空調制御論理図を作成します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

"ダクト、センサー、機械装置を示す空調制御論理図"

空調制御論理図テンプレートを使用すると、1 つの線と二重線空調制御論理概略図をダクト、センサー、機械装置を表す図形を作成できます。

ダクト図形上に配置するのには、センサー、機器の図形が設計されています。それぞれの配置] ボックスでは、ダクトの幅を一致するためにします。

  1. [ファイル] メニューで、新規作成] をポイントし、[地図とフロア プラン] をポイント空調制御論理図] をクリックします。

    既定では、この種類の図面が横向き向き 幅広ページ では、 縮尺なしの図面ページを開きます。ページ、ルーラーおよびグリッドの設定をいつでも変更できます。

  2. ダクトの構成を示すページにガイドを配置します。ガイドを配置するには、図面ページ上に水平または垂直ルーラーからガイドをドラッグし、マウス ボタンを離します。

    注: ガイド ダクトやその他のコントロール機器の図形を配置します。後で図面を変更した場合ガイドしやすいように単位としてダクトとそのコントロールに移動します。

  3. ダクト図形を追加します。

    1. 空調制御装置] から、ダクト図形を図面ページにドラッグします。

    2. 1 行のダクト配管図面を作成するには、ダクト図形を右クリックし、ダクト (1 行)] をクリックします。二重線ダクトに戻すにもう一度を右クリックできます。

    3. 水平ダクト図形を水平方向のガイドと垂直ダクト図形を垂直ガイドに接着します。図形がガイドに接着されていることを示す赤いダクト図形の端点がオンにします。

      ヒント: 二重線の図面では、端点を既存のダクト図形の中央に配置することで、別のダクトを配置します。ダクト間かっこが表示されない場合は、隣接するダクトを選択します。[図形] メニューで、順序] をポイントし、[最前面へ移動] をクリックします。

    4. サイズまたはの端点の 1 つをドラッグして、ダクト図形を回転します。

      ヒント: Shift キーを押しながら直線ダクトを保持するか、回転するのには両端のシートをドラッグします。

  4. 機器の図形を追加します。

    1. 空調制御装置] から機器の図形を図面ページにドラッグします。ダクト図形上に配置します。

      ヒント: ダクトの一番上に、機器の図形をドラッグすると、このガイドにも接着します。ダクトとその中の機器のすべての位置を変更するには、ガイドをドラッグします。

    2. 一部機器の図形を構成するには右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  5. センサー図形を追加します。

    1. 空調制御] から、センサー図形を図面ページにドラッグします。

    2. これらのダクト図形上に図形を配置します。それぞれの配置] ボックスでは、ダクトの幅を一致するためにします。

      ヒント: センサー ダクト上に図形をドラッグすると、このガイドにも接着します。ダクトとその中の機器のすべての位置を変更するには、ガイドをドラッグします。

    3. センサー図形を構成するには、右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  6. 図形のラベルを付けるには、図形を選択し、入力します。 コントロール ハンドルの画像 - 黄色いひし形 を処理するラベルのコントロールをドラッグして、ラベルの位置を変更します。

    注: 

    1. 空調制御から、配線にメモを追加するには、配線メモ図形に線をドラッグします。既存のテキストを置換するには、配線メモを選択しを入力します。

    2. 図にコメントを追加するには、図面ページにコメントから図形をドラッグします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×