目標: プロジェクト間に関係を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

小さな会社であっても、1 つのプロジェクトが他のプロジェクトとまったく無関係に存在することはほとんどありません。プロジェクト間にタスクの依存関係 (リンク) を設定することにより、プロジェクトの関係を正確に設定し、常に最新の状態に保つことができます。

また、タスクまたはプロジェクト全体と、他のプロジェクトが提示する成果物との間にプロジェクト間の依存関係を作成することもできます。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理作業について説明している「ステップ ガイド」の記事の一部です。プロジェクト管理の各作業は、計画の立案、プロジェクトの進捗管理、およびプロジェクトの終了というプロジェクト管理のライフ サイクルに向けて構成されるため、"目標" という言い方をします。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

建設中の高層ビルの概要

番号 1  プロジェクトとは何か確認する     他のプロジェクトとリンクするプロジェクトを作成する前に、プロジェクトとは何か、特に、プロジェクトがどこから始まり、どこで終了するのかを考えます。

 詳細

プロジェクトとは、一時性と独自性を兼ね備えた作業です。まず、ビルの建設や新しい製造プロセスの設計などのように、開始、中間、終了があるという点で、一時性があるといえます。

また、それまでの作業とは異なる新しいプロセスを含むという点で、独自性があるといえます。つまり、金属の鋳造作業を毎日行う場合のように、日常的作業として進行しているプロセスは "プロジェクト" ではありません。同様に、固有のビルを建設するプロジェクトは、その固有のビルがこれまで建設されたことがないという点で、独自性があるといえます。

2 つのプロジェクトのタスク間に依存関係を設定してプロジェクトをリンクさせる場合、必ずしもその 2 つのプロジェクトを 1 つに統合する必要はありません。タスク間に依存関係を設定することで、2 つの独立したプロジェクトの管理は容易になります。

たとえば、飛行機の翼の取り付け作業が他の工場の翼の組み立て工程に依存する場合のように、生産環境の都合によって、あるプロジェクトのプロセスが他のプロジェクトからのプロセス手順のスケジュールに依存することがあるためです。同様に、他のプロジェクトのタスクについても、こちら側の管理の及ばないものが存在すると考えられます。

2 番  異なるプロジェクトのタスクどうしをリンクする     タスクが別のプロジェクトのタスクに依存する場合は、タスクの依存関係を作成して、プロジェクト間のタスクをリンクさせます。

番号 3  別のプロジェクトのタスクとの依存関係を変更する   外部依存関係の依存タイプは、既定の [終了 - 開始 (FS)] から、[開始 - 開始 (SS)]、[終了 - 終了 (FF)]、または [開始 - 終了 (SF)] に変更できます。

4 番  プロジェクト間のタスク依存関係に対しリード タイムまたはラグ タイムを設定する     1 つのプロジェクト内のタスク依存間関係に対しリード タイムまたはラグ タイムを設定できましたが、プロジェクト間のタスク依存関係に対してもリード タイムまたはラグ タイムを設定できます。タスク期間を重ねるにはリード タイムを設定します。後続処理の開始を遅らせてタスクとタスクの間隔を空けるには、ラグ タイム (時間差)を設定します。

番号 5  プロジェクトの進行に影響する外部タスク依存関係を確認する     プロジェクトのタスクが他のプロジェクトのタスクに依存している場合、その外部のタスクの進行状況がプロジェクトのタスクの開始日および終了日に影響します。プロジェクトのタスクの依存関係はいつでも表示して、外部タスクの日程がプロジェクトにどのように影響するか確認できます。

番号 6  別のプロジェクトの成果物に依存関係を設定する     プロジェクトまたはプロジェクトのタスクで、別のプロジェクトの特定の成果物の完成が必要となる場合、プロジェクトの間に依存関係を設定できます。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×