空間設計を作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

空間設計は、組織内のスペース間でリソースを移動して追跡できるようにするビジュアルツールです。空間設計テンプレートを使用して、空間図形とリソース図形を使用して、フロアプランのリソースのおおよその場所を追跡する図面を作成します。

  1. Visio を開きます。

  2. [地図とフロアプラン] テンプレート/カテゴリで、[空間計画]、[作成] の順にクリックします。

  3. 空間設計スタートアップウィザードの最初のページで、スペースプランの背景として追加するイメージまたは図面の種類を選び、[次へ] をクリックします。

    既存のフロアプランイメージまたは図面を背景として追加して、後で作成する必要がないようにすることができます。

  4. 次のウィザードページで、空間計画に部屋 (スペース) を追加する方法を選び、[次へ] をクリックします。

    新しいまたは既存のスプレッドシートを使用して、後でルーム番号を入力する必要がないようにすることができます。

  5. ウィザードの最後のページで、図面にスペースを追加する方法の手順を確認し、[完了] をクリックします。

  6. スペースエクスプローラーまたはカテゴリエクスプローラーウィンドウに配置されていないスペースがある場合は、それらを図面に追加します。

    1. スペースエクスプローラーまたは [カテゴリエクスプローラー ] ウィンドウで、オフィスなど、スペースとして指定する領域の上に配置されていない領域をドラッグします。

    2. [空間] 図形のサイズを変更するには、選択ハンドル 選択ハンドルの画像 をドラッグするか、[スペース] 図形を右クリックして [自動サイズ] をクリックします。

      注: [スペース] 図形を重ならないようにします。

    3. すべてのスペース図形に既定で表示される内容を変更するには、リボンの [プラン] タブで、[表示オプション] をクリックし、[スペース] タブをクリックして、目的のオプションを選びます。

  7. スペースエクスプローラーまたはカテゴリエクスプローラーウィンドウにスペースがない場合は、次のいずれかの操作を行います。

    手動でスペースを追加する

    1. [リソース] 図形から、スペースとして指定する領域の上にある [空間] 図形をドラッグします (たとえば、office など)。

    2. [空間] 図形のサイズを変更するには、選択ハンドル 選択ハンドルの画像 をドラッグするか、[スペース] 図形を右クリックして [自動サイズ] をクリックします。

      注: [スペース] 図形を重ならないようにします。

    3. [図形データ] ウィンドウがまだ開いていない場合は、図形を右クリックし、[データ]、[図形データ] の順にクリックします。

    4. [図形データ] ウィンドウで、[名前] フィールドをクリックし、[office ルーム番号] などの領域識別子を入力します。

      後でスプレッドシートまたはデータベースからデータをインポートする場合は、[名前] フィールドに値を入力する必要があります。入力する値は、スプレッドシートまたはデータベース内の一意の識別子と一致する必要があります。たとえば、データベース内の office ルーム番号の値が "である場合は、[名前] フィールドに「"」と入力します。

    5. すべての空間図形に既定で表示される内容を変更するには、[プラン] タブで [表示オプション] をクリックし、[スペース] タブをクリックして、目的のオプションを選びます。

    スペースデータをインポートする

    1. リボンの [プラン] タブで、[データのインポート] をクリックします。

    2. [未配置データ] の [エクスプローラー] ウィンドウで [保存] を選び、[次へ] をクリックします。次のウィンドウでは、データソース (Excel、Active Directory、Exchange Server、または ODBC) を選択するように求められ、選択内容に基づいて、ファイル、アドレス帳、データ型、サーバー構成、またはその他のデータソースを選択するように求められます。必要に応じてデータを入力します。

    3. 図面に追加する図形の種類をたずねられたら、[スペース] 図形を選びます。

    4. スペースエクスプローラーまたは [カテゴリエクスプローラー ] ウィンドウから、配置されていないスペースを図面ページにドラッグします。

  8. 次のいずれかの操作を行って、リソース (人やアセットなど) を図面に追加します。

    手動でリソースを追加する

    1. [ リソース] から、[リソース] 図形を図面内の適切な空間図形にドラッグします。

    2. [図形データ] ウィンドウがまだ開いていない場合は、図形を右クリックし、[データ]、[図形データ] の順にクリックします。

    3. [図形データ] ウィンドウで、[名前] フィールドをクリックし、リソース名を入力します。

    リソースデータをインポートする

    1. リボンの [プラン] タブで、[データのインポート] をクリックします。

    2. ウィザードのページに従って、空間設計にデータをインポートします。

      データのインポートウィザードでデータを図面に保存できない場合、ウィザードによって、[配置されていないデータ] の下の [スペースエクスプローラー ] と [カテゴリエクスプローラー ] ウィンドウにデータを格納します。

    3. 配置されていないリソースをスペースに関連付けるには、未配置のデータからリソースをスペースエクスプローラーの適切なスペースにドラッグします。

      配置されていない資源を図面内の適切な空間図形にドラッグすることもできます。

    注: 

    • 図面内の各ページは、すべてのフロアが同じ建物内にある限り、施設内のフロアを表すことができます。複数のページで床を分割することもできます。

    • 建物の詳細な平面図が必要ない場合は、Visio図面ツールバーの [描画ツール] を使用して、平面図をスケッチするか、または [空間] 図形を図面ページにドラッグして、オフィスを指定することができます。

    • 空間設計の作成が完了したら、スペースレイヤーをロックして、空間図形が偶発的に変更されないようにします。スペースレイヤーをロックするには、[表示] メニューの [レイヤープロパティ] をクリックし、[スペースレイヤー] で [ロック] チェックボックスをオンにします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×