移動、回転、または Mac の図、テキスト ボックス、または Office の他のオブジェクトをグループ化

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office for Mac、ドラッグして、テキスト ボックス、図形、ワードアート、または画像を移動することができ、回転または反転することによって、オブジェクトの位置を変更することができます。

  1. 移動するオブジェクトをクリックします。

  2. オブジェクトを目的の位置までドラッグします。

    • 複数のオブジェクトを移動するには、shift キーを押し、目的のオブジェクトを選択するとします。

    • オブジェクトを上下または左右に少しずつを移動するには、オブジェクトをクリックして、Command キーを押し、矢印キーを押します。メモを Word でのみを使用してこの上または下に移動します。

    • オブジェクトに制限する水平方向または垂直方向に移動できるようにには、shift キーを押しながら、オブジェクトをドラッグします。

  1. 回転させるオブジェクトをクリックします。

  2. オブジェクトの上部の回転ハンドルをクリックし、任意の方向へドラッグします。

    回転ハンドルのある図形

    • 回転角度を 15 度に制限するには、Shift キーを押しながら回転ハンドルをドラッグします。

    • 複数の図形を回転する場合、グループとして回転するのではなく、各図形が図形自体を中心に回転します。

    • または、オブジェクトを選択、Option キーを押し、および回転を左または右方向キーを押します。

  1. 回転するオブジェクトをクリックします。

  2. [図形の書式設定] タブまたは [図の書式設定] タブの [配置] グループで、[回転] をクリックします。

    [書式] タブの [回転] ボタン

    • [図形の書式設定] タブまたは [図の書式設定] タブが表示されない場合は、テキスト ボックス、図形、ワードアート、または図を選んでいるかどうかを確認します。

    • 画面のサイズが縮小されている場合、[回転] ボタンが表示されないことがあります。[回転] ボタンが表示されない場合、[配置] をクリックすると、非表示になっていたボタンが [配置] グループに表示されます。

      [配置] メニューの [回転] ボタン [配置] メニューの [回転] ボタン

  3. [その他の回転オプション] をクリックします。

    Office for Mac の [図形の回転] メニュー
  4. 開いたダイアログ ボックスまたはウィンドウの [回転] ボックスに、オブジェクトを回転させる角度を入力します。方向キーを使ってオブジェクトを目的の位置に正確に回転させることもできます。

  1. 回転するオブジェクトをクリックします。

  2. [図形の書式設定] タブまたは [図の書式設定] タブの [配置] グループで、[回転] をクリックします。

    [書式] タブの [回転] ボタン

    • [図形の書式設定] タブまたは [図の書式設定] タブが表示されない場合は、テキスト ボックス、図形、ワードアート、または図を選んでいるかどうかを確認します。

    • 画面のサイズが縮小されている場合、[回転] ボタンが表示されないことがあります。[回転] ボタンが表示されない場合、[配置] をクリックすると、非表示になっていたボタンが [配置] グループに表示されます。

      [配置] メニューの [回転] ボタン [配置] メニューの [回転] ボタン

  3. オブジェクトを右に 90 度回転するには、[右 90 度回転] をクリックし、左に 90 度回転するには、[左 90 度回転] をクリックします。

    Office for Mac の [図形の回転] メニュー

[反転] ツールを使用して、ミラー イメージの効果を作成したり、オブジェクトを上下に反転したりすることができます。

  1. 回転させるオブジェクトをクリックします。

  2. [図形の書式設定] タブまたは [図の書式設定] タブの [配置] グループで、[回転] をクリックします。

    [書式] タブの [回転] ボタン

    • [図形の書式設定] タブまたは [図の書式設定] タブが表示されない場合は、テキスト ボックス、図形、ワードアート、または図を選んでいるかどうかを確認します。

    • 画面のサイズが縮小されている場合、[回転] ボタンが表示されないことがあります。[回転] ボタンが表示されない場合、[配置] をクリックすると、非表示になっていたボタンが [配置] グループに表示されます。

      [配置] メニューの [回転] ボタン [配置] メニューの [回転] ボタン

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • オブジェクトを上下に反転するには、[上下反転] をクリックします。

    • オブジェクトのミラー イメージを作成するには、[左右反転] をクリックします。

      Office for Mac の [図形の回転] メニュー

オブジェクトをグループ化すると、グループとしてオブジェクトをまとめて書式設定、移動、コピーできるようになります。

  1. Shift キーを押し、オブジェクトをグループ化] をクリックし、によっては、クリックしたオブジェクトの種類の [図形の書式設定] タブまたは [図の書式設定] タブをクリックします。

  2. Word を使用している場合は、[配置] をクリックして >グループ>グループ

    オブジェクトをグループ化する

    PowerPoint または Excel を使用している場合は、グループのアイコンをクリックし、[グループ] をクリックします。

    オブジェクトをグループ化する

関連項目

Office for Mac で画像を挿入する

Office for Mac で図をトリミングする

Word 2016 for Mac でオブジェクト囲む文字列の折り返しを制御する

グループ化またはグループ解除] の図形、図、または Word 2016 for Mac では、その他のオブジェクト

Word

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. 移動するオブジェクトをクリックします。

  3. オブジェクトを目的の位置までドラッグします。

    • 複数のオブジェクトを移動するには、shift キーを押し、目的のオブジェクトを選択するとします。

    • オブジェクトを上下または左右に少しずつ上に移動するには、[オブジェクトをクリックして、Option キーを押し、矢印キーを押します。

    • 図を移動またはグループ化できない場合は、テキストの折り返しの設定を [行内] 以外に変更します。 そのためには、[図の書式設定] タブをクリックし、[配置] の [文字列の折り返し] をクリックしてから、目的のオプションをクリックします。

注: Word for Mac でテキストを回転させるには、まずテキストをテキスト ボックスに入れてから、テキスト ボックスを回転させる必要があります。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. 回転または反転するオブジェクトをクリックします。クリックしたオブジェクトの種類に応じて、[書式設定] タブまたは [図の書式設定] タブをクリックします。

  3. [配置] の [回転] をクリックします。

    Word の [配置] グループ

    オブジェクトをオブジェクトを任意の角度に回転するには、回転ハンドル 回転ハンドル をドラッグします。

  4. 次の操作を行います。

    目的

    操作

    オブジェクトを右に回転する

    [右 90 度回転] をクリックします。

    オブジェクトを左に回転する

    [左 90 度回転] をクリックします。

    オブジェクトを上下に反転する

    [上下反転] をクリックします。

    オブジェクトを左右に反転する

    [左右反転] をクリックします。

オブジェクトをグループ化すると、グループとしてオブジェクトをまとめて書式設定、移動、コピーできるようになります。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. Shift キーを押し、[グループ化オブジェクトをクリックし、クリックしたオブジェクトの種類に応じて、[書式] タブまたは [図の書式設定] タブをクリックします。

  3. [配置] で [グループ化] をクリックし、[グループ化] をクリックします。

    Word の [配置] グループ

    注: 図を移動またはグループ化できない場合は、テキストの折り返しの設定を [行内] 以外に変更します。 そのためには、[図の書式設定] タブをクリックし、[配置] の [文字列の折り返し] をクリックしてから、目的のオプションをクリックします。

PowerPoint

  1. 移動するオブジェクトをクリックします。

    複数のオブジェクトを選択するには、shift キーを押し、キーを押しながらのオブジェクトをクリックします。

  2. オブジェクトを目的の位置までドラッグします。

    • 複数のオブジェクトを移動するには、shift キーを押し、目的のオブジェクトを選択するとします。

    • オブジェクトを上下左右に少しずつ移動するには、オブジェクトをクリックし、方向キーを押します。

    • オブジェクトに制限する水平方向または垂直方向に移動できるようにには、shift キーを押しながら、オブジェクトをドラッグします。

注: PowerPoint for Mac でテキストを回転させるには、まずテキストをテキスト ボックスに入れてから、テキスト ボックスを回転させる必要があります。

  1. 回転または反転するオブジェクトをクリックします。クリックしたオブジェクトの種類に応じて、[書式設定] タブまたは [図の書式設定] タブをクリックします。

    複数のオブジェクトを選択するには、shift キーを押し、キーを押しながらのオブジェクトをクリックします。

  2. [配置] の [回転] をクリックします。

    [配置] グループ

    オブジェクトをオブジェクトを任意の角度に回転するには、回転ハンドル 回転ハンドル をドラッグします。

  3. 次の操作を行います。

    目的

    操作

    オブジェクトを右に回転する

    [右 90 度回転] をクリックします。

    オブジェクトを左に回転する

    [左 90 度回転] をクリックします。

    オブジェクトを上下に反転する

    [上下反転] をクリックします。

    オブジェクトを左右に反転する

    [左右反転] をクリックします。

オブジェクトをグループ化すると、グループとしてオブジェクトをまとめて書式設定、移動、コピーできるようになります。

  1. Shift キーを押し、[グループ化オブジェクトをクリックし、クリックしたオブジェクトの種類に応じて、[書式] タブまたは [図の書式設定] タブをクリックします。

  2. [配置] で [グループ化] をクリックし、[グループ化] をクリックします。

    [配置] グループ

Excel

  1. 移動するオブジェクトをクリックします。

    複数のオブジェクトを選択するには、shift キーを押し、キーを押しながらのオブジェクトをクリックします。

  2. オブジェクトを目的の位置までドラッグします。

    • 複数のオブジェクトを移動するには、shift キーを押し、目的のオブジェクトを選択するとします。

    • オブジェクトを上下左右に少しずつ移動するには、オブジェクトをクリックし、方向キーを押します。

    • オブジェクトに制限する水平方向または垂直方向に移動できるようにには、shift キーを押しながら、オブジェクトをドラッグします。

注: Excel for Mac でテキストを回転させるには、まずテキストをテキスト ボックスに入れてから、テキスト ボックスを回転させる必要があります。

  1. 回転または反転するオブジェクトをクリックします。クリックしたオブジェクトの種類に応じて、[書式設定] タブまたは [図の書式設定] タブをクリックします。

    複数のオブジェクトを選択するには、shift キーを押し、キーを押しながらのオブジェクトをクリックします。

  2. [配置] の [回転] をクリックします。

    [配置] グループ

    オブジェクトをオブジェクトを任意の角度に回転するには、回転ハンドル 回転ハンドル をドラッグします。

  3. 次の操作を行います。

    目的

    操作

    オブジェクトを右に回転する

    [右 90 度回転] をクリックします。

    オブジェクトを左に回転する

    [左 90 度回転] をクリックします。

    オブジェクトを上下に反転する

    [上下反転] をクリックします。

    オブジェクトを左右に反転する

    [左右反転] をクリックします。

オブジェクトをグループ化すると、グループとしてオブジェクトをまとめて書式設定、移動、コピーできるようになります。

  1. Shift キーを押し、[グループ化オブジェクトをクリックし、クリックしたオブジェクトの種類に応じて、[書式] タブまたは [図の書式設定] タブをクリックします。

  2. [配置] で [グループ化] をクリックし、[グループ化] をクリックします。

    [配置] グループ

関連項目

オブジェクトを配置する

オブジェクトのサイズを変更します。

テキスト ボックスを挿入する

レイヤー内のオブジェクトを操作する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×