目標: プロジェクト間でリソースを共有する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Project 2007 では、同じ人員、資材、または機材を複数のプロジェクト間でリソースとして簡単に共有できます。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理作業について説明している「ステップ ガイド」の記事の一部です。プロジェクト管理の各作業は、計画の立案、プロジェクトの進捗管理、およびプロジェクトの終了というプロジェクト管理のライフ サイクルに向けて構成されるため、"目標" という言い方をします。

前の目標次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

プロジェクト間でリソースを共有する

番号 1  別のプロジェクトで作業しているユーザーのリソースを計画します。    チームと複数のプロジェクトで作業しているユーザーを管理するリソースを共有できる方法の詳細について説明します。

その他.

1 つのプロジェクトを最初から最後まで同じ人が担当するというケースはまれです。プロジェクト間でリソースを共有すると、リソースをより柔軟に管理できます。次のいずれかの条件が介在する状況では、リソースを共有することを検討します。

  • プロジェクトの重複     現在のプロジェクトが終了する前に別のプロジェクトを開始する場合があります。プロジェクト ファイル間でリソースを共有すると、リソースの割り当て超過を防止できます。コスト単価などのリソース データをプロジェクト間で転送する場合は、リソース共有元を作成すると、データを古いプロジェクトから新しいプロジェクトに簡単に移動できます。

    Microsoft Office Project Professional 2007 を使用している場合は、リソース共有元を使用せずに、エンタープライズ リソースを使用してプロジェクト間でリソースを共有できます。

  • 機能別のグループに整理されたリソース     管理プロセスの一環として多数のプロジェクトを掛け持ちする監査担当者や経理担当者などのリソースを割り当てる場合は、監査や経理のタスクにリソースを専従させます。機能グループの管理者は、リソースの作業負荷を平準化し、スケジュールに合わせてリソースの置き換えや再割り当てを行うことができます。

    不特定のリソースがタスクを実行できる場合は、プロジェクトのスコープ外でリソースを管理し、スケジュール作成の効率を最適化できます。一方、特定のリソースだけがタスクを実行する場合は、変更プロセスを設定して、リソースをプロジェクトに割り当てる前にリソース割り当てを承認できます。

  • 複数のプロジェクトにわたる作業負荷の予測     同じ職種の作業負荷を予測するには、リソースを使用するのが有効です。リソースに一般建築家や上級建築家などの一般的な名前を付けて、タスクに要求される経験のレベルを示すことができます。

    職種の割り当て超過の値は、プロジェクト全体で対応する作業を完了するために必要なリソース数を示します。たとえば、一般建築家の割り当て超過の値が 300% である場合、作業を完了するために 3 人の一般建築家が必要であることを示します。

    リソース一覧を具体的に指定する段階で、各職種に特定の名前を入力し、実際の作業担当者に再割り当てすることができます。

2 番  複数プロジェクト間でリソースの共有    別のプロジェクトの計画とは、リソース共有元として指定されたファイルからリソースを共有することができますか、プロジェクトから既存のリソース情報を移動するには、[新規リソース共有元ファイルにします。

次のうち、該当する項目をクリックしてください。

前の目標次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×