空白以外のセルの個数を数える

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

範囲内において値が含まれているセルのみをカウントする場合は、COUNTA 関数を使用します。

セルの個数をカウントするとき、値を含むセルだけが必要な場合は、空白セルを無視することができます。 たとえば、セールを行った営業担当者の合計数 (列 D) を数える必要があるとします。

COUNTA の例

COUNTA、D4、D8、D11 の空白値は無視され、列 D 内の値を含むセルだけがカウントされます。この関数は、列 D に含まれる6つのセルを検索し、その値を出力として表示します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×