稼働時間と非稼働時間を変更します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Project Professional 2010の予定表を使用しているときに異なる稼働時間と非稼働時間、組織のアカウントでは正確に実行できるものがあります。次のセクションでは、各種類の変更の例を紹介し、それぞれの変更を行う場合の手順を表示します。

注: この記事の手順を既に作成または編集する予定表を前提としています。予定表を作成する方法の詳細については、新しいエンタープライズ カレンダーを作成または既存の予定表をコピーするを参照してください。予定表を編集する方法の詳細については、既存の予定表を編集するを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

稼働日を非稼働日に変更します。

稼働日に非稼働日を変更します。

稼働日の稼働時間を変更します。

1 日、稼働日の稼働時間を変更します。

稼働日を非稼働日に変更します。

場合によっては、非稼働日に稼働日を有効にする必要があります。たとえば、組織では、特定の曜日として休日を監視する場合、は、非稼働日の間に、これらの祝日にできます。Microsoft Project Server 2010では、非稼働日の作業をスケジュールはできません。

非稼働日に稼働日を変更します。

  1. 非稼働日に変換する予定表の日付をクリックします。

  2. [例外] タブで、[] 列で非稼働日の名前を入力します。開始日と終了の列には、手順 1 でクリックした日付が自動的に入力します。

注: 特定の日を含む複数の例外を作成できますが、最下位レベルの例外のみが、その日に適用されます。たとえば、1 つの例外、月の標準作業時間を変更して非稼働日とそのか月以内の特定の日を呼び出す別の例外があります。1 日の例外でか月間の例外よりも低いレベルであるために、その日に 1 つの非稼働日の例外が適用されます。同じ日に複数の 1 日の例外を作成することはできません。

ページの先頭へ

稼働日に非稼働日を変更します。

組織ができる非稼働日の作業があります。たとえば、週末に発生する各年度の規則を設定するに参加する組織。稼働日に規則の週末の曜日を変換するには、その日の作業をスケジュールするProject Server 2010が認識できるようにします。

稼働日に非稼働日を変更します。

  1. 非稼働日に変更する予定表の日付をクリックします。

  2. [例外] タブの[名前] 列で、稼働日の名前を入力し、し、 Enterキーを押します。

注: 特定の日を含む複数の例外を作成できますが、その日に最下位レベルの例外のみが適用されます。たとえば、1 つの例外、月の標準作業時間を変更して非稼働日とそのか月以内の特定の日を呼び出す別の例外があります。1 日の例外でか月間の例外よりも低いレベルであるために、その日に 1 つの非稼働日の例外が適用されます。同じ日に複数の 1 日の例外を作成することはできません。

  1. 稼働日、追加した行をクリックし、[詳細] をクリックします。

  2. これらの例外に対して稼働時間の設定] セクションでは、稼働時間] をクリックしからする列の時間を調整することによってその日の稼働時間を設定します。

  3. 場合は、組織では、[定期的なパターンを定期的に (たとえば、月ごとに 1 回または年 1 回) 次の稼働時間を監視、毎日毎週毎月、または年間、これらの時間を繰り返すかどうかを選びます。次のオプションを設定してください。

    • 1 日    これらの稼働時間の間隔を設定します。たとえば、10 日。

      ヒント: 場合は、見つかったら、稼働日の例外が起こっている頻繁にProject Professional 2010でProject のオプション] ダイアログ ボックスで [スケジュール] で既定の予定表のオプションを変更するのには簡単に見つけることがあります。すべての予定表は、これらの既定の日付と時刻から開始します。簡単により頻繁に定期的な例外をセットアップする既定の予定表のオプションを変更する場合があります。

    • 週単位    稼働時間、定期的にどのくらいの頻度を指定し、どのような曜日に繰り返すようにします。たとえば、2 週間土曜日にします。

    • 月間    繰り返すように作業時間をして、その月の毎月どのような頻度では、どのような日を選びます。たとえば、3 か月ごとの 15 または 6 毎月の 3 番目の土曜日日。

    • 年間    繰り返すように作業時間をその年の日付にする] を選びます。たとえば、年 8 月 21日、または年 7 月の 3 番目の土曜日します。

  4. 定期的なアイテムの範囲] セクションで、該当する場合、開催する定期的なアイテムが必要な場合、期間を指定します。

    • 開始します。    定期的なパターンを開始する日付を選択します。

    • 反復回数後    定期的なアイテムのみを指定された回数だけが発生する場合は、反復回数後] を選択し、作業時間が発生したときのインスタンスの数を入力します。

    • 終了日    定期的なアイテムに特定の期間に限り問題が発生する場合は、 [終了] を選択し、[定期的なアイテムが停止する必要があります。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

稼働日の稼働時間を変更します。

特定の日の予定表は、作業と非稼働日の正確に計上することがあります、中に稼働日を 8 時間の一般的な作業日スケジュールを使用する可能性があります。特定の稼働日の稼働時間を調整するには、その日に正確に予定されている作業できるようにします。

稼働日の稼働時間を変更するには。

  1. 調整するための稼働日の予定表の日付をクリックします。

  2. [例外] タブの[名前] 列で変更の稼働日の名前を入力し、し、 Enterキーを押します。

注: 特定の日を含む複数の例外を作成できますが、その日に最下位レベルの例外のみが適用されます。たとえば、1 つの例外、月の標準作業時間を変更して非稼働日とそのか月以内の特定の日を呼び出す別の例外があります。1 日の例外でか月間の例外よりも低いレベルであるために、その日に 1 つの非稼働日の例外が適用されます。同じ日に複数の 1 日の例外を作成することはできません。

  1. 稼働日の変更] を追加した行をクリックし、[詳細] をクリックします。

  2. これらの例外に対して稼働時間を設定すると、[稼働時間] をクリックしからする列の時間を調整することによってその日の稼働時間を設定します。

  3. 場合は、組織では、[定期的なパターンを定期的に (たとえば、月ごとに 1 回または年 1 回) 次の稼働時間を監視、毎日毎週毎月、または年間、これらの時間を繰り返すかどうかを選びます。次のオプションを設定してください。

    • 1 日    これらの稼働時間の間隔を設定します。たとえば、10 日。

    • 週単位    稼働時間、定期的にどのくらいの頻度を指定し、どのような曜日に繰り返すようにします。たとえば、2 週間土曜日にします。

    • 月間    繰り返すように作業時間をして、その月の毎月どのような頻度では、どのような日を選びます。たとえば、3 か月ごとの 15 または 6 毎月の 3 番目の土曜日日。

    • 年間    繰り返すように作業時間をする、年の何日を選びます。たとえば、年 8 月 21日、または年 7 月の 3 番目の土曜日します。

  4. 定期的なアイテムの範囲] セクションで、該当する場合、開催する定期的なアイテムが必要な場合、期間を指定します。

    • 開始します。    定期的なパターンを開始する日付を選択します。

    • 反復回数後    定期的なアイテムのみを指定された回数だけが発生する場合は、反復回数後] を選択し、作業時間が発生したときのインスタンスの数を入力します。

    • 終了日    定期的なアイテムに特定の期間に限り問題が発生する場合は、 [終了] を選択し、[定期的なアイテムが停止する必要があります。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

1 日、稼働日の稼働時間を変更します。

組織がある特定作業週 (または稼働日のセット) と稼働時間とは異なる既定値、日単位、一定期間の中に、稼働日の稼働時間にこれらの変更をことができます。たとえば、組織が、月曜日から金曜日までの既定の 17 08時 00分: 00 のスケジュールを使用しない場合は、日単位、組織の正確なスケジュールを反映するように、稼働日の稼働時間を変更できます。

1 日、稼働日の稼働時間を変更するには。

  1. 変更後の作業を格納する予定表の日付] をクリックで開始するタイムアウトが発生します。

  2. 稼働日] タブで、[] 列で、変更された稼働日または週の名前を入力して、し、 Enterキーを押します。

  3. 追加した、変更された稼働日または週単位で挿入する最後の日を反映するように、行の終了日] 列の日付を変更します。

  4. [詳細] をクリックします。

  5. 日の選択] セクションで、稼働時間を調整するには、使用する曜日をクリックします。Ctrl キーをクリックし、shift キーを押しや複数の日付を選択] をクリックします。

  6. 非稼働時間、選択した曜日または日付に変換する場合は、[曜日を非稼働時間の設定] をクリックします。

  7. 選択した日または曜日の稼働時間を変更する場合は、これらの特定の作業時間する曜日を設定する] をクリックし、列から」と入力して、[稼働時間を設定します。

  8. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×