ねることができます。

  • コンテンツの作成     サイトの所有者は、サイトのコンテンツを要求し、整理し、管理します。標準テンプレートと Web パーツを使用して Web ページを作成してから、コンテンツ ライブラリとリストを追加し、これらに設定するコンテンツを要求できます。

  • コンテンツの命名     Web サイトの所有者とコンテンツの所有者は、協議してドキュメントのタイトル、ファイル名、およびフォルダ構造に明確で一貫した名前を付ける必要があります。コンテンツに割り当てる名前とプロパティは、情報を見つけやすくするために基本となるものです。

  • コンテンツ プロパティ    サイトの所有者は、アイテムが追加されるときにそのアイテムにプロパティを割り当てるために、列をリストおよびライブラリに追加できます。アイテムをプロパティの種類で検索できるため、これはリスト内のアイテムを見つけるのに役立ちます。たとえば、データ入力時に必要となる顧客番号を表すカスタムの列をリストに追加できます。その結果、この列の顧客番号はリストのプロパティとなるため、リスト内にアイテムを検索するときに使用できます。リストにカスタムの列の種類がある場合、これらはリスト内の各アイテムの新しいプロパティになります。

    ヒント: ドキュメント ライブラリにドキュメントの種類を定義し、コンテンツの所有者がドキュメントをチェックインするときにプロパティ値を割り当てるように要求することができます。

  • 管理プロパティ    コンテンツ プロパティとその値は、サイト コレクションのインデックスが作成されるたびに保存されます。サイト コレクションの管理者は、特定のコンテンツ プロパティを管理プロパティに対応付けて、検索に利用できるようにします。これらのプロパティは、ユーザーが検索センターの [高度な検索] ページのプロパティ リストから選択したり、[検索] ボックスに手動で入力できます。

    サイトの所有者は、管理プロパティに対応付ける必要があるコンテンツ プロパティについてサイト コレクションの管理者に助言できる立場にあります。たとえば、ライブラリまたはリストではアイテムの作成者を "作者" というプロパティ名で識別できるのに対し、データ ストアでは "ユーザー" というプロパティ名が使用されていることがあります。名前は異なっていても目的が似ているプロパティを共通の管理プロパティに割り当てて、ユーザーがそのプロパティで検索できるようにすることが重要です。

  • サイトの整理    サイトの所有者は、テンプレートと Web パーツ ギャラリーを使用してページを組み立て、それらの機能を編集し、作業中の SharePoint サイトに配置します。サイトの配置は、コンテンツのランク付けに影響することがあります。サイト コレクションの管理者は、組織のポータルなどの重要なページを権限のあるコンテンツ ソースとして指定できます。これにより、このソースからのコンテンツとそれに近いページは、より高い位置で検索結果に表示されます。

ページの先頭へ

検索と検索ユーザー

SharePoint 管理者とサイトの所有者によって設定された検索センター サイトを利用して情報を検索するには、次の手順を実行します。

  • 必要なコンテンツが見つかる可能性が最も高いと思われるソースが検索対象となっている範囲を選択します。[すべてのサイト] などの広い範囲で検索を行うと返される結果が多すぎる場合は、有益なコンテンツがより多く含まれるソースに焦点を合わせた、より狭い範囲を選択します。

  • [検索語句の候補] 機能によって検索結果ページに提示される代替のクエリを試します。

  • 目的の結果に近い作成者またはその他のアイテムのプロパティに基づいて検索することで、コンテンツ プロパティを使用して検索の対象を絞り込みます。プロパティ検索を使用して、信用できる作成者または信頼できる発行元からのコンテンツを識別します。プロパティ値が一致するかどうかで、特定のトピックに関する結果または特定のテクノロジまたは言語を使用する結果を見つけることができます。

  • おすすめコンテンツ サイトが検索結果に追加されると、詳細な情報を入手できるリンクが提示されることがあります。たとえば、用語 "給与" がクエリに含まれている場合、組織の経理サイトへのリンクが表示される可能性があります。このリンクをクリックして、経理の Web サイトを開くことができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×