知っておきたいメールの基本機能 (2)

この記事は以下の 3 ページから構成されています。

  1. メールを使う前に準備しよう

    アカウントの設定を変更しよう

    本文の形式を設定しよう

    署名を設定しよう

  2. 本文の見た目を変えてみよう(このページ)

    文字の書式設定の種類

    メール本文に書式を設定しよう

  3. 他のメールアカウントを Outlook に取り込もう

本文の見た目を変えてみよう

Outlookではメール本文に書式を設定して、フォントを変更したり、文字に色を付けたりすることができます。

ここでは、メール本文に書式を設定する方法について説明します。

文字の書式設定の種類

メール本文の書式設定は、主に[メッセージ] タブの [フォント] で行います。

[メッセージ]タブの[フォント]

また、文字を選択すると、ミニ ツールバーと呼ばれる半透明の小さなツールバーが表示されます。ミニ ツール バーでも書式を設定することができます。

ミニ ツール バー

表示されるボタンの名前と役割については、次の表を参照してください。これらを組み合わせて、メール本文の書式を設定します。

ボタン

名称

役割

フォントアイコン

フォント

フォントを変更します。

文字の大きさアイコン

フォント サイズ

文字のサイズを変更します。

フォントサイズの拡大アイコン

フォント サイズの拡大

文字のサイズを拡大します。

フォントサイズの縮小アイコン

フォント サイズの縮小

文字のサイズを縮小します。

箇条書きアイコン

箇条書き

文字を箇条書きにします。

段落番号アイコン

段落番号

文字を番号付きの箇条書きにします。

すべての書式をクリアアイコン

すべての書式をクリア

選択した文字の書式設定をすべて解除して、書式設定なしの文字にします。

太字アイコン

太字

文字を太字にします。

斜体アイコン

斜体

文字を斜体にします。

下線アイコン

下線

文字に下線を付けます。

蛍光ペンの色アイコン

蛍光ペンの色

文字の色を変更します。

フォントの色アイコン

フォントの色

文字の色を変更します。

左揃えアイコン

左揃え

文字を左に揃えます。

中央揃えアイコン

中央揃え

文字を中央に揃えます。

右揃えアイコン

右揃え

文字を右に揃えます。

均等割り付けアイコン

均等割り付け

文字を均等に配置して、文字の端を揃えます。

インデントを減らすアイコン

インデントを減らす

先頭の文字の余白を減らします。

インデントを増やすアイコン

インデントを増やす

先頭の文字の余白を増やします。

ヒント ボタンには選択された状態と、非選択の状態がある

文字の書式設定のボタンには、選択された状態 ( 選択状態アイコン ) と選択されていない状態 (リボンと同じ色: 太字アイコン ) のものがあります。

その機能が適用されているときに、"選択された状態" になり、ボタンをクリックすることで、2 つの状態を切り替えることができます。

ヒント 書式を設定できないメール形式がある?

メール本文の形式が [テキスト] の場合、書式設定の各ボタンはグレーで表示され、書式は設定できません。

書式を設定する場合は、メール本文の形式を [HTML] または [リッチ テキスト]にしてください。

本文の形式

ページの先頭

メール本文に書式を設定しよう

ここでは文字の大きさ、色、箇条書きを設定してみましょう。

  1. まずはメールの本文を入力します。

    メール本文の入力
  2. “バーベキュー”の文字を選択します。

    “バーベキュー”の選択

    ミニ ツール バーが表示されます。

    ミニ ツール バーの表示
  3. ミニ ツール バーの [フォント サイズ] から [18] を選択します。

    文字サイズの選択

    選択した文字のサイズが大きくなります。

    文字サイズの変更
  4. 次に候補地の4行を選択します。

    箇条書きを選択
  5. ミニ ツール バーの [箇条書き] から [・] を選択します。

    箇条書きの形式を選択

    選択した行が箇条書きになります。

    箇条書きの適用
  6. 次に箇条書きの 2 行目と 3 行目を選択し、ミニ ツール バーの [フォントの色] で文字を青色にします。

    文字の色を青色に変更

    同様に、4行目の文字を赤色にします。

    文字の色を赤色に変更

    これで文字の大きさ、色、箇条書きの書式を設定できました。

    ほかの文字も自由に書式を変えてみましょう。

    その他の変更

ページの先頭

次は「他のメールアカウントを Outlook に取り込もう」です。

<<前へ 123 | 次へ>>

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×