目次 Web パーツを使用して Web ページにナビゲーションを表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ナビゲーション機能は、Web ページの質を左右する重要な要素です。Microsoft Office SharePoint Server 2007 では、目次 Web パーツを使用することにより、Web ページのナビゲーション機能を強化できます。

この記事の内容

目次 Web パーツとは何ですか。

目次 Web パーツを使用する場合は?

目次 Web パーツの使用方法

目次 Web パーツとは

目次 Web パーツは、Web パーツ ページに追加することのできる構成可能なコンポーネントです。目次 Web パーツを使用すると、Office SharePoint Server 2007 のサイト コレクションに含まれる各種要素にリンクされたサイト マップを自動的に生成できます。

サイト コレクションのどの部分を対象にリンクを自動生成するか、リンクをどのように表示するか、および、リンクをどのように配置するかは、目次 Web パーツをページに追加するときに指定します。

ページの先頭へ

目次 Web パーツを使用するタイミング

新しいページを作成するとき、[目次があるウェルカム ページ] というページ レイアウトを使用できます。この場合、目次 Web パーツを含んだページが自動的に作成されます。

目次 Web パーツを使って Web パーツ ページにナビゲーション リンクを配置するには、目次 Web パーツをページ上の Web パーツ領域に追加します。目次 Web パーツは、Office SharePoint Server 2007 に用意されている次のページ レイアウトで追加できます。

  • 高度な検索

  • イントラネット ホーム

  • ニュース ホーム

  • 人の検索の結果ページ

  • 検索ページ

  • 検索結果

  • サイト ディレクトリのホーム

  • 概要リンクがあるウェルカム ページ

  • ウェルカム スプラッシュ ページ

ページの先頭へ

目次 Web パーツの使用方法

目次 Web パーツを使用するための手順は、大きく 2 つに分けることができます。

  1. Web パーツをページに追加します。

  2. Web パーツの構成

Web パーツをページに追加する

前述のように、[目次があるウェルカム ページ] ページ レイアウトで作成されたページには、目次 Web パーツが自動的に追加されます。作業中のページが Web パーツをサポートしていれば、目次 Web パーツが追加されていなくても、次の手順で追加できます。

  1. 目次 Web パーツの追加先ページに移動します。

  2. ボタン イメージ ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  3. Web パーツ領域を選択し、その領域で [Web パーツの追加] をクリックします。[Web パーツの追加] Web ページのダイアログ ボックスが表示されます。

  4. [Web パーツの追加] ダイアログ ボックスの [すべての Web パーツ] にある [既定] セクションで、[目次 Web パーツ] チェック ボックスをオンにし、[追加] をクリックします。

Web パーツを構成する

目次 Web パーツを構成するには、次の手順に従います。

  1. Web パーツの右上隅にある矢印をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックします。目次 Web パーツのツール パーツが開きます。

    注: 既にページを編集している場合は、Web パーツの右上隅の矢印に [編集] というラベルが表示されます。

  2. [コンテンツ] セクションで、次のオプションを設定します。

    • [開始位置]     追加するコンテンツのルート レベルを指定します。目次 Web パーツによって公開されるコンテンツはすべて、このルート サイト内のページであるか、このルート サイト内のサイトである、または、このルート サイト内のサイトに存在するページであることが必要です。[参照] をクリックし、Web パーツのルートとして使用するサイトを選択してください。

    • [表示するレベル]     Web パーツによって表示されるナビゲーションのレベル数を指定します。レベルは、ルート サイトを第 1 ナビゲーション レベルとし、このルート サイトの直下にある各サイトを第 2 ナビゲーション レベルとして数えます (以降同様)。ページのナビゲーション レベルは、そのページが属するサイトと同じナビゲーション レベルになります。

      たとえば、"ニュース" と "お知らせ" の 2 つのサイトを含んだ "ホーム " というサイトをルート サイトとして選んだとき、この 2 つのサイトに、さらに "第 1 四半期"、"第 2 四半期"、"第 3 四半期"、"第 4 四半期" という 4 つのサイトが存在するとします。目次 Web パーツに表示するレベル数を 2 に設定した場合、第 3 ナビゲーション レベルである四半期のサイト (第 1 ~第 4 四半期) は表示されません。これに対し、"ニュース" サイトおよび "お知らせ" サイトに属するページは、第 2 ナビゲーション レベルに属するため表示されます。

    • [開始場所のコンテンツを表示する]     Web パーツに対し、[開始位置] で指定したルートの直下にあるページへのリンクを表示する場合は、このチェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオフにした場合、Web パーツには、ルート直下のサイトと、これらの各サイト下にあるページおよびサイトは表示されますが、ルート直下のページは表示されません。

      注: [開始場所のコンテンツを表示する] をオンにした場合、目次は 1 列で表示されます。

    • [ページを表示する]     Web パーツに、サイトへのリンクだけでなく、ページへのリンクも表示する場合は、このオプションをオンにします。このオプションをオフにした場合、サイトへのリンクだけが Web パーツに表示されます。

    • [非表示のページを含める]     ナビゲーションには表示されないページへのリンクを Web パーツに表示する場合は、このオプションをオンにします。

    • [非表示のサイトを含める]     ナビゲーションには表示されないサイトへのリンクを Web パーツに表示する場合は、このオプションをオンにします。

  3. [プレゼンテーション] セクションで、次のオプションを設定します。

    • [ヘッダーのテキスト]     Web パーツのヘッダーにテキストを追加するには、このボックスに入力します。ヘッダー テキストは、Web パーツのタイトルのすぐ下に表示されます。

    • [ヘッダーのスタイル]     ヘッダー テキストを追加した場合、このオプションを使ってテキストのスタイルも指定できます。ドロップダウン リストからスタイルを選択してください。

    • [列の表示]     Web パーツに表示する列数を設定します。ドロップダウン リストを使って指定した列数でリンクが配置されます。

      注: [コンテンツ] セクションの [開始場所のコンテンツを表示する] をオンにした場合、Web パーツには 1 列しか表示されないため、このオプションは無視されます。

    • [レベル 1 のスタイル]     Web パーツのナビゲーション階層の第 1 レベルに位置するリンクの表示スタイルを指定できます。レベル 1 のリンクは、[コンテンツ] セクションの [開始位置] で指定したルート レベルの直下にある各アイテムに関連付けられています。

    • レベル 2 のスタイル     Web パーツのナビゲーション階層の 2 番目のレベルでは、このオプションを使用しているリンクの表示スタイルを指定できます。レベル 2 のリンクは、第 1 レベルのリンクの直下にあるアイテムをポイントします。1(のコンテンツのセクション)を表示するレベルのオプションを設定する場合は、このオプションを指定しても効果がありません。

    • レベル 3] スタイル     Web パーツのナビゲーション階層の 3 番目のレベルでは、このオプションを使用しているリンクの表示スタイルを指定できます。レベル 3 のリンクは、第 2 レベルのリンクの直下にあるアイテムをポイントします。このオプションは1または2(コンテンツのセクション) で表示するレベルのオプションを設定した場合に影響しません。

  4. [組織] セクションで、次のオプションを設定します。

    • [ナビゲーションで並べ替えたとおりにコンテンツを並べ替える]     サイトのナビゲーション設定と同じ並べ替え順序を Web パーツに適用する場合は、このオプションをオンにします。

    • [次の設定でコンテンツを並べ替える]     Web パーツに適用する並べ替え順序を指定するには、このオプションをオンにします。このオプションをオンにした場合、次の並べ替えオプションを使用できるようになります。

      • [サイトの並べ替えキー]     このオプションでサイトの特定のプロパティを指定すると、そのプロパティに基づいて、これらのサイトへのリンクが並べ替えられます。並べ替えに使用できるプロパティは、[タイトル]、[作成日]、[最終更新日] の 3 つです。

      • [並べ替え方向]     並べ替えの対象となるサイトのリンクに適用する並べ替え方向を選択します。たとえば、[サイトの並べ替えキー] を [タイトル] に設定し、[並べ替え方向] を [昇順] に設定することにより、タイトルのアルファベット順にサイトを並べ替えることができます。

      • [ページの並べ替えキー]     このオプションでページの特定のプロパティを指定すると、そのプロパティに基づいて、これらのページへのリンクが並べ替えられます。並べ替えに使用できるプロパティは、[タイトル]、[作成日]、[最終更新日] の 3 つです。

      • [並べ替え方向]     並べ替えの対象となるページのリンクに適用する並べ替え方向を選択します。たとえば、[ページの並べ替えキー] を [タイトル] に設定し、[並べ替え方向] を [昇順] に設定することにより、タイトルのアルファベット順にページを並べ替えることができます。

        注: 各ページは、そのページが属するサイトを 1 つのまとまりとして並べ替えられます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×