空気圧および油圧システム図を作成します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

油圧または空気圧制御システム (ファクトリオートメーションシステム、重機、または自動車サスペンションシステムで使用されているものなど) を文書化するための流体力図を作成します。

空気圧および油圧システムの図

  1. Visio 2016と新しいバージョンの場合: [テンプレート]、[エンジニアリング]、[流体力]、[作成] の順にクリックします。

    Visio 2013: [分類]、[エンジニアリング]、[流体力]、[作成] の順にクリックします。

    Visio 2010: [テンプレートカテゴリ] で、[エンジニアリング]、[流体力]、[作成] の順にクリックします。

    Visio 2007: [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[エンジニアリング] をポイントして、[流体力] をクリックします。

    この描画の種類は、横向きの 幅広ページ でない図面ページを開きます。この設定はいつでも変更できます。

  2. 機器とバルブの図形を図面ページにドラッグします。

    複数の図形を右クリックして構成することができます。

  3. コネクタツール またはコネクタ図形を使用して、コンポーネントを接続します。

    コネクタツールを使用する

    1. [ホーム] タブの [ツール] グループで、[ Connector] をクリックします。

    2. 最初の図形の接続ポイントを 2 番目の図形の接続ポイントにドラッグします。

      コネクタの使い方の詳細については、「図形間にコネクタを追加する」を参照してください。

    コネクタ図形を使用する

    1. コネクタ図形を図面ページにドラッグします。

    2. コネクタの始点を親図形 (接続している図形) に配置します。コネクタの終点を子図形 (接続している図形) に配置します。

  4. 図形を選択して入力することによって、図形にテキストを追加します。

    ほとんどの流体パワー図形にはコントロールハンドルがあり、ドラッグしてテキストの位置を変更することができます。

  5. 吹き出しやその他の参照メモを追加します。詳細については、「吹き出しを使用して図面に注釈を付ける」を参照してください。

  6. 図形には図形データを設定できます。図形データを入力し、新しいデータを図形に追加することができます。次の操作を行います。

    1. 図形を右クリックし、[データ]、[図形データ] の順に選びます。

    2. [図形データ] ウィンドウで、各データフィールドをクリックし、値を入力するか選択します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×