管理センターでの Office 365 レポート - メール アクティビティ

新しい Office 365 のレポート ダッシュボードには、組織内の Office 365 製品にわたるアクティビティの概要が表示されます。これにより、個別の製品レベルのレポートを詳細に確認して、各製品内のアクティビティについてより詳しく知ることができます。レポートの概要トピックを参照してください。

たとえば、[レポート] ページで組織内のメール トラフィックの概要ビューを表示し、そこから [メール アクティビティ] ウィジェットに移って組織内のメール アクティビティの傾向とユーザーごとの詳細を把握できます。

注: Office 365 レポートを表示するには、Office 365 のグローバル管理者、または Exchange、SharePoint、Skype for Business の管理者、またはレポート閲覧者である必要があります。

メール アクティビティ レポートを表示する方法

  1. Office 365 管理センターの [レポート] に移動します。

  2. [レポート] ダッシュボードで [メール アクティビティ] ウィジェットをクリックするか、ドロップダウンから選びます。

    管理センターのレポート - メール アクティビティを選択する

メール アクティビティ レポートの内容を理解する

[アクティビティ] と [ユーザー] のグラフを見ると、ユーザーのメール アクティビティを把握できます。

メール アクティビティ - 送信されたメール、受信されたメール、読まれたメールの数を数える

1

[メール アクティビティ] レポートでは、過去 7 日間、30 日間、90 日間、または 180 日間の傾向を確認できます。

2

各レポートには、このレポートが生成された日付が表示されます。通常、レポートはアクティビティの時刻から 24 から 48 時間の遅延を反映します。

3

[アクティビティ] グラフを使用すると、組織で発生しているメール アクティビティの量の傾向がわかります。メールの送信、閲覧、受信アクティビティの比率を把握できます。

4

[ユーザー] グラフでは、メール アクティビティを生成している一意のユーザーの数の傾向がわかります。送信、閲覧、受信メール アクティビティを実行しているユーザーの傾向を見ることができます。

5

  • [アクティビティ] グラフの Y 軸は、その種類のメール送信、メール受信、メール閲覧のアクティビティの数です。

  • [ユーザー] アクティビティ グラフの Y 軸は、メール送信、メール受信、メール閲覧のアクティビティを実行しているユーザーの数です。

  • どちらのグラフも、X 軸はこの特定のレポートで選択した日付範囲です。

6

凡例の項目をクリックして、グラフに表示する系列をフィルター処理できます。たとえば、[アクティビティ] グラフで [送信]、[受信]、または [閲覧] Office 365 レポート - 特定の関連データでグラフをフィルターする をクリックまたはタップすると、それぞれに関連した情報のみが表示されます。この選択を変更しても、グリッド テーブルの情報は変更されません。

7

テーブルには、ユーザー レベルでのメール アクティビティの内訳が表示されます。Exchange 製品が割り当てられているすべてのユーザーとそのメール アクティビティが表示されます。テーブルには列を追加することができます。

Office 365 レポート - メール アクティビティ レポートの列を管理する
  • [ユーザー名] はユーザーのメール アドレスです。

  • [表示名] はユーザーの氏名です。

  • [削除済み] は、現在は削除済み状態ですが、レポート期間の一部ではアクティブであったユーザーを示します。

  • [削除日] は、ユーザーが削除された日付です。

  • [最終アクティビティ日] は、ユーザーが閲覧または送信メール アクティビティを最後に実行した日付です。

  • 送信アクションは、ユーザーに対してメールの送信アクションが記録された回数です。

  • 受信アクションは、ユーザーに対してメールの受信アクションが記録された回数です。

  • 読み取りアクションは、ユーザーに対してメールの読み取りアクションが記録された回数です。

  • [割り当て製品] は、このユーザーに割り当てられている Office 365 製品です。

組織のポリシーにより、ユーザー情報を特定できるレポートを表示できない場合は、これらすべてのレポートのプライバシー設定を変更できます。「Activity Reports in the Office 365 Admin Center Preview (Office 365 管理センター プレビューでのアクティビティ レポート)」の「How do I hide user level details? (ユーザー レベルの詳細を非表示にする方法)」セクションを参照してください。

8

レポートに列を追加またはレポートから列を削除するには、[列の管理] Office 365 レポート - ユーザー詳細テーブルに表示する列を管理する をクリックまたはタップします。

9

また、[エクスポート] Office 365 レポート - Excel ファイルにデータをエクスポートする リンクをクリックまたはタップして、レポートデータを Excel の .csv ファイルにエクスポートすることもできます。これにより、すべてのユーザーのデータがエクスポートされ、単純な並べ替えとフィルター処理を行ってさらに分析することができます。ユーザー数が 2000 未満である場合は、レポート自体のテーブル内で並べ替えとフィルター処理を行うことができます。ユーザー数が 2000 を超える場合は、フィルター処理と並べ替えを行うために、データをエクスポートする必要があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×