目標: プロジェクトの階層表示

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

プロジェクトに数千のタスクが含まれているかどうかにかかわらず、標準的なプロジェクト管理手法を使用しているか、月にまたがるいくつかのタスクやアジャイル プロジェクト管理メソドロジを使用する場合は、これらのタスクを管理可能なチャンクに分割する方法が必要になる場合があります。タスクをアウトラインに整理すると、プロジェクトの画像をすばやく解読することができます。アウトラインは、時間、 フェーズ、 マイルストーン、 成果物、またはカテゴリに関連するかどうかに関係なく、関連する領域でタスクを考えるのに役立ちます。必要に応じて、アウトラインレベルをできるだけ多くすることができます。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理アクティビティを説明するプロジェクトマップ内の一連の記事の一部です。このようなアクティビティは、プロジェクト管理のライフサイクルを中心に整理されているため、"目標" と呼ばれます。計画の作成、プロジェクトの追跡と管理、プロジェクトの終了を行うことができます。

前の目標次の目標

プロジェクトマップのすべての目標を表示する

プロジェクトの組織の目標を表示する

番号 1  タスクを整理するための戦略を策定する    タスクを整理するための "正しい方法" は1つもありません。作業スタイルやチームの状況によっては、いくつかの異なる方法を使用してタスクのアウトラインを作成できます。

さらに...

  • トップダウンアプローチ    まず、ハイレベルを考えます。プロジェクト全体の大まかなフェーズを考慮して、それらをサマリータスクとして入力します。次に、サマリータスクの下にサブタスクとしてフェーズを入力します。最後に、下位レベルの個々のタスクを入力します。チームメンバーがフェーズの詳細としてタスクを入力します。このような作業組織を肉付けしているだけでなく、チームメンバーが割り当てられているタスクにバイインすることも促進されます。

    この時点で、プロジェクトを管理するためのトップダウンアプローチの一環として、プロジェクトの予算を作成することを検討してください。

  • ボトムアップアプローチ    すべてのタスクが入力され、既に論理的な順序になっている場合は、タスクの論理的なグループ化の最初のタスクの上に新しいタスクを挿入し、その新しいタスクをサマリータスクにすることができます。

  • ブレーンストーミングメソッド    最初はチームと連携して、プロジェクトに必要なすべてのタスクを考えてみます。シーケンスや組織については、まだ心配しないでください。

    完了したら、より高いレベルのタスクをサマリータスクに切り替えて、関連するタスクをまとめて移動し、切り取りと貼り付けの操作を使用して順序を変更します。重複するタスクを削除し、必要に応じて新しいタスクを追加します。

2 番  プロジェクトにタスクを入力する    プロジェクトを進行させるには、タスクを追加する必要があります。

番号 3  プロジェクトに予算情報を入力する    プロジェクト設計の早い段階で、プロジェクトの最大金額、作業時間、または資材を指定するために、コスト制限を入力することができます。

番号 4  タスクリストを構造化する    アウトラインを使用すると、プロジェクトのフェーズ、フェーズ、個々のタスクの構造を反映したサマリータスクとサブタスクの階層にタスクを整理できます。

数値 5  フェーズとサブタスクのビューを変更する     Microsoft Office Project 2007には、プロジェクトの既存の構造を表示するいくつかの方法が用意されています。

適用する次のいずれかをクリックします。

  • サブタスクを表示または非表示にして、アウトラインを折りたたんだり、表示したいレベルまで拡大したりすることができます。表示するアウトラインレベルの数を指定することもできます。

  • サマリータスクを表示または非表示にして、プロジェクト全体のサマリー情報を1行に表示します。

  • アウトライン番号を表示して、階層内の場所に基づいて、番号が付けられたアウトラインに整理されたタスクを表示します。

番号 6  作業内訳構造コードを使用する    wbs 番号を表示する場合は、プロジェクト内の既存の構造を使用するか、タスクを作成するときに wbs 番号の構造を指定するためのカスタム wbs コードマスクを作成することができます。

適用する次のいずれかをクリックします。

  • 作業内訳構造コードを表示して、プロジェクトの各タスクの wbs 番号を示す wbs フィールドを追加します。

  • プロジェクトに対する wbs 番号の構造を指定する独自の wbs 番号マスクを作成する場合は、作業分解構造コードを作成します。たとえば、顧客の wbs 番号と一致するように、ユーザー設定の wbs 番号を作成することができます。

  • タスクを移動または削除するときに、ユーザー設定の wbs番号を再設定して、タスクが新しい構造に一致するように、[ユーザー定義] フィールドをリセットします。

7 番  タスクに関するサポート情報を追加する    メモを追加したり、文書を添付したり、ハイパーリンクを作成したりして、プロジェクトの構成を明確にすることができます。

適用する次のいずれかをクリックします。

前の目標次の目標

プロジェクトマップのすべての目標を表示する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×