管理センターでの Office 365 レポート - メール アプリの利用状況

新しい Office 365 の [レポート] ダッシュボードには、組織内での Office 365 製品全体に関するアクティビティの概要が表示されます。これにより、個別の製品レベルのレポートを詳細に確認して、各製品内のアクティビティについてより詳しく知ることができます。レポートの概要に関するトピックを参照してください。Office 365 メール アプリ利用状況レポートでは、Exchange Online に接続しているメール アプリの数を見ることができます。ユーザーが使用している Outlook アプリのバージョン情報を見ることもできます。それにより、サポートされていないバージョンを使用しているユーザーを、サポートされているバージョンの Outlook をインストールするようにフォローアップできます。

注: Office 365 レポートを表示するには、Office 365 のグローバル管理者、または Exchange、SharePoint、Skype for Business の管理者、またはレポート閲覧者である必要があります。

Office 365 メール アプリ レポートを作成する方法

  1. Office 365 管理センターで [レポート]、[利用状況] の順に移動します。

  2. [レポートの選択] ドロップダウンから、[メール アプリの使用状況] を選択します。

    Office 365 レポートの [使用されたメール クライアント] ドロップダウン

Office 365 メール アプリ レポートを解釈する

[ユーザー] および [クライアント] グラフを見ることで、Office 365 のメール アプリ アクティビティを確認できます。

スクリーンショット:Office 365 レポート - [使用されたメール クライアント]

1

[使用された Office 365 メール アプリ] レポートでは、過去 7 日間、30 日間、90 日間、または 180 日間の傾向を確認できます。

2

各レポートには、このレポートが生成された日付が表示されます。通常、レポートはアクティビティの時刻から 24 から 48 時間の遅延を反映します。

3

[ユーザー] ビューでは、何らかのメール アプリを使用して Exchange Online に接続した個別ユーザーの数が示されます。

4

[クライアント] ビューでは、レポート期間中に特定のクライアントを使用して Exchange サービスに接続したユーザーの数が示されます。

5

  • [ユーザー] グラフの Y 軸は、レポート期間の特定の日にあるアプリに接続した一意のユーザーの合計数です。

  • [ユーザー] グラフの X 軸は、そのレポート期間にそのアプリを使用した一意のユーザーの数です。

  • [クライアント] グラフの Y 軸は、レポート期間に特定のアプリを使用した一意のユーザーの合計数です。

  • [クライアント] グラフの X 軸は、組織内のアプリの一覧です。

  • [バージョン] グラフの Y 軸は、特定のバージョンの Outlook デスクトップを使用している個別ユーザーの総数です。レポートが Outlook のバージョン番号を特定できない場合は、数量は未確定として表示されます。

  • [バージョン] グラフの Y 軸は、組織内のアプリの一覧です。

6

凡例の項目をクリックして、グラフに表示する系列をフィルター処理できます。たとえば、[ユーザー] グラフで [Mac メール] または [Outlook] スクリーンショット:メール クライアントの一覧。メール クライアントをクリックすると、そのクライアントのレポート データがさらに取得されます。 をクリックまたはタップすると、それぞれに関連した情報のみが表示されます。この選択を変更しても、グリッド テーブルの情報は変更されません。組織で使用されるメール アプリの例としては、Mac メール、Outlook for Mac、Outlook モバイル、Outlook デスクトップ、Outlook on the web などがあります。

7

注: 次の一覧のすべての項目は、追加するまで列に表示されないことがあります。

  • [ユーザー名] は、メール アプリの所有者の名前です。

  • [最後のアクティビティの日付] は、アプリが Exchange Online に接続した最後の日付です。

  • 組織で使用されるメール アプリの例としては、[Mac メール]、[Mac Outlook]、[Outlook]、[Outlook モバイル]、[Outlook on the web] などがあります。

組織のポリシーにより、ユーザー情報を特定できるレポートを表示できない場合は、これらすべてのレポートのプライバシー設定を変更できます。「Activity Reports in the Office 365 Admin Center Preview (Office 365 管理センター プレビューでのアクティビティ レポート)」の「How do I hide user level details? (ユーザー レベルの詳細を非表示にする方法)」セクションを参照してください。

8

レポートに列を追加またはレポートから列を削除するには、[列の管理] をクリックまたはタップします。

スクリーンショット: Office 365 メール アプリ利用状況レポート - 列の選択

9

また、[エクスポート] Office 365 レポート - Excel ファイルにデータをエクスポートする リンクをクリックまたはタップして、レポートデータを Excel の .csv ファイルにエクスポートすることもできます。これにより、すべてのユーザーのデータがエクスポートされ、単純な並べ替えとフィルター処理を行ってさらに分析することができます。ユーザー数が 2000 未満である場合は、レポート自体のテーブル内で並べ替えとフィルター処理を行うことができます。ユーザー数が 2000 を超える場合は、フィルター処理と並べ替えを行うために、データをエクスポートする必要があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×