空白以外のセルの個数を数える

範囲内の値を含むセルのみをカウントするには、COUNTA 関数を使用します。

値を含むセルのみが必要なために、セルのカウント時に空白のセルを無視したい場合があります。たとえば、売上があった販売員の総数をカウントする場合などです (列 D)。

COUNTA の例

COUNTA は D3、D4、D8、および D11 の空白の値を無視して、列 D で値が含まれているセルのみをカウントします。この関数は、値を含む列 D で 6 つのセルを見つけ、出力として 6 を表示します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×