移行評価スキャン: ロック済みサイト

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

移行中にロック済みサイトで発生する問題を軽減する方法について説明します。

概要

サイトを構成すると、SharePoint で「アクセス権のなし」として、サイトのユーザーと、システムの両方でアクセシビリティを考慮したはできません。その結果、さまざまな移行前のスキャンが「アクセス権なし」として構成されているすべてのサイトを無視するように構成されています。 ロックされていることをお勧めします。

データの移行

移行ツールはロック済みサイトのコンテンツを読み取ることができないので、ロック済みサイトは移行先環境に移行できません。

重要: SharePoint で "アクセスなし" (ロック済み) として構成されているすべてのサイトはスキップされます。ロックされているサイト コレクションの一覧を見るには、[ロックされたサイト] スキャン出力を参照してください。

移行の準備

ロックされているサイトの一覧が正しいことを確認します。「アクセス権なし"として正しく設定されているサイトを使っている場合に、「ロックされていない」のロック状態を更新します。

移行後

移行先環境でサイトのロック状態を管理するには、SharePoint Online Management Shell を利用します。

vNext でサイト コレクションのロックを解除する方法
  1. サイトのロックを解除するには、PowerShell の Set-SPSite コマンドレットを使用します。

  2. コマンドレットをダウンロード、SharePoint Online Management Shell をダウンロードしますhttps://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=35588

  3. SharePoint Management Shell を起動します

  4. Set-SPSite -LockStatus Unlock を実行します

サイトを "アクセスなし" に設定する方法
  1. サイトをロックするには、PowerShell の Set-SPSite コマンドレットを使用します。これは、ユーザーがサイトにアクセスできない点が、"アクセスなし" に似ています。

  2. コマンドレットをダウンロード、SharePoint Online Management Shell をダウンロードしますhttps://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=35588

  3. SharePoint Management Shell を起動します

  4. Set-SPSite -LockStatus NoAccess を実行します

サイトを "読み取り専用" に設定する方法
  1. Set-SPSite では、サイトを "読み取り専用" に設定できません。代わりに、サイト コレクションのサイト コレクション ポリシーを使用します。

  2. "読み取り専用" にするサイトを参照します。

  3. 右上の歯車アイコンをクリックし、[サイトの設定] を選びます

  4. [サイト ポリシー] をクリックします

  5. [作成] をクリックする

    • a. [名前] と [説明] を入力します

    • [サイトを自動的にクローズも削除もしない] をオンにします

    • [サイト コレクションを閉じると読み取り専用になります] をオンにします

    • [OK] をクリックする

  6. [サイトの設定] で [サイトのクローズと削除] をクリックします

    1. [サイト ポリシー] で、手順 4 から [読み取り専用] ポリシーを選びます。

    2. [OK] をクリックする

    3. [サイトのクローズと削除] に戻り、[今すぐこのサイトをクローズする] をクリックします サイトが "読み取り専用" になります

    4. サイト コレクション管理者だけがこのサイトにアクセスして [開く] をクリックできます。

スキャン結果レポート

LockedSites.csv このスキャン レポートでは、SharePoint で「アクセス権のなし」として構成されている Url の一覧が表示されます。

説明

URL

"アクセスなし" として構成されているサイト コレクションの URL。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×