目的: プロジェクト情報を保護する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Office Project 2007とMicrosoft Office Project Server 2007は、承認されていないアクセスからプロジェクト情報を保護するための基本的なセキュリティ機能を提供します。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理アクティビティを説明するプロジェクトマップ内の一連の記事の一部です。このようなアクティビティは、プロジェクト管理のライフサイクルを中心に整理されているため、"目標" と呼ばれます。計画の作成、プロジェクトの追跡と管理、プロジェクトの終了を行うことができます。

前の目標次の目標

プロジェクトマップのすべての目標を表示する

制服姿の警備員

番号 1  Project Server のセキュリティ設定の詳細を確認   する Project Server 2007の情報のセキュリティに影響する要因はいくつかあります。一部はユーザーによって制御され、他のユーザーは Project Server 管理者によって制御されます。プロジェクトに適したオプションを設定するには、管理者と調整する必要がある場合があります。

適用する次のいずれかをクリックします。

番号 2  マクロウイルス対策のセキュリティレベルを変更する    プロジェクトファイルでマクロを使用する場合は、セキュリティレベルを指定する必要があります。

前の目標次の目標

プロジェクトマップのすべての目標を表示する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×