移行に対する配慮

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

Windows SharePoint Services 3.0サイトとサイト リスト、リスト アイテム、およびフォルダーなどのパーツWindows SharePoint Services 3.0の他のサイトに移行することができます。他のサイトは、 Windows SharePoint Services 3.0のまったく異なる展開でのフロント エンド Web サーバーやファームでは、同じ、別のフロント エンド Web サーバーに、元のサイトと同じフロント エンド Web サーバーで実行することができます。異なる権限は移行するためのさまざまな方法で必要なサイトです。

所有者またはサイト コレクションの管理者の場合は、いくつかの移行のタスクを完了できます。その他のサイト所有者やデザイナーは、移行プロセスを理解して、サイトの移行に関する情報を提供するこのトピックを使用できます。サーバー管理者のための移行については、 Microsoft TechNet Web サイト上の Windows SharePoint Services ページサーバーの全体管理のページにヘルプを参照してください。

移行方法

Windows SharePoint Services 3.0Windows SharePoint Services 3.0で拡張が別の SharePoint Web アプリケーションをサイト コレクション、サイト、またはサイト内のオブジェクトの任意の組み合わせを移行するさまざまな方法を提供します。移行がWindows SharePoint Services 3.0からWindows SharePoint Services 3.0のみにオブジェクトを移動する対象とするとします。以前のバージョンの Windows SharePoint Services サイト、コンテンツ、またはその他のオブジェクトは、 Windows SharePoint Services 3.0に移行することはできません。

以下の表に、移行方法の種類とその概要を示します。

注: この表の「必須権限」列は、それぞれの方法で移行を行うために必要な権限を示します。必要な権限を持っていない場合は、適切なチーム メンバに依頼して権限を割り当ててもらうか、自分の代わりに移行を実行してもらってください。

Metho d

コメント

必須権限

Stsadm.exe のコマンド ラインで -o backup および -o restore を使用する。

サイト コレクション全体を移行する場合は、この方法が最適です。これ以外の方法では、ワークフロー、通知、メタデータをサイト コレクション レベルで移行することはできません。

ローカル管理者グループのメンバ、またはファームの管理者グループ (サーバーの全体管理レベル) のメンバであること

サーバーの全体管理の [サーバー構成の管理] ページで [バックアップの実行] リンクと [バックアップからの復元] リンクを使用する。

サイトを個別に移行するには、この方法が一番簡単です。

ファームの管理者グループ (サーバーの全体管理レベル) のメンバであること

Windows SharePoint Services のオブジェクト モデルを使用する。

これは、新しいWindows SharePoint Services 3.0と最も柔軟な方法です。サイトとサイト レベルの下にあるオブジェクトの任意の組み合わせを移行するのには、オブジェクト モデルの移行に関連するアプリケーション プログラミング インターフェイス (Api) を使用できます。

サイト コレクションの管理者であること (移行対象オブジェクトの読み取り権限と、移行先サイトのオブジェクトの変更権限が必要)

Windows SharePoint Services 対応の Web ページ エディタ (Microsoft Office SharePoint Designer 2007 など) を使用する。

Web サイトの全体の移行のみ可能です。オブジェクトのグローバル一意識別子 (GUID) は移行されないため、移行後のオブジェクトは、いずれもグローバルに一意ではなくなります。

サイト コレクションの管理者であること (移行対象オブジェクトの読み取り権限と、移行先サイトのオブジェクトの変更権限が必要)

移行プロセス (オブジェクト モデル)

Windows SharePoint Services のオブジェクト モデルを使用すると、同じ Web サーバー内、同じサーバー ファーム内の異なる Web サーバー間、または、異なるサーバー ファーム間でオブジェクトを移行することができます。ここでは、オブジェクト モデルを使用して、ステージング サーバーから運用サーバーへと、サイトとその他のオブジェクトを移行する場合のシナリオを説明します。実際にオブジェクト モデルを使用するには、ステージング サーバーと運用サーバーの両方の管理者権限が必要ですが、サイト所有者の立場でもこの移行シナリオを理解していれば、円滑に移行できるよう協力することができます。以下の図に示すように、このシナリオでは、ステージング サーバーを使用して、SharePoint サイトに対する変更を作成およびテストします。変更内容はテスト後、ユーザーがアクセスする運用サーバーに移行されます。

注: オブジェクト モデルを使用してステージング サーバーから運用サーバーへと、サイトとその他のオブジェクトを移行するには、ステージング サーバーと運用サーバーの両方で所定の権限 (上記の表の「必須権限」列を参照) を有している必要があります。必要な権限を持っていない方は、サーバー管理者に依頼して権限を割り当ててもらうか、自分の代わりに移行操作を行ってもらってください。

PRIME による移行のワークフロー

1. サーバー管理者がステージング サーバーにログオンし、ステージング サーバー上で動作しているオブジェクト モデルにアクセスするためのスクリプトを作成して実行します。ステージング サーバーで実行したスクリプトによって、移行パッケージが .cab ファイルの形式でファイル共有に作成されます。

注: .cab ファイルを作成するには、ファイル共有での書き込み権限が必要です。また、この .cab ファイルをインポートするには、ファイル共有での読み取り権限が必要です。

2. サーバー管理者が運用サーバーにログオンし、移行関連の API を使用して移行パッケージを運用サーバーに展開します。

パッケージが運用サーバーに移行されたら、サーバー管理者は、サイトが正しく移行されたかどうかを検証します。この作業には、リンクのチェック、セキュリティ設定の確認、Web パーツの動作確認などが含まれます。

オブジェクト モデルを使用すると、サイト以下の任意の階層にある任意のオブジェクトを選択することができるため、オブジェクト モデルは、ソース サーバーで変更が加えられた項目だけを移行するために使用できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×