着信の自動転送と通話の転送

Microsoft Lync 2010 通信ソフトウェアを使用すると、他の人に簡単に通話を転送したり着信を自動転送したりすることができるようになります。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

通話を転送する

通話をパークする

着信を自動転送する

着信の自動転送を設定する

同時呼び出しを設定する

応答できない着信の転送先を指定する

着信をリダイレクトする

代理人として着信に応答してから転送する

通話を転送する

通話を転送する場合、会話ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。

  • [転送] ボタンをクリックします。

  • 別の番号 (携帯電話など) をクリックします。

  • [別の人または番号] をクリックし、表示されるダイアログ ボックスで、その通話を転送する連絡先を検索または選択します。

  • [現在の会話] をポイントし、この通話とマージする会話をクリックします。

ページの先頭へ

通話をパークする

通話をパークするようにシステムがセットアップされていれば、通話をパークできます。パークすると、通話が保留になり、別の人がその通話を取得することができます。

  1. 会話ウィンドウで、[転送] ボタンをクリックし、[パーキング] をクリックします。

  2. 会話ウィンドウに通知が表示され、通話を取得するために呼び出す必要がある番号が表示されます。

  3. 通話に応答してもらうチームに連絡し、通知に表示されている番号を知らせます。

パークできるのは通話の音声部分のみです。たとえば、ビデオ、インスタント メッセージ、会話の共有部分は終了します。3 人以上が参加している通話をパークすることはできません。

パークされた通話は保留解除用の番号をダイヤルすればだれでも取得できるため、通話に応答してもらう人が個別にわかっている場合は、パークではなく転送するほうがよいでしょう。

ページの先頭へ

着信を自動転送する

着信を自動転送するには、転送ルールを設定します。着信の自動転送は、組織でその機能をサポートするように構成されている場合にのみ使用できます。使用可能な Microsoft Lync 2010 の機能がわからない場合、所属する組織のサポート チームに問い合わせてください。

自動転送のオプションが有効になっていれば、Lync 2010 の自動転送機能を使用して、着信を別の番号または別の連絡先に転送することができます。着信の自動転送機能を使用すると、現在の場所に着信を転送できるので、移動中や、自宅で仕事をしている場合に特に役立ちます。オフィスにいないときでも、着信を自動的に同僚に転送できるので、大切な着信に応答できないということがなくなります。

着信の自動転送を設定する

[Lync - オプション] ダイアログ ボックスで自動転送を設定すると、すべての着信が選択した転送先に自動的に転送されます。着信しても、着信音は鳴らず、コンピューターに着信通知も表示されません。電話の着信をボイス メールに自動転送することもできます。詳細については、「ボイス メールの使用」を参照してください。

  1. Lync を開いて [オプション] ボタンをクリックし、[着信の転送] をクリックします。

  2. [着信の転送先] をクリックし、以下のいずれかを行います。

    • 携帯電話などの、別の番号をクリックします。

    • [新しい番号または連絡先] をクリックし、表示されるダイアログ ボックスで連絡先を検索するかクリックします。

    • [代理人] をクリックし、[代理人] ダイアログ ボックスで、着信に応答してもらう連絡先を追加します。指定の時間が経過した後で呼び出すように指定することもできます。

同時呼び出しを設定する

取り込み中や一時的に応答不可の場合のために、着信があったときに別の番号や連絡先を同時に呼び出すように設定できます。この設定によって、発信者が話し中の信号音を聞いたり、電話が不在着信になったりすることが避けられるようになります。同時に、発信者にはその電話が転送されていることがわかりません。

  1. [同時呼び出し] をクリックし、以下のいずれかを行います。

    • 携帯電話などの、別の番号をクリックします。

    • [新しい番号] をクリックし、表示されるダイアログ ボックスに新しい番号を入力します。

    • [代理人] をクリックし、[代理人] ダイアログ ボックスで、代わりに着信に応答してもらう連絡先を追加します。指定の時間が経過した後で呼び出すように指定することもできます。代理人はあなたに代わって電話をかけることができます。

  2. [チーム呼び出しグループ] をクリックし、[チーム呼び出しグループ] ダイアログ ボックスで、同時に着信に応答してもらう連絡先を追加します。指定の時間が経過した後で呼び出すように指定することもできます。

ページの先頭へ

応答できない着信の転送先を指定する

  1. Lync のメイン ウィンドウで、[オプション] ボタンをクリックして、[着信の転送] をクリックします。

  2. [不在時の着信の転送先] をクリックします。

  3. [不在時の着信] ダイアログ ボックスで、番号と遅延時間 (呼び出し時間) を選択します。

ページの先頭へ

着信をリダイレクトする

着信に応答する前に、その着信を個別にリダイレクトすることができます。詳細については、着信の応答または着信の辞退」を参照してください。

ページの先頭へ

代理人として着信に応答してから転送する

1 人または複数の人 (上司など) の代理人になった場合、その人の代わりに電話をかけたり受けたりすることができます。着信の通知には、別の人宛ての着信であることが表示されます。着信に応答してから通話を上司に転送することも、応答せずに着信をリダイレクトすることもできます。代理人から上司に転送された通話に上司が応答しなかった場合は、すべて、自動的に代理人に返されます。

  1. 会話ウィンドウで、[転送] ボタンをクリックします。

  2. 通話を転送する相手の名前をクリックします。

詳細については、「電話をかける」および「着信の応答または着信の辞退」を参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×