目標: プロジェクトのリスクを制御する

リスクとして認識できる事象が発生したら、リスクに対処して、プロジェクトへの影響を制御する必要があります。最も深刻なリスクは、タスク、フェーズ、またはプロジェクトの終了日を遅らせるリスク、予算を超過するリスク、リソースの作業負荷を超過するリスク、またはそれら 3 つの問題が同時に発生するようなリスクです。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理作業について説明している「ステップ ガイド」の記事の一部です。プロジェクト管理の各作業は、計画の立案、プロジェクトの進捗管理、およびプロジェクトの終了というプロジェクト管理のライフ サイクルに向けて構成されるため、"目標" という言い方をします。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

綱渡りをしている人

番号 1 リスク事象への対応    リスク事象の発生後にプロジェクトの制御を維持するには、影響を受けたプロジェクトの領域を管理します。

次のうち、該当する項目をクリックしてください。

番号 2 リスクの状況を監視する     対処した問題が再発する場合があります。問題が恒久的に修正されることは多くありません。プロジェクトの進捗に応じて、既知のリスクを追跡して再発を防止するように定期的に管理する必要があります。

番号 3 新しいリスクを警戒する     リスク管理には、既知のリスクの制御と共に、新しいリスクへの警戒が含まれます。プロジェクトが完了するまで、既知のリスクを再確認し、新しいリスクを警戒する必要があります。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×