管理センターでの Office 365 レポート - OneDrive for Business のアクティビティ

新しい Office 365 のレポート ダッシュボードには、組織内の Office 365 製品にわたるアクティビティの概要が表示されます。これにより、個別の製品レベルのレポートを詳細に確認して、各製品内のアクティビティについてより詳しく知ることができます。レポートの概要トピックを参照してください。

たとえば、OneDrive でのファイルの操作を調べることで、OneDrive を使用するライセンスを持つすべてのユーザーのアクティビティを把握できます。また、共有されているファイルの数を調べると、行われているコラボレーションのレベルを把握できます。

注: 一部の機能は徐々に導入されます。つまり、この機能はまだ表示されない場合があります。または、このヘルプ記事で説明されている機能とは異なって見える場合があります。ただし、ご心配はいりません。まもなくご利用になれます。

各 OneDrive アカウントに対するアクティビティの量と記憶域の使用率を把握する場合は、OneDrive 利用状況レポートを使用できます。

注: Office 365 レポートを表示するには、Office 365 のグローバル管理者、または Exchange、SharePoint、Skype for Business の管理者、またはレポート閲覧者である必要があります。

OneDrive アクティビティ レポートの作成方法

  1. Office 365 管理センターで、左のメニューから [レポート]、[利用状況] の順に選ぶか、[レポート] ウィジェットをクリックします。

    新しい Office 365 アクティビティ レポートを確認する
  2. 左上の [レポートの選択] ドロップダウン リストを使用して、[OneDrive アクティビティ] を選びます。

    レポートを選択する

OneDrive for Business アクティビティ レポートの解釈

OneDrive for Business のアクティビティは、[ファイル] ビューと [ユーザー] ビューを見るとわかります。

OneDrive アクティビティ レポート

1

OneDrive for Business アクティビティ レポートでは、過去 7 日間、30 日間、90 日間、または 180 日間の傾向を確認できます。

2

各レポートには、このレポートが生成された日付が表示されます。通常、レポートはアクティビティの時刻から 24 から 48 時間の遅延を反映します。

注: データの収集や処理で予期しない遅延が発生し、レポートの生成が遅れる場合があります。表示されるレポートの日付は常に、システムがレポート データを処理したときの現在の日付を反映します。Microsoft では、これらの遅延をアクティビティの時刻から 24 から 48 時間以内に抑えるように努めています。

3

[ファイル] ビューを見ると、OneDrive アカウントでファイル操作を実行したライセンス ユーザーの数がわかります。

4

[ユーザー] ビューを見ると、アクティブな OneDrive ユーザーの数の傾向がわかります。アクティブなユーザーとは、特定の期間内にファイル アクティビティ (保存、同期、変更、共有) を実行したユーザーです。

注: ファイル アクティビティは 1 つのファイルで複数回発生することがありますが、1 つのアクティブなファイルとしてカウントされます。たとえば、一定の期間に複数回、同じファイルを保存して同期することができますが、データには単独のアクティブなファイルと、単独の同期されたファイルとしてカウントされます。

5

  • [ファイル] グラフの Y 軸は、ユーザーが保存、同期、変更、または共有した個別のファイルの数です。

  • [ユーザー] グラフの Y 軸は、OneDrive アカウントでファイルの操作 (保存、同期、変更、共有) を実行した個別のユーザーの数です。

  • すべてのグラフで、X 軸はこの特定のレポートに対して選択した日付範囲です。

6

凡例の項目をクリックして、グラフに表示する系列をフィルター処理できます。たとえば、[ファイル] グラフで [アクティブ] または [同期済み] OneDrive for Business アクティビティ レポートのグラフの凡例 をクリックまたはタップすると、それぞれに関連した情報のみが表示されます。この選択を変更しても、グリッド テーブルの情報は変更されません。

7

テーブルには、ユーザー レベルでのデータの内訳が表示されます。テーブルに列を追加または削除できます。

OneDrive for Business アクティビティ レポートの列
  • [ユーザー名] は、OneDrive アカウントの所有者のユーザー名です。

  • [最後のアクティビティの日付 (UTC)] は、選択した期間内で、ファイル アクティビティが OneDrive アカウントで最後に実行された日付です。特定の日付に発生したアクティビティを表示するには、直接グラフ内の日付を選択します。

    グラフ内の特定の日付を選択する

    これにより、テーブルにフィルターが適用され、特定の日付にアクティビティを実行したユーザーのみのファイル アクティビティ データが表示されます。

  • [表示または編集されたファイル] は、ユーザーがアップロード、ダウンロード、変更、または表示したファイルの数です。

  • [同期されたファイル] は、ユーザーのローカル デバイスから OneDrive アカウントに同期されたファイルの数です。

  • [内部共有ファイル] は、組織内のユーザー間で共有されているファイルの数です。

  • [外部共有ファイル] は、組織外のユーザーとの間で共有されているファイルの数です。

  • [削除済み] は、ユーザーのライセンスが削除されたことを示します。

    注: 削除されたユーザーのアクティビティは、選択した期間中の任意の時点でそのユーザーがライセンスされた場合に限り、引き続きレポートに表示されます。 [削除済み] 列は、アクティブではない状態になったユーザーが引き続きレポート内のデータに影響している可能性に注意するのに役立ちます。

  • [削除済みの日付] は、ユーザーのライセンスが削除された日付です。

  • [割り当て製品] は、ユーザーにライセンスされている Office 365 製品です。

組織のポリシーにより、ユーザー情報を特定できるレポートを表示できない場合は、これらすべてのレポートのプライバシー設定を変更できます。「Office 365 管理センターのアクティビティ レポート」の「How do I hide user level details? (ユーザー レベルの詳細を非表示にする方法)」セクションを参照してください。

8

レポートに列を追加またはレポートから列を削除するには、[列の管理] 列の管理 アイコンをクリックまたはタップします。

9

また、[エクスポート] [エクスポート] ボタン リンクをクリックまたはタップして、レポートデータを Excel の .csv ファイルにエクスポートすることもできます。これにより、すべてのユーザーのデータがエクスポートされ、単純な並べ替えとフィルター処理を行ってさらに分析することができます。ユーザー数が 2000 未満である場合は、レポート自体のテーブル内で並べ替えとフィルター処理を行うことができます。ユーザー数が 2000 を超える場合は、フィルター処理と並べ替えを行うために、データをエクスポートする必要があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×