目標: 共有リソースを管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

通常、エンタープライズ リソースをプロジェクトに入力した後、リソースの利用可能時間、実績作業時間、割り当てなどのリソース情報を確認または変更して、プロジェクトの柔軟性とコスト効率をできるだけ高める必要があります。これらの作業のうちのいくつか (エンタープライズ リソースの削除やエンタープライズ リソースに関する詳細情報の変更など) は、プロジェクト マネージャー以外の役割に属するユーザーが行う場合があります。たとえば、組織によっては、特定のリソースに関する詳細情報の管理はリソース マネージャーが行う場合があります。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理作業について説明している「ステップ ガイド」の記事の一部です。プロジェクト管理の各作業は、計画の立案、プロジェクトの進捗管理、およびプロジェクトの終了というプロジェクト管理のライフ サイクルに向けて構成されるため、"目標" という言い方をします。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

リソース管理のユーザー目標

番号 1 プロジェクト全体のリソースの利用可能時間を確認する     リソースの利用可能時間のグラフやテーブルを表示し、1 つのプロジェクト内または複数プロジェクトにわたって、割り当て超過のリソースや割り当て過少のリソースを確認することができます。

2 番 リソースのパフォーマンスを分析する   ピボットグラフと PivotTable レポートを使用し、1 つまたは複数のプロジェクトに関してプロジェクト コストを分析できます。

番号 3 エンタープライズ リソースの情報を変更する   Project Server 2007 に対して正しいアクセス許可を持っている場合は、スキル、コスト、カレンダーなど、特定の種類のリソース情報を変更できます。

4 番 リソースの切り替えウィザードで自動的にリソースを置き換える   標準リソースを使用している場合、Microsoft Office Project 2007 では、1 つまたは複数のプロジェクトで、それらを自動的に実際のリソースに置き換えることができます。

番号 5 エンタープライズ リソースの一覧からリソースを削除する     プロジェクトで使用しなくなったリソースは、無効にすることができます。この場合、そのリソースに関連する情報とプロジェクト履歴は維持されます。

番号 6 エンタープライズ リソースの一覧にリソースを追加する     エンタープライズ リソース以外のリソースがプロジェクト内にある場合、それらをエンタープライズ リソース共有元に追加して、リソースの切り替えウィザード、組織全体でのリソースのレポート、その他のデータ分析などのエンタープライズ機能を活用できます。

番号 7 リソースを置き換える     リソースをエンタープライズ リソース共有元にある別のリソースに置き換えることができます。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×