移行評価スキャン: Web アプリケーション ポリシー

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

移行時に発生する Web アプリケーション ポリシーの問題を修正する方法について説明します。

概要

ソース環境では、チーム、ポータル、パートナー、および個人用サイト (OneDrive) の通常の個別の web アプリケーションがあります。SharePoint 社内では、許可または全体の web アプリケーションへの一括レベルのアクセス許可を拒否する web アプリケーションのポリシーを使用できるようにします。これらの権限には、サイト コレクション、サイト、リスト/ライブラリ、またはアイテム レベルの設定が上書きされます。

移行先の環境では、単一の Web アプリケーションを使用してすべてのサイト コレクションをホスティングします。

現在、特定のルート サイト名とすべての子アイテムに対して固有に適用される権限機能は提供されていません。

データの移行

Web アプリケーションのポリシーなし] は、対象の環境に移行されます。

重要: SharePoint で "アクセスなし" (ロック済み) として構成されているすべてのサイトはスキップされます。ロックされているサイト コレクションの一覧を見るには、[ロックされたサイト] スキャン出力を参照してください。

移行の準備

Web アプリケーションのポリシーは移行されません。この時間を含めるに他のいくつか方法:

  • 管理手続きを変更して、Web アプリケーション ポリシーを使用する代わりに、すべての権限をサイト コレクション レベルで管理します (これは、テナント管理者を通じて実行できます)。

  • 特定のユーザーやグループに対して特定の機能を許可または制限するライセンスを使用します。

移行後

ユーザー受け入れテスト段階で、代替オプションが正しく機能することを確認します。

スキャン結果レポート

WebApplicationPolicy detail.csv   スキャン レポートは、すべての web アプリケーションのすべてのポリシーを一覧表示します。

説明

Web アプリケーション

ソース Web アプリケーション。

PolicyDisplayName

ユーザーまたはグループの表示名。

PolicyUserName

ユーザーまたはグループのログイン ID。

PolicyRoleBinding

移行元の環境内のユーザーまたはグループに許可される権限。

ScanID

一意の識別子が SharePoint 移行評価ツールの特定の実行に割り当てられています。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×