管理センターでの Office 365 レポート - メールボックスの使用状況

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

新しいメールボックスの使用状況レポートは、ユーザーのメールボックスを持つユーザーに関する情報を表示し、メールの送信] を読み、に基づいてごとのアクティビティのレベル予定を作成する、会議を送信、会議を承諾、辞退する会議および会議アクティビティをキャンセルします。記憶域の量については、各ユーザーのメールボックスによって消費され、それらの数に近づいている記憶域のクォータ、についても説明します。

注: Office 365 レポートを表示するには、Office 365 のグローバル管理者、または Exchange、SharePoint、Skype for Business の管理者、またはレポート閲覧者である必要があります。

メールボックスの使用状況レポートを取得する方法

  1. Office 365 管理センターの [レポート] に移動します。

  2. ドロップダウンから [メールボックスの使用状況] を選びます。

    Office 365 で利用可能な特定のレポート

メールボックスの使用状況レポートを解釈する

組織の [メールボックスの使用状況] を表示するには、[メールボックス]、[記憶域]、[クォータ] グラフを確認します。

1

過去 7 日、90 日間、または 180 日、30 日間に傾向のメールボックスの使用状況レポートを表示できます。ただし、レポートに特定の日に] をクリックする場合の表は、データが表示されます (いないレポートが生成された日付) 現在の日付から 28 日までにします。

2

各レポートには、このレポートが生成された日付が表示されます。通常、レポートはアクティビティの時刻から 24 から 48 時間の遅延を反映します。

3

メールボックスのグラフでは、組織内のユーザーのメールボックスの合計数と任意のレポート期間の第 1 日にアクティブになっている合計数を示します。ユーザーのメールボックスのメール送信、読み取り、予定を作成する、会議の送信、会議を承諾、会議を辞退および会議アクティビティをキャンセルした場合、アクティブと見なされます。

4

[記憶域] グラフには、組織内で使用されている記憶域の容量が表示されます。

5

[クォータ] グラフには、各クォータ カテゴリのユーザー メールボックス数が表示されます。クォータには 4 つのカテゴリがあります。

  • 良い - 使用済み記憶域が警告のクォータの発行を下回るユーザー数。

  • 警告 - 使用済み記憶域が警告の発行以上であり、送信禁止クォータを下回るユーザー数

  • 送信できません - 使用済み記憶域が送信禁止クォータ以上であり、送受信禁止クォータを下回るユーザー数

  • 送受信できません - 使用済み記憶域が送受信禁止クォータであるユーザー数

6

  • [メールボックス] グラフの Y 軸は、ユーザー メールボックス数です。

  • [記憶域] グラフの Y 軸は、組織内のユーザー メールボックスに使用されている記憶域の容量です。

  • [クォータ] グラフの Y 軸は、各記憶域クォータのユーザー メールボックス数です。

  • [メールボックス] グラフと [記憶域] グラフの X 軸は、このレポートで選ばれた日付範囲です。

  • [クォータ] グラフの X 軸は、クォータのカテゴリです。

7

凡例の項目をクリックして、表示するグラフをフィルター処理できます。

8

テーブルには、ユーザー レベルでのメールボックスの使用状況の内訳が表示されます。テーブルには列を追加することができます。

  • [ユーザー名] はユーザーのメール アドレスです。

  • [表示名] はユーザーの氏名です。

  • [削除済み] は、現在は削除済状態ですが、レポート期間の一部ではアクティブであったメールボックスを示します。

  • [削除日] は、メールボックスが削除された日付です。

  • [作成日] は、メールボックスが作成された日付です。

  • [最終処理日] は、メールボックスにメールの送信または閲覧アクティビティがあった日付です。

  • [アイテム数] は、メールボックス内の合計アイテム数です。

  • [使用済み記憶域サイズ (MB)] は、使用済み記憶域の合計サイズです。

  • [警告のクォータの発行 (MB)] は、記憶域クォータに達しそうになったときに、メールボックス所有者が警告を受信する記憶域の上限です。

  • [送信禁止クォータ (MB)] は、メールボックスからメールを送信できなくなる記憶域の上限です。

  • [送受信禁止クォータ (MB)] は、メールボックスからメールを送受信できなくなる記憶域の上限です。

組織のポリシーにより、ユーザー情報を特定できるレポートを表示できない場合は、すべてのレポートのプライバシー設定を変更できます。「Office 365 管理センターでのアクティビティ レポート」の「レポートでユーザーの詳細を非表示にする」セクションをご確認ください。

9

また、[エクスポート] リンクをクリックまたはタップして、レポートデータを Excel の .csv ファイルにエクスポートすることもできます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×