省略可能セクションを挿入します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

場合は、特定のユーザーのみに関連する Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレート上のセクションにある場合は、省略可能セクションをすることを検討してください。既定では、省略可能セクションは、ユーザーのフォームに表示されません。ユーザーは、挿入し、必要な場合にのみ、[オプション] セクションを入力します。

この記事の内容

省略可能セクションを使用する場合

ユーザー エクスペリエンス

省略可能セクションを挿入します。

ユーザーをクリックして [オプション] セクションを挿入するヒントのテキストをカスタマイズします。

既定で、フォーム上の省略可能セクションを表示します。

レイアウトのヒント

省略可能セクションを使用する場合

フォームの特定の部分を入力するかの選択肢をユーザーに提供する場合は、省略可能セクションを使用します。たとえば、業務報告書フォーム テンプレートでは、[オプションの [ノート] セクションを含めることができます。補足のメモを追加するユーザーは、挿入し、このオプションのセクションを入力します。セクションを非表示のままに誰ことができます。

ノートの収集に使うオプションのセクション

フォーム テンプレートに省略可能セクションを挿入すると、基本的には、空のコンテナーを挿入する場合にします。役に立つセクション コントロールの中に他のコントロールを挿入する必要があります。フォーム デザイナーが、ノートと、[オプション] セクション内のリッチ テキスト ボックスを挿入する前の例では、見出し。

関連するコントロール

InfoPath には、省略可能セクションに似ていますが、目的の異なる他のコントロールが含まれています。これらのコントロールのうちのどれに最適なフォーム テンプレートを決定するには、次の一覧を参照してください。

セクション   セクションを使用して、関連するコントロールのグループを構成します。既定では、フォーム テンプレート上のセクションが表示されます。非表示にするようには省略可能セクションを選ぶこともできません。

繰り返しセクション   ユーザーが複数回 (など、データベースのレコード) をフォームに挿入できる、セクションを作成するには、繰り返しセクションまたは別の繰り返しコントロールを使用します。

選択肢グループ   別のセクションに置き換えることができるセクションを挿入するには、選択肢グループを使用します。選択肢グループには、次の 2 つ以上のセクションが含まれています。既定では、以下のいずれかのフォームが表示されます。別のセクションに置き換えるには、ユーザーが選択できます。選択肢グループもを挿入するフォームの複数回ユーザー。

ページの先頭へ

ユーザー エクスペリエンス

既定の設定] セクションでオプションを有効にした場合、ユーザーは、フォーム テンプレートに基づくフォームを開いたときに、ヒントのテキストの横にあるオレンジ色の小さい矢印アイコンが表示されます。フォーム テンプレートをデザインする際は、ヒントのテキストをカスタマイズできます。

オプションのセクションのヒント テキスト

アイコンまたはヒントのテキストのいずれかをクリックすると省略可能セクションのヒントのテキストとアイコンで置き換え InfoPath します。ユーザーは、省略可能セクション内のコントロールにデータを入力できます。

省略可能セクションを削除するには、左上隅にあるオレンジ色のショートカット メニューの] ボタンが表示されるまで、ユーザーはセクションの上のポインターを移動します。ユーザーは、セクションを操作するためのオプションのメニューを表示するには、このボタンをクリックします。フォーム テンプレートをデザインする際に、メニュー コマンドをカスタマイズできます。

ショートカット メニューの [ノートの削除]

注: ユーザーが入力した後は省略可能セクションを削除、そのセクション内のデータは失われます、非表示にします。

ページの先頭へ

省略可能セクションを挿入します。

省略可能セクションを挿入する手順は、データベースやその他の外部データ ソースのフォーム テンプレートのデザインを基にしたか新しい、空白のフォーム テンプレートをデザインしているかどうかによって少し異なります。

次の図は、省略可能セクションがデザイン モードで選択されている場合をどのように見えるかを示します。

デザイン モードで空のオプション セクションが選択されている

コントロールは、バインドすることも、バインド解除することもできます。コントロールは、バインドされている場合、データ ソース内のフィールドまたはグループに接続されており、コントロールに入力したデータは、基になるフォーム (.xml) ファイルに保存されます。コントロールは、バインド解除されている場合、フィールドまたはグループに接続されておらず、コントロールに入力したデータは保存されません。コントロールを選ぶか、ポインターをコントロールの上に移動すると、コントロールの右上隅にテキストとバインド アイコンが表示されます。テキストは、コントロールがバインドされているデータ ソース内のグループまたはフィールドを示します。アイコンは、コントロールがグループまたはフィールドに適切にバインドされているかどうかを示します。バインドが適切である場合、緑色のアイコンが表示されます。バインドに問題がある場合、青色または赤色のアイコンが表示されます。

フォーム テンプレートのデータ ソースは、フィールドとデータ ソース] 作業ウィンドウでの階層ビューに表示されるグループで構成されます。省略可能セクションは、常に、フォーム テンプレートのデータ ソース内のグループにバインドします。省略可能セクション内の各コントロールは、セクションのグループの一部であるフィールドにバインドされています。

次の例では、ノートにフォーム テンプレート上のオプション] セクションは、[データ ソース] 作業ウィンドウでノートのグループにバインドされています。

フォーム テンプレート上のオプション セクションとデータ ソース内のグループの関係

新しい、空白のフォーム テンプレートのオプションのセクションを挿入します。

新しい空白のフォーム テンプレートをデザインする場合、[コントロール] 作業ウィンドウの [自動的にデータ ソースを作成する] チェック ボックスが既定で選択されています。このため、InfoPath では、フォーム テンプレートにコントロールが追加されると、データ ソースにフィールドおよびグループが自動的に作成されます。これらのフィールドおよびグループは、[データ ソース] 作業ウィンドウではフォルダー アイコンおよびファイル アイコンで表されます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. コントロールを挿入するには、[オプション] セクションをクリックします。

  4. コントロールを追加するセクションに、フォーム テンプレートに省略可能セクションに、[コントロール] 作業ウィンドウから、目的のコントロールをドラッグします。

    注: コントロールのフィールドのデータ ソース内のセクションのグループの一部になっていない限りは、セクションにフォーム テンプレートに登録されているコントロールを移動する必要があります。それ以外の場合、コントロールのバインドが切れる可能性があります。

  5. コントロールにラベルを追加するには、上にテキストを入力します。

既存のデータ ソースを基にしたフォーム テンプレート上のオプションのセクションを挿入します。

既存の拡張マークアップ言語 (XML) ファイル、データベース、または Web サービスを基にフォーム テンプレートのデザインにした場合、InfoPath は、フィールドとその既存のデータ ソースからデータ ソース] 作業ウィンドウでグループを導出します。このシナリオでは、フォーム テンプレートにデータ ソース] 作業ウィンドウからグループをドラッグするか、次の手順で説明するように、[コントロール] 作業ウィンドウを使用してセクションを挿入する省略可能セクションを追加できます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. コントロールを挿入するには、[オプション] セクションをクリックします。

  4. 省略可能セクションのバインド] ダイアログ ボックスで、省略可能セクションのデータを格納するグループを選択し、[ OK] をクリックします。

  5. ] セクションにコントロールを追加し、[データ ソース内の適切なフィールドにバインドします。

ページの先頭へ

ユーザーをクリックして [オプション] セクションを挿入するヒントのテキストをカスタマイズします。

フォーム テンプレートに省略可能セクションを挿入すると、フォーム上で「ここをクリックして挿入する」ヒントのテキストが表示されます。このテキストは、ユーザーは省略可能セクションを挿入することを通知します。このテキストをカスタマイズするのには、次の操作を行います。

  1. 省略可能セクションをダブルクリックします。

  2. [データ] タブをクリックします。

  3. [挿入] ボタンとヒントのテキストを表示する] チェック ボックスを選択し、独自のテキストを含む] ボックスに既定のテキストを置換します。

ページの先頭へ

既定で、フォーム上の省略可能セクションを表示します。

既定では、ユーザーが最初にフォームを開いたときに、省略可能セクションは表示されません。場合は、代わりに省略可能セクションを表示することもできます。これを行う場合、InfoPath は、省略可能セクションがフォームに表示されているため「ここをクリックして挿入する」ヒントのテキストを隠します。

  1. 省略可能セクションをダブルクリックします。

  2. [データ] タブをクリックします。

  3. [既定の設定] で[セクションの [既定のフォームを含める] をクリックします。

  4. セクションを削除するユーザーを許可する]チェック ボックスを選択します。

ページの先頭へ

レイアウトのヒント

フォーム テンプレートに省略可能セクションにコントロールを挿入する前に、これらのコントロールを配置する方法について考えます。テキスト ボックスとその他のコントロールを追加するには、省略可能セクションに目的の場所にドラッグします。または、レイアウトを制御する場合を追加する省略可能セクション内のレイアウト テーブルを整えることで、ラベルと個々 のセル内のコントロールを挿入し、します。次の図でラベルと省略可能セクション内のコントロールを配置する 4 つの行、2 段組みのレイアウト テーブルを使用します。

オプションのセクションにコントロールを配置するレイアウト テーブル

レイアウト用の表ではなく、次のいずれかを行うことができます。

  • 一度に複数のセクションのサイズを変更するには、セクションでは、サイズを変更するには、alt キーを押しながら ENTER キーを押して] タブの [サイズ] をクリックし、[必要な調整を選択します。

  • 枠線やセクションの色を変更するにフォーム テンプレートで、[書式] メニューを選択して、線種とページ罫線と網かけの変更] をクリックして] タブの [罫線] をクリックし、必要な調整を加えます。

  • これらの実際のテキストを含むセクションにコントロールがどのように見えるには、[表示] メニューのサンプル データをクリックします。フォーム テンプレートに基づくフォームがどのように、ユーザーが入力するときに把握できます。

  • 場合によっては、セクションとそのコントロールの左側のラベル コントロール内のテキストが、若干配置から表示される場合があります。これらを簡単に配置し直すには、コントロールをダブルクリックし、[サイズ] タブの [配置] をクリックし、[適用] をクリックします。ラベルとコントロールがレイアウト テーブル内の別のセル内にある場合は、ラベルが含まれているセルを右クリックし、ショートカット メニューの [表のプロパティ] をクリックして、[セル] タブで [垂直方向の配置センター ] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×