目標: リスクを特定し必要な計画を立てる

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リスクとは、プロジェクトに悪影響を与えうる出来事や状況の可能性をいいます。プロジェクトに着手した後で、予測していなかった出来事が発生し、新たなリスクを生むこともあります。たとえば、建設関係のプロジェクトでは、季節はずれの雨が続くと、完工日が予定より遅れる可能性があります。

プロジェクトのさまざまなタイミングで発生しうるリスクを特定し、低減するよう計画を立てることは、プロジェクトのスケジュールと予算を計画どおりに遂行するうえで大切なことです。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理作業について説明している「ステップ ガイド」の記事の一部です。プロジェクト管理の各作業は、計画の立案、プロジェクトの進捗管理、およびプロジェクトの終了というプロジェクト管理のライフ サイクルに向けて構成されるため、"目標" という言い方をします。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

銘板が壊れた時計

番号 1  代替計画を作成する     効果的なリスク計画を立てるには、リスクが生じた場合にとる対応を整理し、どのような事態が発生しても、迅速かつ効率よく対応できるようにしておくことが大切です。

 詳細

手落ちのない詳細なプロジェクト計画を作成することにより、プロジェクトで生じうる不測の事態に備えることができます。問題は、プロジェクトを脅かすような不測の事態に対処するためには何が必要か、という点です。

risk management planを作成すると、発生しうるほとんどのリスクに迅速かつ効率よく対応できます。次の内容が盛り込まれている必要があります。

  • 発生する可能性のあるリスクの一覧

  • リスクが発生したこと、または、発生しようとしていることを示すきっかけや前兆

  • リスク削減計画の作成方法に関する言及

  • 対処するリスクと無視するリスク

  • リスクを緩和するための手順

また、リスク マネージメント計画には、リスク種別ごとの管理責任者、あらかじめ確保しておいたcostやscheduleの割り当て方法、代わりの対策を導入することが必要となる条件なども盛り込まれている必要があります。

リスク マネージメント計画の作成には、Microsoft Office Word 2007 など、どのようなワード プロセッサを使用してもかまいません。作成した計画は、後で Microsoft Office Project 2007 のプロジェクト ファイルに関連付けることができます。

Microsoft Office Project Web Access を使用している場合は、他のユーザーと共有する必要のあるリスクを公開できます。

2 番  高リスクのタスクを特定する     リスク管理では、予定より多く時間のかかりそうなタスクや、終了日までに終わらないタスク、他のタスクの開始や終了に影響するタスク、プロジェクトの終了が遅れる原因となるタスクを特定することが欠かせません。

次のうち、該当する項目をすべてクリックしてください。

番号 3  予算上のリスクを特定する     予算を超える、または超えそうなタスクや、プロジェクト全体の予算超過につながりうるタスクを確認するには、プロジェクトに関連した予算上のリスクを特定する必要があります。

次のうち、該当する項目をすべてクリックしてください。

4 番  リソースのリスクを特定する     リソースのリスクには、勤務可能時間の上限に達したか超えている、またはそれに近い状態でプロジェクトに従事しており、その人が休んだ場合、プロジェクトに遅れが生じるなどのケースがあります。また、その人でなければできないような特殊な技術を持ったリソースにプロジェクトが依存している状態も、これに該当します。

次のうち、該当する項目をすべてクリックしてください。

番号 5  他の情報源からリスクを特定する     リスク特定の鍵となる人物や情報源、およびその利用方法を把握するには、効率的な伝達手段を用意することが必要です。

 詳細

リスクの特定に最も役立つ情報源としては、task リストやscheduleのほか、プロジェクトの計画と進行にかかわる主要な人物などが挙げられます。プロジェクト計画では、最初にクリティカル パスのタスクを見てから、クリティカルでないタスクを見るようにしてください。次の点を確認します。

  • チームでの経験が少ない、またはまったくないタスク。これらのタスクでは、durationとcostの見積もりが不正確になりがちです。

  • 楽観的と思われる期間とコストの見積もり。特にクリティカル タスクにおいて、見積もり担当者にそれがどの程度信頼できるものかを確認します。

  • resources不足のタスク、または特殊なスキルを持つ人物でなければできないタスク。特に、これらのリソースが完全に割り当てられている、または割り当て超過しているスケジュール、または昇進や他のプロジェクトへの参加でリソースを確保できなくなるおそれのあるスケジュールに注目します。

  • 先行タスクが複数存在するタスク。依存する先行タスクが多いほど、いずれかの先行タスクに遅れが生じ、タスクの完了に支障をきたす可能性が高くなります。

プロジェクトのスケジュールだけを分析するのであれば、プロジェクトのリスクをすべて特定する必要はありません。プロジェクトの主要なリソースに、リスクを特定するように依頼することも必要です。経験豊富なプロジェクト管理者に計画を見てもらったり、プロジェクトの特定の分野に精通した人に話を聞くことが大切です。たとえば、初めての業者に仕事を依頼している場合、その業者に依頼したことのある人から話を聞きます。

番号 6  リスクの発生確率を見積もる    Microsoft Office Project Server を使用している場合、特定のタスクにおいて、コスト面の損失やプロジェクトの遅れにつながるリスクが、どの程度の確率で発生するかを調べることができます。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×