着信の転送オプションを設定する

デスクから離れている場合やその他の理由で電話に応答できない場合に、Communications Server Attendant で着信を転送する方法を指定できます。

[着信の転送設定] ウィンドウを開く

  • メニュー バーで、[着信の転送設定を表示または変更します] アイコンをクリックします。

自分が通話を受信したときは次のように処理する

  • [自分に電話をかける] を選択すると、着信によって [現在の設定の概要] に示された既定の電話番号が呼び出されます。

  • [自分と自分のチーム呼び出しグループに電話をかける] を選択すると、着信により [現在の設定の概要] に示された既定の電話番号が呼び出され、チーム呼び出しグループのすべての番号が呼び出されます。[応答のない通話を以下に転送する] で、[ボイス メール] をクリックし、応答のない通話をボイス メールにリダイレクトします。

  • 通話を自動的に別の番号にするか、または Communications Server Attendant での応答を連絡の選択肢に含めない場合は、[自分のボイス メール、番号、または連絡先に転送する] を選択します。

自分の代わりに通話に応答するチーム呼び出しグループのメンバを追加する

呼び出しグループは、自分と自分の代わりに着信に応答できる 1 名以上のメンバで構成されます。

チーム呼び出しグループのメンバを追加するには

  1. [追加] をクリックします。

  2. チーム呼び出しグループに追加するメンバの名前を入力し、検索結果の一覧でそのメンバ名をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

チーム呼び出しグループの電話よりも先に自分の電話が鳴るように呼び出しの遅延を設定するには

  1. [呼び出しの遅延] をクリックします。

  2. [呼び出しの遅延を有効にする] をクリックします。

  3. 遅延時間を設定します。

  4. [OK] をクリックします。

チーム呼び出しグループのメンバを削除するには

  1. [チーム呼び出しグループ] の一覧で、メンバの名前をクリックします。

  2. [削除] をクリックします。

応答のない通話を以下に転送する

  • [ボイス メール] をクリックして、通話をボイス メールボックスに転送します。

  • [連絡先] をクリックして通話を連絡先の 1 人に送ります。[連絡先の追加] ウィンドウで、通話を送信する相手の名前を入力します。

送信前に指定の秒数間呼び出す

[リダイレクト前に呼び出す秒数] オプションを使用すると、着信時の着信音を鳴らす秒数 (5 ~ 59 秒) を設定できます。この時間だけ着信音を鳴らした後に、着信がボイス メールまたは別の連絡先にリダイレクトされます。

これらの設定を Outlook で指定された業務時間にのみ適用する

[これらの設定を Outlook で指定された業務時間にのみ適用する] チェック ボックスをオンにすると、Outlook の仕事の予定表で指定した業務時間中にのみ着信の転送設定が適用されます。このチェック ボックスをオンにする前に、Outlook の仕事の予定表を確認してください。このオプションは、業務時間中は自宅で通話を受け、それ以外の時間は自宅で仕事の電話を受けないようにする場合などに特に便利です。詳細については、「Only apply these settings during my working hours specified in Outlook (英語)」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×