箇条書きまたは段落番号付きのリストの色とスタイルを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

色、スタイル、または箇条書きまたは段落番号のサイズを変更するには、PowerPoint プレゼンテーションでとから開始する数値を変更することができます。

  1. 箇条書きまたは段落番号を 1 つだけ変更する場合は、変更する行の先頭にカーソルを置きます。複数の箇条書きまたは段落番号を変更する場合は、変更するすべての箇条書きまたは段落番号でテキストを選択します。

  2. [ホーム] をクリックし、[箇条書き] ボタンまたは [段落番号] ボタンの横にある矢印をクリックし、[箇条書きと段落番号] をクリックします。

    [箇条書き] ボタンと [段落番号] ボタン

    ヒント: 箇条書きまたは段落番号付きのリストのスタイルを簡単に変更するには、[箇条書き] や [段落番号] の横の矢印をクリックすると表示されるリストで、使用するスタイルをクリックします。

  3. [箇条書きと段落番号] ダイアログ ボックスの [箇条書き] タブまたは [段落番号] タブ (作業中のリストの種類によって異なります) で、必要なスタイル変更を選びます。次のようなオプションがあります。

    • 箇条書きまたは段落番号のスタイル。

    • 色。

    • サイズ (箇条書きまたは段落番号の大きさを、テキストに対する相対的なサイズで指定するには、[サイズ] をクリックし、パーセンテージを入力します)。

    • 開始番号 ([段落番号] タブの [開始] ボックスに開始する番号を入力します)。

    • 図 (行頭文字として画像を使う場合は、[箇条書き] タブで [] をクリックし、スクロールしながら目的の画像を探します)。

    • 記号と特殊文字 (記号の一覧から特定の文字を選んで [箇条書き] タブに一時的に追加するには、[箇条書き] タブの [ユーザー設定] をクリックし、記号をクリックして、[OK] をクリックします。 これで、この記号をスタイルの一覧から選び、スライドに適用できるようになります)。

    • SmartArt グラフィック (に既存の箇条書きまたは段落番号付きリストをSmartArt グラフィックに変換するには、[ホーム> smartart グラフィックに変換)。

    ヒント: 

    • リスト内の箇条書きや段落番号のスタイルのうち、1 つまたは一部だけの書式 (色やサイズなど) を変更するには、[箇条書きと段落番号] ダイアログ ボックスを開く前に、変更する行の先頭にカーソルを置きます。 変更内容は、選んだ行のみに適用されます。

    • リスト内のアイテムの配置を調整するのには、箇条書きまたは段落番号付きリストのインデントを調整するを参照してください。

複数のスライドにユーザー設定のスタイルを適用する

プレゼンテーションのすべてのスライドに、ユーザー設定のリスト スタイルを適用する最適な方法は、スライド マスターを変更することです。 スライド マスターに対するリストのカスタマイズはすべて保存され、すべてのスライドに適用されます。 また、カスタマイズしたリスト スタイルが含まれる 1 つ以上のスライド レイアウトを編集または作成して、そのリスト スタイルを使用したいときに、これらのレイアウトをプレゼンテーションに追加することもできます。

制限事項

Word など他の Office プログラムでは使用できるのに、PowerPoint のリストでは使用できない機能がいくつかあります。 たとえば、PowerPoint は次の機能をサポートしていません。

  • 小数点を使った段落番号 (1.1、1.2 など)。

  • 新しい番号書式の定義 ([箇条書きと段落番号] ダイアログ ボックスの [段落番号] タブの既定のスタイル セットから選ぶ必要があります)。

  • 箇条書きや段落番号への太字、斜体、下線の適用 (すべての書式設定は、選んだ行やリストの全体に適用されます)。

  • リストを入れ子になった (Tab キーを押してまたは同じ効果を作成するのには、インデントを増やす [インデントを増やす] ボタン ] をクリックすることができますが、新しいインデントが設定された行頭文字または段落番号のスタイルが設定されていない自動的に PowerPoint を使って)。

関連項目

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×