移行評価スキャン: BCS

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データを移行する前に、BSC を使用して問題を解決する方法を説明します。

概要

Business Connectivity Services (BCS) は、Office SharePoint Server 2007 用に作成されたビジネス データ カタログの機能強化版として SharePoint 2010 において導入されました。BCS を使用することで、SharePoint は、Windows Communication Foundation (WCF) サービスまたは Open Data (OData) エンドポイントによって公開される他のデータ駆動アプリケーションに加えて、SAP、ERP、CRM などの外部データ システムのデータにアクセスできます。

データの移行

BCS アプリケーションは移行先環境に移行されません。アクセスしているデータの種類および場所によっては、BCS ハイブリッド ソリューションの実装が必要になる場合があります。

重要: SharePoint で "アクセスなし" (ロック済み) として構成されているすべてのサイトはスキップされます。ロックされているサイト コレクションの一覧を見るには、[ロックされたサイト] スキャン出力を参照してください。

移行の準備

移行元環境に展開されている BCS アプリケーションを確認し、それらのアプリケーションが移行後に必要かどうかを決定します。必要な場合は以下のようにします。

  • ハイブリッド BCS 構成を構成します。

  • インターネットにアクセスするために必要なデータ ソースを公開して、移行先環境から接続できるようにします。

その後、移行検証フェーズ中の任意の時点で、移行先環境に更新された BCS アプリケーションをプッシュします。

移行後

BCS アプリケーションに依存するソリューションが新しく展開された BCS アプリケーションで機能することを確認します。

スキャン結果レポート

次の表では、 BCS.csvレポート内の列について説明します。

このファイルには、移行先環境に展開される BCS LobSystem 定義と、定義およびその用途の識別に役立つ情報が含まれます。

説明

システムの種類

返されるアイテムの種類。 たとえば、WFC やデータベースが返されることがあります。

名前

BCS 定義の名前。

エンティティ

定義に含まれるエンティティ。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×