目次を書式設定またはカスタマイズする

目次を書式設定またはカスタマイズする

Word で目次を作成した後、その表示方法をカスタマイズすることができます。たとえば、レイアウトの変更、テキストの書式設定の変更、表示する見出しレベルの数の選択、エントリとページ番号の間に点線を表示するかどうかの選択を行うことができます。

目次をカスタマイズする方法の基本的な手順については、後述する「目次のレイアウトを変更する」を参照してください。

ここでは、目次を編集する方法をいくつか紹介します。

テキストの書式を設定する:

目次内のテキストのスタイルを書式設定する前のビューと書式設定した後のビュー

エントリのレベルを変更する:

レベル 3 のエントリをレベル 4 のエントリに変更

点線リーダーを追加する:

目次に点線のリーダーを追加

表示するレベルの数を変更する:

レベル 3 が表示されなくなるようにレベルの番号を変更

目次のレイアウトを変更する

  1. リボンの [参考資料] タブで、[目次]、[ユーザー設定の目次] の順にクリックします。

    ユーザー設定の目次
  2. [目次] ダイアログ ボックスで必要な変更を行います。結果は [印刷プレビュー] 領域と [Web プレビュー] 領域で確認できます。

    • 各エントリとそのページ番号との間に、点線のリーダーまたは点線を追加するには、[タブ リーダー] リストをクリックし、点線をクリックします。破線のリーダーを選ぶこともできます。リーダーを完全に削除して空白スペースだけにすることもできます。

      目次のタブ リーダーを破線または点線に変更します。
    • 目次の全体的な外観を変更するには、[書式] の一覧をクリックし、使用する書式をクリックします。

    • 目次に表示されるレベルの数を変更するには、[アウトライン レベル] をクリックして、表示するレベルの数をクリックします。

    [目次] ダイアログ ボックス

    ヒント: ここで、"レベル" とは見出しレベルを示します。たとえば、大見出しに見出し 1 を使用し、大見出しのサブセクションに見出し 2 を使用できます。このような目次のサブセクション内に必要に応じてさらにサブレベルを設定することができます。

  3. [OK] をクリックします。

この他に実行する操作を指定してください。

目次のテキストの外観を変更するには、目次の各レベルでスタイルを変更します。

  1. リボンの [参考資料] タブで、[目次]、[ユーザー設定の目次] の順にクリックします。

  2. [目次] ダイアログ ボックスで、[変更] をクリックします。[変更] ボタンが淡色表示になっている場合は、[書式] を [任意のスタイル] に変更します。

    目次の外観をカスタマイズするには、[目次] ダイアログ ボックスを使用します。
  3. [スタイル] ボックスの一覧で、変更するレベルをクリックし、[変更] をクリックします。

    [スタイルの変更] ダイアログ ボックスでは、目次のテキストの外観を更新することができます。
  4. [スタイルの変更] ダイアログ ボックスで、書式を必要に応じて変更し、[OK] をクリックします。

  5. 目次に表示するすべてのレベルについて、手順 3. と 4. を繰り返します。

ユーザーがこのドキュメントの目次を更新するたびに、Word にユーザー設定が保存されます。

目次のエントリのレベルを変更するには、文書の本文でその文字列の見出しレベルを変更するだけです。

  1. 変更する見出しをクリックします。

  2. [ホーム] タブの [スタイル] グループで、使用する見出しレベルをクリックします。
    スタイル ギャラリーの見出し 1

  3. [参照資料] タブで、[目次の更新] をクリックします。
    目次を更新する

  4. [目次をすべて更新する] をクリックして [OK] をクリックします。

これまでの手順で、文書に目次が追加されました。次の手順では、この目次を、内容が同じで項目とページ番号の間に点線のリーダーが表示される新しい目次で置き換えます。

  1. [参考資料]、[目次]、[ユーザー設定の目次] の順にクリックします。

    ユーザー設定の目次

  2. [目次] ダイアログ ボックスの [タブ リーダー] ボックスの一覧で、点線のリーダーのオプションをクリックします。

    目次ダイアログ ボックスの点線オプション

目次に表示されるレベルの数を変更するには、既存の目次を、必要なレベルを含む目次に置き換えます。それよりも手間はかかりますが、より技術的な方法として、フィールド コードの情報を変更することもできます。

  1. [参考資料]、[目次]、[ユーザー設定の目次] の順にクリックします。

    ユーザー設定の目次

  2. [目次] ダイアログ ボックスの [アウトライン レベル] リストで、目次に表示するレベルの数を選び、[OK] をクリックします。

    [目次] ダイアログ ボックス

    たとえば、[2] をクリックすると、見出し 1 または見出し 2 のスタイルが適用されたすべての文字列が目次に表示されます。

  3. 既存の目次を置き換えるかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

特定のコマンドを使用すると、Word によって自動的にフィールドが挿入されます。たとえば、[ページ番号の追加] を使用すると、Word によってページ フィールドが挿入されます。また、[目次を作成] を使用すると、TOC フィールドが挿入されます。

フィールド コード情報を編集して、目次に表示されるレベルの数をすばやく変更できます。

  1. 目次をクリックして Alt + F9 キーを押します。フィールド コード情報は、次のように中かっこで囲まれて表示されます。

    TOC フィールド コード

  2. 引用符で囲まれている値を変更します。たとえば、2 レベルだけ表示する場合は、"1-3" を "1-2" に変更します。

  3. Alt + F9 キーを押して目次を再び表示します。

  4. 目次を更新して変更を確認します ([参考資料] の [目次の更新])。

フィールド コードの詳細については、「Word のフィールド コード」を参照してください。

目次を編集する方法の基本的な手順については、後述する「ユーザー設定の目次を挿入する」を参照してください。

ここでは、目次を編集する方法をいくつか紹介します。

テキストの書式を設定する:

目次内のテキストのスタイルを書式設定する前のビューと書式設定した後のビュー

エントリのレベルを変更する:

レベル 3 のエントリをレベル 4 のエントリに変更

点線リーダーを追加する:

目次に点線のリーダーを追加

表示するレベルの数を変更する:

レベル 3 が表示されなくなるようにレベルの番号を変更

ユーザー設定の目次を挿入する

文書に既に目次が含まれている場合、次の手順を実行すると、既存の目次がユーザー設定の目次と置き換えられます。

  1. [参考資料] タブの [目次] グループで [目次] をクリックした後、[目次の挿入] をクリックします。

    目次の挿入

    [目次] ダイアログ ボックスが開きます。

    [目次] ダイアログ ボックス

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 各エントリとそのページ番号の間に点線リーダーまたは点線を追加するには、[タブ リーダー] ボックスの一覧をクリックし、点線をクリックします。

      破線のリーダーを選択することもできます。

    • 目次の全体的な外観を変更するには、[書式] の一覧をクリックし、使用する書式をクリックします。

      [印刷プレビュー] ボックスで、各種の書式がどのように表示されるかを確認することができます。

    • 目次に表示されるレベルの数を変更するには、[アウトライン レベル] をクリックして、表示するレベルの数をクリックします。

この他に実行する操作を指定してください。

ここでは、目次を編集する方法をさらにいくつか紹介します。詳細な手順については、次に示す一覧から目的の項目を選択してください。

Word で生成される目次の書式設定を変更するには、目次の各レベルでスタイルを変更する必要があります。これは、文書内の見出しに適用したスタイルとは区別されます。

スタイルに必要な変更を加えると、Word は目次を更新するたびにそのスタイルを使用します。

  1. [参考資料] タブの [目次] グループで [目次] をクリックした後、[目次の挿入] をクリックします。

  2. [目次] ダイアログ ボックスで [変更] をクリックします。

    [目次] ダイアログ ボックス

  3. [スタイル] ボックスの一覧で、変更するレベルをクリックし、[変更] をクリックします。

    [変更] ボタン

  4. [スタイルの変更] ダイアログ ボックスで、書式を必要に応じて変更し、[OK] をクリックします。

  5. 目次に表示するすべてのレベルについて、手順 3. と 4. を繰り返します。

目次のエントリのレベルを変更するには、文書の本文でその文字列の見出しレベルを変更する必要があります。

  1. 変更する見出しをクリックします。

  2. [ホーム] タブの [スタイル] グループで、使用するレベルに対応する見出しスタイルをクリックします。

    代替テキスト

  3. [参照] タブの [目次] グループで、[目次の更新] をクリックします。

    代替テキスト

  4. [目次をすべて更新する] をクリックして [OK] をクリックします。

これまでの手順で、文書に目次が追加されました。次の手順では、この目次を、内容が同じで項目とページ番号の間に点線のリーダーが表示される新しい目次で置き換えます。

  1. [参考資料] タブの [目次] グループで [目次] をクリックした後、[目次の挿入] をクリックします。

    代替テキスト

  2. [目次] ダイアログ ボックスの [タブ リーダー] ボックスの一覧で、点線のリーダーのオプションをクリックします。

    目次ダイアログ ボックスの点線オプション

  1. [参照] タブの [目次] グループで、[目次] をクリックします。

    代替テキスト

  2. [ユーザー設定の目次] をクリックします。

  3. [目次] ダイアログ ボックスの [アウトライン レベル] リストで、目次に表示するレベルの数をクリックします。

    [目次] ダイアログ ボックスでレベルを示す

    たとえば、[2] をクリックすると、見出し 1 または見出し 2 のスタイルが適用されたすべての文字列が目次に表示されます。

  4. 既存の目次を置き換えるかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

Word の操作で、ここで取り上げていない問題について質問がある場合

Word Answers フォーラムに質問を投稿してください。

Word の機能を向上させるためのご協力のお願い

Word の目次 (または他の機能) の改善に関して提案がある場合は、Word User Voice まで、ご意見をお寄せください。

関連項目

目次を更新する

Word 2016 for Mac で目次を書式設定またはカスタマイズする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×