管理者になって、組織の Office 365 を購入する

Microsoft では、IT 部門による正式な展開を待つことなく、簡単に組織内のユーザーがサインアップして生産性ツールやサービスを使えるようにしています。

組織はユーザーにこれらのサービスを "現状のままで" 引き続き使用できるようにすることができます。しかし、これらのサービスの一部としてユーザーが Skype 会議 にサインアップした場合、Skype for Business と Office アプリケーション、ファイルのストレージと共有などを使って、会議ソリューションをアップグレードしてより完全なものにするために、管理者を割り当てることができます。

管理者になって、組織の Office 365 を購入する理由

従業員が自分の職場のアカウントを使用して Skype 会議 にサインアップした場合、自分でサービスを管理することはできません。また、これらのユーザーが得られるのは、最も基本的な機能だけです。会議の数に制限はありませんが、参加者は 10 人以内に制限されます (60 日後には、参加者の最大数は 3 人になります)。

サービスの管理者を定めて組織内のユーザー向けに Office 365 を購入すると、より高度な機能が使用できるようになります。また、サービスを管理する機能が得られるため、ポリシーを適用して、新しいユーザーを追加できます。

さらに、24 時間 365 日の電話によるサポートも得られます。

管理者になる方法

管理者になるには、最初にユーザーがサインアップしている独自のドメイン (contoso.com など) を所有していることを証明します。次に、既に Skype 会議 を使用している社内のすべてのユーザーを Office 365 にアップグレードします。これらの手順を案内するウィザードがあります。

注: 管理者になって、Office 365 にアップグレードすることは、同じプロセスの一環です。最初に管理者にならないと、アップグレードすることはできません。また、Office 365 にアップグレードしないと、管理者としてサービスを管理することはできません。

ドメインを所有していることを証明することを要求する理由その理由は、同じドメインのメール アドレス (rob@contoso.comsara@contoso.com など) を使ってサインアップしているすべてのユーザーが、ドメイン名でグループ化されるからです。同じ組織のユーザーが共同作業できるように、各ユーザーがどのグループに属するかを、ユーザーのメール アドレスのドメイン部分 ('contoso.com' など) によって判断しています。これらのユーザーは同じグループに属しているため、互いに共同作業を行えます。

グループの管理者になるには、組織内のすべてのユーザーがグループ化されるドメインを所有していることを証明します。(ドメインが管理されている場所にサインインして) ドメインの所有権を証明する権限がある場合は、そのドメインを使用しているユーザーのために Office 365 サービスを管理することができます。

管理者になると、必要に応じて、新しいユーザーを追加したり、ポリシーを適用することもできます。

手順の概要

管理者になって Office 365 を購入することに関連して、フェーズの概要を表すビュー。

ウィザードでプロセスを案内しますが、各手順の概要を以下に示します。

ピンクの丸の番号 1

サインアップする    管理者になるには、職場のメールアドレスを使用して、事前に Skype 会議 にサインアップしておく必要があります。

ピンクの丸の番号 2

ウィザードを実行する    サインアップしたら、次のいずれかの方法で、ウィザードを実行します。

  • アプリ起動ツールで [管理者] タイル Office 365 アプリ起動ツール アイコン をクリックした後に表示される、[管理者になる] ウィザードを実行します。

または

  • Skype 会議 で [Office 365 へのアップグレード] オプションをクリックして、アップグレードする Office 365 サブスクリプションを選びます。

ピンクの丸の番号 3

ドメインの所有権を確認する    次に、組織のメール アドレスに関連付けられているドメイン名 (contoso.com など) を自分が所有または管理していることを Office 365 に証明します。これを行う権限を持っているのは、ドメイン名の所有者だけです。

ピンクの丸の番号 4

ライセンスを購入する    ウィザードの最後の手順で、仕事用のメールを使用して Skype 会議 にサインアップしている組織内の各ユーザーに、Office 365 ライセンスを購入します。

たとえば、2 人のユーザーが仕事用のメールを使用して Skype 会議 にサインアップしている場合は、各ユーザーに 1 つずつ、2 つのライセンスを購入する必要があります。

注: ライセンスを購入するまで、Office 365 を管理することはできません。

Office 365 サブスクリプション

ドメインの証明をして、ライセンスを購入すると、組織が Office 365 にアップグレードされます。これにより、個人設定も個々のユーザーが使用していた Skype 会議サブスクリプションから (有料サブスクリプションに) 転送されます。

組織がアップグレードされる Office 365 サブスクリプションは、どのウィザードを使用したかによって異なります。

ウィザードを起動した方法

サブスクリプションのオプション

アプリ起動ツールの [管理者] タイルを使用した場合

Office 365 Business Essentials

Skype 会議 で [Office 365 へのアップグレード] を選択した場合

Office 365 Business Essentials または Office 365 Business Premium

次の作業

これで、Office 365 の管理者になり、次の操作が行えます。

タスク   

詳細   

ライセンスの追加または削除

まだ Office 365 を使用していないユーザーのライセンスを追加したり、組織の Office 365 サブスクリプションを使わせたくないユーザーからライセンスを削除することができます。「ライセンスを管理する」を参照してください。

既にサインアップしている他のユーザーに連絡する

他のユーザーに連絡して、自分がそのユーザーの Office 365 を管理していること、およびアップグレードされていることを知らせます。こちらの手順に従ってアクティブ ユーザーとそのメールアドレスの一覧を表示します。

Office 365 を使い始める

Office 365 ラーニング センター にアクセスして、サインイン、メールのチェック、ドキュメントの共有などの方法を確認してください。管理者とユーザーは、このサイトを使用して Office 365 を使い始めることができます。

Office 365 サブスクリプションを管理する

一般法人向け Office 365 - 管理者向けヘルプ」を参照し、ユーザーの追加や削除、パスワードのリセット、モバイル デバイスのセットアップといった、一般的な管理タスクについて確認してください。

さらにサポートが必要な場合

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×