相対参照と絶対参照を切り替える

別のセルまたは範囲を参照する数式を作成するときは、セル参照 を相対参照または絶対参照にすることができます。相対セル参照は、数式をコピーまたは移動すると数式の新しい位置に合わせて調整されます。絶対セル参照は、数式を移動しても変化しません。

  1. 変更するセル参照を含むセルを選択します。

  2. 数式バー で、変更するセル参照をクリックします。

  3. コマンド + T キーを押して、組み合わせを切り替えます。

    次の表の 変更後 列は、参照を含む数式が 2 行 2 列分、右下にコピーされた場合の参照の変化を示しています。

    コピーされる数式

現在の参照 (説明)

変更後

$A$1 (絶対セル参照 列および絶対行)

$A$1

A$1 (相対セル参照 列および絶対行)

C$1

$A1 (絶対列および相対行)

$A3

A1 (相対列および相対行)

C3

関連項目

演算子と演算の順序

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×