目標 : 予算に合わせてプロジェクト計画を最適化する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロジェクト計画を立案した後で、planned costsを確認してください。予定コストがbudgetを超過する場合は、計画を最適化して予算内に収めることができます。予算を変更するときには、プロジェクトのfinish dateまたはscopeを変更することになる可能性が高いことに注意してください。このような時間、スコープ、および予算の関係は、多くの場合にproject triangleと呼びます。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理作業について説明している「ステップ ガイド」の記事の一部です。プロジェクト管理の各作業は、計画の立案、プロジェクトの進捗管理、およびプロジェクトの終了というプロジェクト管理のライフ サイクルに向けて構成されるため、"目標" という言い方をします。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

予算に基づくプロジェクト計画の最適化

番号 1 プロジェクトのコストを表示する     総コスト、時間の経過に基づくコスト、またはチャート化されたコストを表示できます。これにより、目標とする予算が満たされるかどうか、およびコストを調整する必要があるかどうかがわかります。

2 番 計画を最適化してコストを削減する     予定コストが目標の予算に合わない場合、コストを切り詰めるために複数の戦略を使用できます。

  • リソースとコストを調整して予算に合わせる

    次のうち、該当する項目をクリックしてください。

    • リソースのコストを入力する標準単価と超過単価、導入コスト、固定コスト、またはコスト型リソースを調整します。

    • リソース割り当てを削除する、置き換えるコストの高いリソース (人、機材、資材、またはコスト) を低いリソースで置き換えたり、1 つのタスクに割り当てられている同じようなリソースの数を減らして、コストを削減します。コストの低いリソースを使用すると、スコープの縮小、スケジュールの延長、または品質の低下などのトレードオフを招く場合もあります。それでも、この方法はコストを最適化するには最も現実的な戦略の 1 つです。assignment からコストの高いリソースを削除すると、このリソースがよりコスト効率の高い他のタスクやプロジェクトに解放されます。

    • タスクの残存作業時間を再度割り当てる 残存する作業のどの部分をどのリソースで実行するか制御できます。また、残存する作業をいつ実行するか正確に指定できます。

  • プロジェクトのスコープを調整して予算に合わせる

    次のうち、該当する操作を行ってください。

    • 成果物とスコープのどちらを変更するか判断する

      終了日や予算の条件を満たすために、スコープを減らさなければならない場合があります。また、プロジェクト計画の作成後に、時間や予算が想定より増える場合もあります。どちらの場合でも、プロジェクトのスコープを変更できます。製品の成果物の変更、または、プロジェクトのスコープの変更を選択できます。

      • 製品の成果物を減らす     スコープを縮小するために製品の成果物を減らす場合、顧客または関係者に提供するものが予定より減ることになります。たとえば、新製品を開発するプロジェクトに携わっているとします。終了日または予算の条件を満たすため、顧客から要望された当初の機能を製品から省くことにしました。この場合、おそらく顧客の承認を得たり、場合によっては契約を調整したりする必要があります。

      • プロジェクトのスコープを縮小する    製品の成果物を製造する過程を変更して、同じものを提供できる場合があります。

        たとえば、新製品を開発するプロジェクトで、終了日または予算の条件を満たすため、市場調査タスクを省き、製品のテスト期間を短縮することを決めたとします。この場合、最終的な製品と成果物は変わりません。しかし、プロジェクトのスコープを縮小したことで、最終的な製品を提供する過程が変わりました。

      • 使用可能な時間または予算を使用する     予定よりも時間または予算に余裕がある場合、成果物を増やすことができます。または、プロジェクト自体のスコープを拡大できます。多くの場合、これにより製品の品質が向上します。

      • スコープが品質に及ぼす影響を考慮する     また、プロジェクト計画を立案した後で、予定よりも時間または予算に余裕があるとわかる場合もあります。どちらの場合でも、プロジェクトのスコープを変更できます。ただし、品質とスコープには密接な関係があることに注意してください。スコープを縮小すると、品質低下が余儀なくされる場合があります。逆にスコープを拡大すると、おそらくプロジェクトと製品の品質は向上します。

    • タスク期間を入力または変更するタスクの予定期間を短縮します。短縮した期間でも作業を完了できることを確認してください。また、リソースに割り当てられた作業量の調整も必要です。

    • 必要不可欠なタスクでなければ削除します。ただし、タスクを削除すると、プロジェクト実装全体の品質が低下する場合があります。実行しなければならないタスクは計画に残し、なくても支障のないタスクのみを削除します。

    • リソース割り当てを削除する、置き換えるコストの高いリソース (人、機材、および資材) を低いリソースで置き換えます。コストの低いリソースを使用すると、スコープの縮小、スケジュールの延長、または品質の低下などのトレードオフを招く場合もあります。それでも、この方法はコストを最適化するには最も現実的な戦略の 1 つです。

番号 3 予算増に応じて計画を調整する     計画を立案した後で、予算に余裕があるとわかる場合があります。プロジェクトを低めの予算で進めるのも 1 つの選択ですが、プロジェクトのスコープと品質の目標を高くすることもできます。

 詳細

計画を作成し、Microsoft Office Project 2007 のscheduleとcostを計算した後で、期間が延長したり、予算が増えたりする場合があります。この場合には、スケジュールより早くプロジェクトを終了させるかどうか、予算内で実施するかどうかを選択できます。または、スコープを増やして、プロジェクトの成果物のqualityを高めることもできます。

  • 顧客に確認する    プロジェクトの顧客またはstakeholdersに、時間と予算をどう利用するかを相談してください。プロジェクトを予定どおりに進め、短いスケジュールと少ない予算で終わらせるように要望されるかもしれません。

  • 契約を確認する    予定よりも早くまたは低い予算で終わった場合の契約上の報奨金 (場合によっては違約金) について確認してください。契約の種類 (定額方式、精算支払い方式、または単価方式) によって、時間や予算の余裕をどのように利用するかが決定される場合があります。

  • スコープを追加する    時間や予算の都合で断念したタスクやフェーズを追加できます。既存のタスクのdurationを延長し、resourcesがタスクの完了により多くの時間を費やせるようにすることもできます。スコープを追加すると、多くの場合に時間とコストの両方が計画に追加されることに注意してください。スコープや成果物の変更は契約と密接に関係する問題のため、必ず契約を確認し、必要に応じてクライアントの承認を得ます。

  • 品質を高める     余った時間または予算を使用して、品質を高めるタスクや品質をチェックするフェーズを追加できます。既存のタスクの期間を延長し、リソースが品質の向上により多くの時間を費やせるようにすることもできます。品質を高めるには、スキルの高いスタッフ、効率のよい機材、またはグレードの高い資材を追加することも効果的です。これらの種類のリソースはコストを増加させますが、余った予算の有効な使い方でもあります。

4 番 コストの変更を記録に残す     予算を満たすために行った変更に関する情報を記録します。このような記録は、プロジェクトの進捗を追ったり、プロジェクトを終了したり、次のプロジェクトに備えてデータを集めたりする場合に便利です。

番号 5 コスト最適化の結果を評価する     コストの削減が実際に達成されたこと、およびコストの変更が終了日、作業負荷、および他のプロジェクトに悪影響を与えなかったことを確認します。

次のうち、該当する項目をクリックしてください。

番号 6 割り当ての変更をリソースに連絡する     新しいタスクをリソースに割り当てたか、既存の割り当てを削除した場合、影響を受けるリソースに変更を発行する必要があります。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×