目標: 必要なリソースを見積もる

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タスク一覧の設定やタスク期間の見積もりを通じて、プロジェクトのスコープを明確にしました。これまでの情報を使用して、必要なリソースを得るための暫定的な見積もり、要件の確認、および人員の手配と機材の調達を開始できます。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理作業について説明している「ステップ ガイド」の記事の一部です。プロジェクト管理の各作業は、計画の立案、プロジェクトの進捗管理、およびプロジェクトの終了というプロジェクト管理のライフ サイクルに向けて構成されるため、"目標" という言い方をします。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

計算キーと人材の像

番号 1  必要なリソースを確認して見積もりを作成する     プロジェクト計画でスコープと目標を定めて、タスク一覧を設定すると、リソースを計画する準備が整います。

 詳細 . . .

次のプロセスを通じて、プロジェクトの達成に必要なリソースの種類と数を特定できます。

  • プロジェクトのスコープとタスク一覧を確認する     プロジェクトのスコープとタスク一覧を確認して、プロジェクトに必要な人員、機器、数量単価型リソース、およびコスト型リソースを特定します。

  • リソースと期間に関する過去の情報を入手する     以前のプロジェクト ファイル、データベース、および同種のプロジェクトにかかわった経験者から情報を集めます。特に、使用されたリソースの種類と数、および各タスクの実際の期間について詳しい情報を入手します。

  • リソースの数が期間に与える影響を検討する     通常、タスクに割り当てたリソースの数はタスクの期間に影響します。特に、生産タスクではリソースを倍増すると期間が半減する場合があります。タスクに数多くのリソースを追加することを、プロジェクトの "圧縮" と呼びます。プロジェクトを完了するために、きわめて多くのリソースを追加するのはリスクがあります。これは、余分なコストが発生する可能性、および効率が悪くなる可能性があるためです。

    一方、デザイン タスクなどでは、リソースを追加しても期間が短くなるとは限りません。

  • リソースの能力と品質が期間に与える影響を検討する     タスクに割り当てたリソースの能力と経験はタスクの期間に大きく影響します。たとえば、一般的に 5 年の経験を持つチーム メンバは 2 年の経験を持つメンバより短期間でタスクを完了すると予想されます。

  • 期間を正確に見積もる     このプロジェクトと同種のプロジェクトに関して集めた情報を使用して、プロジェクトのタスク期間を正確に見積もります。タスク期間を正確に見積もると、必要なリソースも正確に見積もることができます。

  • 必要なリソースの種類と数を確認する     すべての必要な情報を集めた後で、リソースの種類 (人、機材、および資材) と各リソースの必要数を割り出します。また、各リソースの役職、スキル セット、経験、能力、品質、または成績に関する詳細と前提条件を明確にします。

  • 専門家に必要なリソースをレビューしてもらう     経験と知識の豊かなチーム メンバにタスクの期間と必要なリソースの見積もりをレビューしてもらいます。

  • ポートフォリオ管理ツールを使用する     Microsoft Office Project Portfolio Server 2007 を使用している場合、リソースを実装する前に、開始プロセスおよび承認プロセスを通じてプロジェクトを追跡し必要なリソースを調整できます。新しいプロジェクトを開始し、リソースを割り当てた後、組織の目標に合致しないリソースかどうかを検討できます。

2 番  期間を変更する     このプロジェクトおよび同種のプロジェクトに関して集めた情報を使用して、タスクの期間を正確に見積もります。期間を正確に見積もると、必要なリソースを正確に見積もることができます。

番号 3  リソース案を作成する     この段階で、リソースの種類と数について一覧を作成する準備ができました。人的リソースについては、職種、スキル セット、および経験レベルを確認しました。必要な機材については、種類、ブランド、コスト、および機能を確認しました。消耗品などの数量単価型リソースについては、必要な量を確認しました。以上のリソース情報を Microsoft Office Project 2007 に入力してコンパイルし、リソース案として提出できます。

次のうち、該当する項目をクリックしてください。

  • リソース一覧の草案を作成する暫定的なリソース情報を記録します。リソースの承認と取得を受けると、リソース一覧のプレースホルダー リソース名を実際のリソース名に置き換えることができます。暫定的なタスク割り当てとリソースのスケジュール作成を行うこともできます。

  • プロジェクトに標準リソースを追加するMicrosoft Office Project Server 2007 を使用している場合は、チームに "ダミー" リソースを追加します。タスク割り当てで必要な実際の人員を指定するのではなく、割り当てで必要なスキルを指定できます。

  • プロジェクトにエンタープライズ リソース以外のリソースを追加するエンタープライズ リソース以外のリソースを追加します。必要に応じて、後でエンタープライズ リソースに置き換えることができます。

  • エンタープライズ リソース共有元にリソースを追加するMicrosoft Office Project Web Access を使用している場合は、組織のエンタープライズ リソースに属するリソースを追加します。これらのリソースは、組織の複数のプロジェクトにわたって効果的に割り当てることができます。

4 番  リソース見積もりの承認を受ける     リソース案を関係者に提出して、リソース見積もりの承認を受けます。

 詳細 . . .

プロジェクトの達成に必要な人員、機材、数量単価型リソース、およびコスト型リソースの種類と数量を確認したら、必要に応じて、人員手配と機材調達に関して社内の関係者または社外の顧客から承認を受けます。このプロジェクトに入札している場合は、次のプロセスを通じてリソース案の要件、前提事項、および予算を設定できます。

  • 必要なリソースの明細書を作成する      この明細書では、リソースの種類、品質、および数量と、リソースに関する暫定要素を指定します。必要なリソースの明細書として、リソースの明細書を添付したリソース シート 表示を印刷して使用することもできます。

  • スタッフ戦略を作成する     人員手配に関する組織のポリシーや手続きを考慮に入れて、既存のチーム メンバの利用、他部門からのリソースの借用、および新しいチーム メンバの採用を含む戦略を作成します。これには面接と選考の基準を含めます。

  • 調達戦略を作成する     機材調達に関する組織のポリシーと手続きを考慮に入れて、外部の製品やサービスの調達、入札の実行、プロジェクトに最適な業者、機器、および資材の選択に関する戦略を作成します。

  • 専門家にリソース案をレビューしてもらう     経験と知識の豊かなチーム メンバまたは同僚に依頼して、リソース案と人員手配、機材調達、またはその他の起案プロセスに関する情報をレビューしてもらいます。

  • リソース案を提出して承認を受ける      リソース案を評価する関係者や顧客にいつでも追加の情報を提供できる準備をしておきます。

  • ポートフォリオ管理ツールを使用する     Microsoft Office Project Portfolio Server 2007 を使用している場合、リソースを実装する前に、開始プロセスおよび承認プロセスを通じてプロジェクトを追跡し必要なリソースを調整できます。新しいプロジェクトを開始し、リソースを割り当てた後、組織の目標に合致しないリソースかどうかを検討できます。

番号 5  承認に基づいてリソース見積もりを更新する     リソースの使用に関する承認を受けて、リソースに関する新しい情報を受け取ったら、リソース見積もりを更新できます。

次のうち、該当する項目をクリックしてください。

番号 6  リソースまたはプロジェクトに関するサポート情報を追加する     メモやドキュメント、Web ページへのリンクなどの形式で詳細な情報を追加します。

次のうち、該当する項目をクリックしてください。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×