目標: プロジェクトのリスクを制御する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

リスクとして認識できる事象が発生したら、リスクに対処して、プロジェクトへの影響を制御する必要があります。最も深刻なリスクは、タスク、フェーズ、またはプロジェクトの終了日を遅らせるリスク、予算を超過するリスク、リソースの作業負荷を超過するリスク、またはそれら 3 つの問題が同時に発生するようなリスクです。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理作業について説明している「ステップ ガイド」の記事の一部です。プロジェクト管理の各作業は、計画の立案、プロジェクトの進捗管理、およびプロジェクトの終了というプロジェクト管理のライフ サイクルに向けて構成されるため、"目標" という言い方をします。

前の目標次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

綱渡りをしている人

番号 1 リスクのイベントに応答します。   管理するプロジェクトのリスクとなる出来事が発生した後には、影響のあるプロジェクトの領域を管理して返信することができます。

次のうち、該当する項目をクリックしてください。

2 番 リスクの状況を監視    場合によって処理された問題に繰り返すようです。いくつかの操作を永久に固定維持します。プロジェクトの進行に応じてを再確認し、追跡またはそれらのリスクの確率の値を変更して既知のリスクを日常的に管理する必要があります。

番号 3 新しいリスクを見る    リスクを管理するには、新しいリスクを監視するほか、既知のリスクを制御します。古いリスクを再表示して、新しいものを監視するプロジェクトが完了するまでは、します。

前の目標次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×