管理と SharePoint の新しいページのライフ サイクル

管理と SharePoint の新しいページのライフ サイクル

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

SharePoint の新しいページを提供クラシック発行サイトのページを提供するものと同じ機能の多くします。 1 回、 SharePoint の新しいページを作成編集、保存、公開して共有します。  ページを削除もまたは別のバージョンを復元できます。 コンテンツの承認フローを設定することもできます。

ページのライフ サイクル

[新規作成] ボタン    作成します。ページのライフ サイクルの作成を開始します。 最初のページを作成すると状態になって、「地域」下書き、いる誰も表示できるようにまだを意味します。

[下書き] ボタンとして保存します。    下書きとして保存します。保存して、このページを閉じると、マイナー バージョンをチェックインして、「共有」下書きになります。 つまり、編集アクセス許可 (またはサイト所有者) を持つユーザーできますようになりました表示および編集します。

[編集] ボタン     使用してページを編集するには、[編集] ボタンをクリックし、[今すぐそのページをチェック アウトしています。 ページを開いて、編集するか、またはチェック アウト、他のユーザーを編集できます。 ページは"ロック"されて変更が保存されているまたは破棄するまで、または、ページを発行します。 例外ですが、ページには、5 分間のアクティビティがなければ、編集セッション タイムアウトとページがされません「ロック」 

変更を破棄します。    変更を破棄します。変更を破棄する場合は、前の状態ページが返されます。 "元に戻すのチェック アウト] に相当します。

発行]    発行します。ページを発行するには、[発行] ボタンをクリックするとと、は「メジャー」バージョンとしてチェックインし、「オンライン、」ページが表示されるすべてのサイトを表示できるユーザーを意味します。

再発行] ボタン 再発行以前に発行されたページを編集すると、として、次の「メジャー」バージョン、および変更] ページで、ボタン チェック稼働"、"すべてのサイトを表示できるユーザーを表示する新しい、つまり再発行はバージョンを変更します。

コンテンツの承認がページのライフ サイクル

ページ コンテンツのライフ サイクル承認が有効では、ページを発行するには、他のユーザーが承認するのには少し異なります。 承認者は、サイトの所有者またはフル コントロールに障碍のあるか、またはサイトに対する権限の編集する必要があります。

以下は、コンテンツの承認が有効でフローを使用するときにページの発行のステージを追加します。 カスタマイズされた承認フローの複数の承認者が必要な承認フローの手順は、ここに含まれていません。

申請の承認] ボタン    承認のための送信 ページの発行する準備ができたら、ページの作成者は承認のためのページを送信します。

承認待ちページが承認されるまで、保留状態のままです。

承認の確認] ボタン    レビューの承認  承認者が、通知を表示し、ページを確認する校閲の承認] が表示として指定されたメンバー。 コンテンツを編集できないのは、承認者のみを承認または元に戻すしたりコンテンツできます。 ページの作成者を受信する通知とコメントを送信することができます。

発行   ページが承認されると、それが発行されているされバージョン「メジャー」としてチェックインと"live、"ページが表示されるすべてのサイトを表示できるユーザーを意味します。

Microsoft フローを使用するは、現在のページにコンテンツの承認を使用することをお勧めします。 これを行う方法については、ページの承認を構成するを参照してください。

従来のライブラリでの承認を必要とする方法を使用する場合は、サイトのリストまたはライブラリ内のアイテムの承認が必要です

ページを編集できるユーザーですか。

ページの編集権限が付与されているすべてのユーザー編集できます。 チーム サイトでは、[チーム サイトのグループにユーザーを追加する権限を設定既定ではします。 コミュニケーション サイトでは、[サイトの所有者とのみの編集権限を与えた人を編集できます。

ページがチェック アウト、つまり、誰も編集できる保存してページを閉じる場合を除き、ページの [編集] をクリックすると、変更内容を破棄またはページを発行します。 各ページをもう一度これらのアクション チェックインします。

だれかが誤ってをチェック アウトするページまたは保存して閉じる、変更を破棄または発行を忘れてしまった場合、ページが自動的に保存して 5 分間続くと閉じます。

2 人のユーザーは、同時に同じページを編集することはできません。 1 人のユーザーがある、編集用に開いたページと他のユーザーが、ページを編集しようと、ページを他の人が編集されていることをメッセージが表示されます。 ページを開いて編集して保存を閉じると、変更を破棄する、または発行ページを「リリース」を持つユーザー人を確認することができます。 ページには、5 分間のアクティビティがなければ、編集セッションが自動的にタイムアウトとページされるされません「ロック」は例外です。 

サイトの所有者には、ページを編集しているユーザーのチェック アウトを上書きする追加オプションがあります。

ページを検索します。

ページは、ナビゲーション内のページ] をクリックしてアクセスできる [ページ] ライブラリに格納されます。 ページが表示されない場合のナビゲーションで、サイトの設定 SharePoint Online の [公開 Web サイトの設定] ボタン ]、[サイト コンテンツ] に移動し、サイトのページを検索できます。

前のバージョンを復元する

  1. ページライブラリに移動します。

  2. ページの名前と日付の間隔を右クリックし、メニューから [バージョン履歴] をクリックします。 メニューをスクロールしないと [バージョン履歴] が表示されないこともあります。

    バージョン履歴] が表示されない場合は、ダイアログ ボックスで省略記号 (...) をクリックし、[バージョン履歴] をクリックします。

    ファイルのバージョン リストが表示されます。

    3 つのバージョンが表示されているバージョン履歴ダイアログ ボックス
  3. [バージョン履歴] ダイアログ ボックスで、復元するバージョンの隣にカーソルを合わせ、右側の下矢印をクリックするとオプション リストが表示されます。

    バージョン履歴オプション (表示、復元、削除)

    [復元] をクリックします。

  4. [OK] をクリックすると、現在のバージョンが最新版として復元されます。

    [OK] が選択されているバージョン復元確認ダイアログ ボックス

    注: SharePoint では、復元した以前のバージョンが削除されることはありません。コピーが作成され、それが最新版に設定されます。

ページ ライブラリからするページをチェックします。

チェックするページを管理するページで、編集、保存して閉じる、変更内容を破棄および発行] コマンドを使用することをお勧めします。 ただし、すべてのドキュメント ライブラリでするように使用して、同じ手順を使用してページを手動で確認できます。 詳細については、次を参照してください。をチェック アウトまたはドキュメント ライブラリでファイルをチェックインします。

ページの発行を取り消す

他のユーザーが表示または検索で見つかったページしたくない場合は、発行を取り消すことができます。

  • ページライブラリに移動します。

  • 発行するページを選択します。

  • をクリックして]、[その他] をクリックします。

  • [発行の取り消し] をクリックします。

これにより、ページ戻る下書き状態にします。 まだに、検索結果では、ページが表示されます。 問題が発生しない場合は、ページからのアクセス許可を削除します。 これを行うには、ページ ライブラリに移動する、...] をクリックして他] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。 最上部で、をクリックして共有相手共有の停止] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×