移行評価スキャン:Secure Store

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

移行時に Secure Store で発生する問題を軽減する方法について説明します。

概要

Secure Store Service は、記憶域やアカウント名やパスワードなどの資格情報のマッピングを提供する共有サービスです。外部システムに接続して、特定の id または id のグループにこれらの資格情報を関連付けるに必要な資格情報を提供するデータを安全に保存することができるようにします。

データの移行

セキュリティで保護されたストア アプリケーションは、対象の環境には移行されません。

重要: SharePoint で "アクセスなし" (ロック済み) として構成されているすべてのサイトはスキップされます。ロックされているサイト コレクションの一覧を見るには、[ロックされたサイト] スキャン出力を参照してください。

移行の準備

スキャン結果に表示される Secure Store アプリケーションが、ターゲット プラットフォームで必要かどうかを判断します。必要な場合は、移行テスト時に新しいプラットフォームのテナント管理で作成します。

注: ターゲット環境では、制限付きグループの種類のみがサポートされます。

移行後

ターゲット環境で Secure Store アプリケーションを作成した場合、期待どおりに動作することを確認します。

スキャン結果レポート

SecureStoreApplications detail.csv には   スキャン レポートには、ソースの環境で構成されている Secure Store のアプリケーションが含まれています。提供された情報は、必要な場合は、対象の環境でアプリケーションを再作成するために十分なはずです。

注: ユーザー プロファイルに関連する Secure Store アプリケーション エントリが表示される場合、CustomProfilePropertyMappings 出力と修復ファイルを確認し、使用中かどうかと、修復方法を判断します。

説明

ApplicationID

Secure Store アプリケーション ID。

Name

Secure Store アプリケーションの名前。通常、アプリケーション ID と同じです。

FriendlyName

Secure Store のアプリケーションの FriendlyName フレンドリ名です。

ContactEmail

ContactEmail 連絡先のメール アドレスが Secure Store のアプリケーションに関連付けられています。

ApplicationType

Secure Store アプリケーションの種類。vNext でサポートされているオプションは、制限付きグループのみです。

CredentialManagementURL

資格情報の管理に関連付けられている URL。通常、これはユーザーが設定したデータではありませんが、参考のために提供されます

TicketTimeout

Secure Store アプリケーションに関連付けられているチケット タイムアウト。

ScanID

一意の識別子が SharePoint 移行評価ツールの特定の実行に割り当てられています。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×