知っておきたいメールの基本機能 (1)

Outlook のメール機能を円滑に利用するために、メールの基本機能を学習しましょう。

この記事は以下の 3 ページから構成されています

  1. メールを使う前に準備しよう (このページ)

    アカウントの設定を変更しよう

    本文の形式を設定しよう

    署名を設定しよう

  2. 本文の見た目を変えてみよう

    文字の書式設定の種類

    メール本文に書式を設定しよう

  3. 他のメールアカウントを Outlook に取り込もう

メールを使う前に準備しよう

ここでは、メールを送受信するために必要なアカウント情報の設定方法や、新しいメールを作成したときに適用される本文の形式など、メールを利用する前に準備しておく事柄について説明します。

アカウントの設定を変更しよう

利用するメールアドレスが変更になったり、パスワードを変更したいときは、アカウントの設定を変更してください。

  1. 画面左上の [ファイル] メニューをクリックします。

    [ファイル]をクリック
  2. 表示される画面で、[アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    [アカウント設定]をクリック

    [アカウント設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. 対象のアカウントを選択し、[変更] をクリックします。

    アカウント選択

    [アカウントの変更] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. アカウントの各種設定を変更し、[次へ] をクリックします。

    アカウントの各種設定を変更

    [テスト アカウント設定] ダイアログ ボックスが表示され、受信メールサーバー (pop3) への接続と、テストメールの送信が実行されます。

  5. 各項目の左側に 完了アイコン が表示され、[状況] 欄に ”完了” と表示されたら、 [閉じる] をクリックします。

    テストメールの送信状況

    [アカウントの変更] ダイアログ ボックスに戻ります。

    ヒント [インターネット電子メール] ダイアログ ボックスが表示されたら?

    ユーザー名またはパスワードが間違っている場合は、[インターネット電子メール] ダイアログ ボックスが表示されます。正しいユーザー名またはパスワードを入力して、[OK] をクリックしてください。

    インターネット電子メールダイアログボックス

    ヒント [エラー] タブにエラー情報が表示された場合は!

    受信メールサーバーへの接続またはテストメールの送信に失敗すると、[エラー] タブにエラー情報が表示されます。[閉じる] をクリックすると [アカウントの変更] ダイアログ ボックスに戻るので、もう一度正しいアカウント情報を入力し直してください。

    テストメールの送信エラー
  6. [完了] をクリックします。

    アカウント設定完了

    [アカウント設定] ダイアログ ボックスに戻ります。

  7. [閉じる] をクリックします。

    [閉じる]をクリック

    元の画面に戻り、テストメールを受信したら、アカウント設定の変更は完了です。

    テストメールの受信

ページの先頭

本文の形式を設定しよう

Outlook 2013のメール本文には、”HTML”、”テキスト”、”リッチ テキスト” の3種類の形式があります。新しくメールを作成したときによく使う形式が適用されるように設定しておくと、形式を変更する手間が省けて便利です。

  1. 画面左上の [ファイル] メニューをクリックします。

    [ファイル]をクリック
  2. 2. 表示される画面で、[オプション] をクリックします。

    [オプション]をクリック

    [Outlook のオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. ダイアログ ボックス左側の [メール] をクリックします。

    [メール]をクリック

    メール機能に関する設定項目が表示されます。

  4. [次の形式でメッセージを作成する] でメールを作成するときの本文の形式を選択し、[OK] をクリックします。

    新しくメールを作成するときに適用される本文の形式が設定されます。

    本文の形式を選択

ページの先頭

署名を設定しよう

メールの文末に挿入する名前や電話番号、メールアドレスなどの文字を”署名”といいます。新しくメールを作成したときに自動的に署名が挿入されるように設定しておくと、メールを作成するたびに署名を挿入する手間が省けて便利です。

  1. 画面左上の [ファイル] メニューをクリックします。

    [ファイル]をクリック
  2. 表示される画面で、[オプション] をクリックします。

    [オプション]をクリック

    [Outlook のオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. ダイアログ ボックス左側の [メール] をクリックします。

    [メール]をクリック

    メール機能に関する設定項目が表示されます。

  4. [署名] をクリックします。

    [署名]をクリック

    [署名とひな形] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. [新規作成] をクリックします。

    [新規作成]をクリック

    [新しい署名] ダイアログ ボックスが表示されます。

  6. 署名の名前を入力し、[OK] をクリックします。

    署名の名前を入力

    新しい署名が作成されます。

    新しい署名の作成

    次に実際にメールに挿入する署名を編集します。

  7. [署名の編集] 欄に任意の署名を入力します。

    署名には氏名や電話番号、メールアドレスを入力できるほか、文字を装飾したり、画像を入れたりすることもできます。

    署名を入力

    ヒント 文字に色を付けたり、文字の大きさを変えたい!

    入力欄の上にあるツールボタンを利用すると、フォントや文字の大きさ、文字の色などを変更できます。

    ただし、装飾した文字は、メールを受信する相手のメールソフトが対応していないと正しく表示されない場合があります。

    フォントアイコン :選択している文字のフォントを変更します。

    文字の大きさアイコン :選択している文字の大きさを変更します。

    太字アイコン :選択している文字を太くします。

    斜体アイコン :選択している文字を斜体にします。

    下線アイコン :選択している文字にアンダーラインを付けます。

    フォントの色アイコン :選択している文字の色を変更します。

    左揃えアイコン :選択している行を左揃えにします。

    中央揃えアイコン :選択している行を中央揃えにします。

    右揃えアイコン :選択している行を右揃えにします。

    名刺挿入アイコン :名刺に登録されている情報を挿入します。

    画像挿入アイコン :画像を挿入します。

    URL挿入アイコン :ホームページなどのURLを挿入します。

  8. 署名の編集が終わったら、[保存] をクリックします。

    [保存]をクリック

    編集した署名が保存され、[新しいメッセージ] に登録した署名がセットされます。

    署名のセット

    これで新しいメールを作成したときに署名が自動的に挿入されるようになりました。

  9. [OK] をクリックします。

    [OK]をクリック

    [Outlook のオプション] ダイアログ ボックスに戻ります。

  10. [OK] をクリックします。

    [OK]をクリック

    元の画面に戻ります。

    これで事前の準備は完了しました。

ページの先頭

次は「本文の見た目を変えてみよう」です。

1 23 | 次へ>>

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×