相対参照、絶対参照、複合参照を切り替える

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

既定では、セル参照は、参照がセルの場所に関連していることを意味の相対参照(A から C) の左側の 2 つの列のセルを実際に参照する場合は、たとえばを参照するセル A2 からセル C2 を同じ行 (2) にします。数式で参照を変更する、相対セル参照を含む数式をコピーするとします。

たとえば、数式をコピーする場合は、 = B4 * C4から D5 にセル D4、D5 の数式を 1 つの列の右側に調整になり、 = B5 * C5します。コピーする場合は、この例では、元のセル参照を維持する場合は、セル参照絶対で行った前にドル記号 ($) が (2)] 行と列 (B と C)。次に、数式をコピーする$B$ 4 を = * $C$ 4 D5 D4 から数式とまったく同じが配置されます。

相対セル参照

あまり、ことになるとの組み合わせ絶対参照と相対セル参照をいずれかの前に、列または行の値をドル記号など、列または行 (たとえば、$B4 または C$ 4) のいずれかを修正します。

セル参照の種類を変更するには。

  1. 数式が入力されているセルを選択します。

  2. 数式バー ボタンの画像 で、変更する参照を選びます。

  3. F4 キーを押して、参照の種類を切り替えます。

    次の表は、下、参照を含む数式は、2 つのセルをコピーした場合に、参照の種類がどのように更新されるか、右に 2 つのセルをまとめたものです。

コピーする数式

参照の種類

変更後

A1 の数式を 2 つ下のセルから右に 2 つ目のセルにコピーする

$A$1 (絶対参照列と絶対参照行)

$A$1 (絶対参照)

A$1 (相対参照列と絶対参照行)

C$1 (複合参照)

$A1 (絶対参照列と相対参照行)

$A3 (複合参照)

A1 (相対参照列と相対参照行)

C3 (相対参照)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×