管理センターでの Office 365 レポート - Yammer アクティビティ レポート

Office 365 管理者には、新しい [レポート] ダッシュボードに組織内の Office 365 製品の使用に関するデータが表示されます。「Office 365 管理センター プレビューでのアクティビティ レポート」をご確認ください。Yammer アクティビティ レポートでは、Yammer を使用してメッセージの投稿、「いいね!」の評価、または閲覧を行った一意のユーザー数や、組織全体で生成されたアクティビティの量を確認することで、Yammer に対する組織の関与レベルを把握することができます。

注: Office 365 レポートを表示するには、Office 365 のグローバル管理者、または Exchange、SharePoint、Skype for Business の管理者、またはレポート閲覧者である必要があります。

Yammer のアクティビティ レポートにアクセスする方法

  1. Office 365 管理センターで [レポート]、[利用状況] の順に移動します。

  2. [レポート] ダッシュボードの [Yammer アクティビティ] ウィジェットを選択します。

    Office 365 レポート ダッシュ ボードの Yammer アクティビティ レポート ウィジェットのスクリーンショット

    または [レポートの選択] ドロップ ダウンから [Yammer アクティビティ] を選択します。

    Office 365 レポート ダッシュボードの [レポートを選択] メニューのスクリーンショット

Yammer のアクティビティ レポートの内容を理解する

[アクティビティ] と [ユーザー] のグラフを見ると、ユーザーの Yammer のアクティビティを把握することができます。

アクティビティのグラフとそのアクティビティのユーザーの詳細の表を示す Yammer アクティビティ レポートのスクリーンショット

アクティビティ レポートには、次の情報が含まれます。

  • 日付のタブを使用して、[Yammer アクティビティ] レポートで過去 7 日間、30 日間、90 日間、または 180 日間の傾向を表示します。

  • 各レポートには、このレポートが生成された日付が表示されます。通常、レポートはアクティビティの時刻から 24 ~ 48 時間の遅延を反映します。

  • [アクティビティ] グラフを表示すると、組織で発生している Yammer アクティビティの量の傾向がわかります。投稿、閲覧、または「いいね!」と評価されたメッセージを分離して把握できます。

    Office 365 Yammer アクティビティ レポートのアクティビティ ビューのスクリーンショット
    • [アクティビティ] グラフの Y 軸は、メッセージを投稿、閲覧、「いいね!」したアクティビティの数です。

  • [ユーザー] グラフを表示すると、Yammer アクティビティを生成している一意のユーザー数の傾向を把握できます。ユーザーによる Yammer メッセージの投稿、閲覧、または「いいね!」の傾向を確認できます。

    Office 365 Yammer アクティビティ レポートのユーザー ビューのスクリーンショット
    • [ユーザー] アクティビティ グラフの Y 軸は、Yammer メッセージを投稿、閲覧、「いいね!」したユーザーの数です。

    • どちらのグラフも、X 軸はこの特定のレポートで選択した日付範囲です。

  • 凡例の項目をクリックして、グラフに表示する系列をフィルター処理できます。たとえば、[アクティビティ] グラフで [投稿済み]、[既読]、または [「いいね!」を設定済み] をクリックまたはタップすると、それぞれに関連した情報のみが表示されます。

    Yammer アクティビティ レポートの [投稿済み]、[既読]、および [「いいね!」を設定済み] オプションのスクリーン ショット

    この選択を変更しても、グリッド テーブルの情報は変更されません。

  • グラフの下の表には、Yammer アクティビティの内訳がユーザー レベルごとに表示されます。

    メニューを使用してデータのフィルタリングや並べ替えを行うことができます。

    Yammer レポートのメニュー オプションのスクリーンショット

    列を追加および削除することもできます。使用可能な列は次のとおりです。

    • [ユーザー名   ] はユーザーのメール アドレスです。実際のメール アドレスを表示することも、このフィールドを匿名にすることもできます。

      このグリッドには、Office 365 アカウントを使用して Yammer にログインしたユーザー、またはシングル サインオンを使用してネットワークにログインしたユーザーが表示されます。

    • [表示名   ] はユーザーの氏名です。実際のメール アドレスを表示することも、このフィールドを匿名にすることもできます。

    • [ユーザー状態   ] は次の 3 つの値のいずれかです。アクティブ、削除済み、または中断です。

      このレポートには、アクティブ、中断、および削除済みのユーザーのデータが表示されます。保留中のユーザーは反映されません。このようなユーザーはメッセージの投稿、閲覧、または「いいね!」ができないためです。

    • 状態の変更日 (UTC)    は、ユーザーの状態が Yammer で変更された日付です。

    • [最後のアクティビティの日付 (UTC)   ] は、ユーザーがメッセージを最後に投稿、閲覧、または「いいね!」した日付を示します。

    • [投稿済み   ] は、指定した期間にユーザーが投稿した一意のメッセージの数です。

    • [既読   ] は、指定した期間にユーザーが閲覧した一意のメッセージの数です。

    • [「いいね!」を設定済み   ] は、指定した期間にユーザーが「いいね!」を設定した一意のメッセージの数です。

    • [割り当てられている製品] は、このユーザーに割り当てられている Office 365 製品です。

    組織のポリシーにより、ユーザー情報を特定できるレポートを表示できない場合は、これらすべてのレポートのプライバシー設定を変更できます。「Office 365 管理センターのアクティビティ レポート」の「ユーザー レベルの詳細を非表示にする方法」セクションを参照してください。

  • また、[エクスポート] Office 365 レポート - Excel ファイルにデータをエクスポートする リンクをクリックまたはタップして、レポートデータを Excel の .csv ファイルにエクスポートすることもできます。これにより、すべてのユーザーのデータがエクスポートされ、単純な並べ替えとフィルター処理を行ってさらに分析することができます。ユーザー数が 2000 未満である場合は、レポート自体のテーブル内で並べ替えとフィルター処理を行うことができます。ユーザー数が 2000 を超える場合は、フィルター処理と並べ替えを行うために、データをエクスポートする必要があります。

このレポートにはどのようなデータがありますか?

  • すべてのクライアント    このレポートは、ブラウザーまたは iOS/Android アプリでの Yammer の使用も含めたすべてのクライアントのデータを集計します。

  • 外部ネットワークのデータを含まない    外部ネットワークのデータは、このレポートには含まれません。

  • アクティブなネットワーク    このレポートは、Office 365 サブスクリプションでアクティブ化されている Yammer ネットワークのデータを表示します。このグラフは、ログインに Office 365 を使用したか Yammer を使用したかに関係なく、アクティブなネットワークにログインしているすべてのユーザーの使用状況を集計します。詳細については、「Yammer と Office 365 との統合」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×