矢印や顔文字などの記号を自動的に挿入する

オートコレクトをオンにすると、事前定義されているオートコレクト エントリの一覧を利用し、矢印や顔文字 (絵文字) などの記号を自動挿入できます。

注: テキストが記号に替えられないときは、場合によっては、オートコレクト機能をオンにする必要があります。

次の手順では、 Outlookで使用できる記号を挿入、オート コレクト] を有効にして、独自のオート コレクトの項目を設定する方法について説明します。手動で Unicode 文字コードを使用して、記号を挿入する方法については、挿入する記号または特殊文字を参照してください。

オートコレクトを利用し、事前定義されている記号を挿入する

次の一覧にある、事前定義されているオートコレクト エントリを Outlook で入力し、記号に替えられる様子を観察してください。たとえば、「-->」を入力すると、 → が挿入されます。

入力する文字

挿入される記号または特殊文字

(c)

著作権記号

(r)

登録マーク

(tm)

商標記号

...

:) または :-)

笑った顔

:| または :-|

真面目な顔

:( または :-(

不満そうな顔

-->

→

<--

左向きの矢印

<==

太い左矢印

<=>

双方向の矢印

==>

太字の→

オートコレクトをオンにする

  1. [ファイル] タブで、[オプション] を選択します。

  2. 左側の列で [メール] を選びます。

  3. [メッセージの作成] で、[スペル チェックとオートコレクト] を選択します。

  4. [文章校正] の [オートコレクト オプション] で、[オートコレクト オプション] を選択します。

  5. [電子メールのオートコレクト] ダイアログ ボックスの [オートコレクト] タブで、[入力中に自動修正する] チェック ボックスを選択します。

  6. 独自のオートコレクト エントリを設定する」に進んでください。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [編集オプション] をクリックします。

  2. [文章校正] をクリックします。

  3. [オートコレクト オプション] で、[オートコレクト オプション] をクリックし、[オートコレクト] タブをクリックします。

  4. [入力中に自動修正する] チェック ボックスを選択します。

  5. 独自のオートコレクト エントリを設定する」に進んでください。

独自のオートコレクト エントリを設定する

  1. [挿入] タブの [記号と​​特殊文字] グループで、[記号と​​特殊文字]、[その他の記号] の順にクリックします。

    Word のリボンの画像

  2. [記号と特殊文字] タブまたは [特殊文字] タブをクリックします。

  3. オートコレクト エントリとして設定する記号または特殊文字を選択します。

  4. [オートコレクト] をクリックします。

    注: 記号や文字が [修正後の文字列] ボックスに表示されます。

  5. [修正文字列] ボックスには、Word で記号または文字に自動的に変更させる文字列を入力します。たとえば、「\alpha」と入力します。

  6. [追加]、[OK] をクリックして、[記号] ダイアログ ボックスを閉じます。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×