管理センターでの Office 365 レポート - アクティブ ユーザー

新しい Office 365 のレポート ダッシュボードには、組織内の Office 365 製品にわたるアクティビティの概要が表示されます。これにより、個別の製品レベルのレポートを詳細に確認して、各製品内のアクティビティについてより詳しく知ることができます。レポートの概要トピックを参照してください。

たとえば、[アクティブなユーザー] レポートを使用すれば、組織の個人が使用する製品のライセンス数を調べたり、どのユーザーがどのライセンスを使用しているかに関する情報を確認したりできます。このレポートは、監理者が十分に活用されていない製品や追加のトレーニングまたは情報を必要としているユーザーを特定するのに役立ちます。

注: Office 365 レポートを表示するには、Office 365 のグローバル管理者、または Exchange、SharePoint、Skype for Business の管理者である必要があります。

[アクティブなユーザー] レポートにアクセスする方法

  1. Office 365 管理センターの [レポート] に移動し、[利用状況] をクリックします。

    管理センターで、[レポート] をクリックし、[用途] をクリックします。
  2. [利用状況] ページで、ドロップダウンから [アクティブ ユーザー] を選択します。

    "[レポートの選択] ドロップダウン リスト" で、"アクティブなユーザー" をクリックします

[アクティブなユーザー] レポートの解釈

[アクティブなユーザー] レポートの概要

1

[アクティブなユーザー] レポートでは、過去 7 日間、30 日間、90 日間、または 180 日間の傾向を確認できます。

2

各レポートには、このレポートが生成された日付が表示されます。通常、レポートはアクティビティの時刻から 24 から 48 時間の遅延を反映します。

3

[アクティブなユーザー] グラフには、製品別に区分されたレポート期間で毎日のアクティブ ユーザーが表示されます。

[サービス] グラフには、アクティビティの種類とサービス別にユーザー数が表示されます。

4

  • [アクティブなユーザー] グラフでは、x 軸に選択したレポート期間が、y 軸にライセンスの種類別に区切られ、色分けされた毎日のアクティブ ユーザーが表示されます。

  • [サービス] アクティビティ グラフでは、x 軸にユーザーが特定の期間使用できる個々のサービスが表示されます。y 軸は、アクティビティの状態別のユーザー数です。アクティビティの状態に基づいて色分けされています。

5

凡例の項目をクリックして、グラフに表示するデータ系列をフィルター処理できます。この選択を変更しても、グリッド テーブルの情報は変更されません。

6

また、[エクスポート] Office 365 レポート - Excel ファイルにデータをエクスポートする リンクをクリックまたはタップして、レポートデータを Excel の .csv ファイルにエクスポートすることもできます。これにより、すべてのユーザーのデータがエクスポートされ、単純な並べ替えとフィルター処理を行ってさらに分析することができます。ユーザー数が 2,000 未満である場合は、レポート自体のテーブル内で並べ替えとフィルター処理を行うことができます。ユーザー数が 2,000 を超える場合は、フィルター処理と並べ替えを行うために、データをエクスポートする必要があります。

7

列のコントロールでグリッド テーブルに表示される情報を変更できます。

サブスクリプションを 21Vianet が運営している場合、Yammer は表示されません。

ユーザー レベルのフィルター オプション

列名

説明

ユーザー名

UPN

表示名

ユーザーが設定した表示名。"名、姓" やユーザー名 (user@contoso.com) とは異なります。

ライセンス

この列には、ユーザーがサービスを利用できるかどうかに基づき、True または False 値が表示されます。

最終活動日

ユーザーが特定の製品を使用した最後の日を示します。個々の製品のユーザー アクティビティ レポートを参照すると、各製品におけるアクティビティの詳細がわかります。詳細については、「Active user in Office 365 usage reports」 (Office 365 使用状況レポートのアクティブ ユーザー) を参照してください。

ライセンス割り当て日付

ユーザーに特定の製品ライセンスが割り当てられた日付。

削除済み

 この列には、選択したレポート期間でユーザーが削除されているかどうかに基づき、True または False 値が表示されます。

削除された日付

ユーザーが削除された日付

割り当てられた製品

ユーザーにライセンスが与えられ、アクセスが許可された製品。

組織のポリシーにより、ユーザー情報を特定できるレポートを表示できない場合は、これらすべてのレポートのプライバシー設定を変更できます。「Office 365 管理センターのアクティビティ レポート」の「ユーザー レベルの詳細を非表示にする方法」セクションを参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×