管理センターでの Office 365 レポート - Microsoft Office のライセンス認証

新しい Office 365 の [レポート] ダッシュボードには、組織内での Office 365 製品全体に関するアクティビティの概要が表示されます。これにより、個別の製品レベルのレポートを詳細に確認して、各製品内のアクティビティについてより詳しく知ることができます。レポートの概要トピックを参照してください。

[Office ライセンス認証] レポートでは、Office サブスクリプションのライセンス認証を行ったユーザーを少なくとも 1 台のデバイスで確認できます。Office 365 ProPlus、Project for、Visio Pro for Office 365 サブスクリプションのライセンス認証の内訳だけではなく、デスクトップとデバイス全体のライセンス認証の内訳も表示されます。このレポートは、Office サブスクリプションのライセンス認証について、追加のヘルプやサポートが必要なユーザーを特定するときにも役立ちます。

注: Office 365 レポートを表示するには、Office 365 のグローバル管理者、または Exchange、SharePoint、Skype for Business の管理者、またはレポート閲覧者である必要があります。

Office ライセンス認証レポートにアクセスする方法

  1. Office 365 管理センターの [レポート] に移動します。

  2. [レポート] ダッシュボードで [ライセンス認証] ウィジェットをクリックするか、ドロップダウンから選びます。

    スクリーンショット: [メールボックスの使用状況] をクリックしてメールボックスの使用状況レポートを取得する

Office ライセンス認証レポートを解釈する

組織の Office のライセンス認証状況を確認するには、[ライセンス認証] と [ユーザー] に注目します。

Office 365 レポート - デスクトップとデバイスの Microsoft Office ライセンス認証数

1

Office のライセンス認証状況のレポートには、Office ライセンス認証データの現在の状態が表示されます [グラフ右上に表示されたレポートの日付以降]。

2

各レポートには、このレポートが生成された日付が表示されます。通常、レポートはアクティビティの時刻から 24 から 48 時間の遅延を反映します。

3

[ライセンス認証] グラフには、デスクトップとデバイスの Office ライセンスの認証数が表示されます。

4

[ユーザー] グラフには、有効なユーザー数と、デスクトップまたはデバイスで Office サブスクリプションのライセンス認証を行ったユーザー数が表示されます。

5

  • [ライセンス認証] グラフの Y 軸は、Office ライセンス認証数です。

  • [ユーザー] グラフの Y 軸は、ユーザーが Office のライセンス認証を行った操作です。

  • どちらのグラフも、X 軸はこの特定のレポートで選択した日付範囲です。

6

凡例の項目をクリックして、表示するグラフをフィルター処理できます。たとえば、[ライセンス認証] グラフでは、[Windows OS]、[Mac OS]、[Windows 10 Mobile]、[iOS]、または [Android] Office 365 レポート - PC、Mac、Windows、iOS、Android デバイスのライセンス認証データを表示する をクリックまたはタップすると、それぞれに関する情報のみが表示されます。この選択を変更しても、グリッド テーブルの情報は変更されません。

7

表には、ユーザー レベルの Office ライセンス認証の内訳が表示されます。これは、Office 製品が割り当てられたすべてのユーザーの一覧です。表には列を追加することができます。

Office 365 レポート - Office ライセンス認証の利用できる列
  • [ユーザー名] はユーザーのメール アドレスです。

  • [表示名] はユーザーの氏名です。

  • [製品ライセンス] は、このユーザーに割り当てられている Office 365 製品です。

  • [最終ライセンス認証日] は、ユーザーがデスクトップまたはデバイスで Office のライセンス認証を行った日付です。

  • [デスクトップのライセンス認証] は、ユーザーが Office のライセンス認証を行ったデスクトップ数です。

  • [デバイスのライセンス認証] は、ユーザーが Office のライセンス認証を行ったデバイス数です。

組織のポリシーにより、ユーザー情報を特定できるレポートを表示できない場合は、すべてのレポートのプライバシー設定を変更できます。「Office 365 管理センターでのアクティビティ レポート」の「レポートでユーザーの詳細を非表示にする」セクションをご確認ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×