目標: プロジェクトのタスクのスケジュール作成

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

プロジェクトのタスクのリストを作成し、それを完了するまでの時間を見積もると、タスクをスケジュールすることができます。タスクのスケジュール方法によっては、 Microsoft Office Project 2007は、プロジェクトの進捗状況に関する情報を入力するときに、タスクとプロジェクトの終了日を予測できます。この情報を使用して、プロジェクトのスケジュールが危険にさらされているかどうかを判断できます。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理アクティビティを説明するプロジェクトマップ内の一連の記事の一部です。このようなアクティビティは、プロジェクト管理のライフサイクルを中心に整理されているため、"目標" と呼ばれます。計画の作成、プロジェクトの追跡と管理、プロジェクトの終了を行うことができます。

前の目標次の目標

プロジェクトマップのすべての目標を表示する

タスクの目標をスケジュールする

番号 1  プロジェクトのタスクをシーケンスする準備をする    この時点で、プロジェクトを完了するために完了する必要があるいくつかのタスクを入力しておく必要があります。各タスクは期間に関連付けられている必要があります。これによって、タスクの完了にかかる時間が示されます。

さらに...

タスクはまだスケジュールされていないため、プロジェクトの開始日と同じ日付で開始されます。

タスクのスケジュールを設定すると、タスクの実行が予期されるおおよその順序で作業を簡単に行うことができます。いくつかのタスクを順番に入力する必要がある場合がありますが、同じ時間枠で実行されるタスクをまとめて表示してください。これは、何千ものタスクを含む従来のプロジェクトであるか、プロジェクトを管理するためのアジャイルな方法を使用している小さなプロジェクトであれ、どのプロジェクトにとっても重要です。

タスクをシーケンスするには、次の2つの主要な方法があります。

  • タスクの依存関係を使用して、タスクの作業が開始または終了できないことを示すには、別のタスクの作業を開始または終了します。たとえば、準備作業が終了するまでペイントを開始できない場合は、依存関係を使います。

  • 制約を使用して、タスクの作業が特定の日付に対して開始または終了する必要があることを示します。たとえば、タスクが6月30日までに終了する必要がある場合は、その時間後に主題の専門家が利用できないため、制約を使用します。

番号 2  プロジェクトのタスクをシーケンス処理する    タスクを互いに依存関係に従ってリンクすることができます。タスクの順序を指定するには、タスクの重なりがあるか、またはその間に遅延があるかを示します。

適用する次のいずれかをクリックします。

  • 依存しているタスクをリンクするためにプロジェクト内でタスクの依存関係を作成し、それらが依存している方法をProject 2007に伝えます。タスクは、多くの場合、線形シーケンスで行われます。たとえば、最初に壁を準備し、ペイントしてから、画像をハングさせます。ただし、プロジェクトには例外があります。同じ例では、1人のユーザーがペイント用の壁を準備するときに、ハングする画像を他のユーザーが購入することができます。

  • タスク間の遅延時間を表示するには、[潜在顧客] または [遅れ] を設定します。タスクリンクだけでは、タスク間の関係を正確に示すのに十分でない場合は、ラグタイムを設定できます。

番号 3  外部の依存関係を表すマイルストーンを作成する    イベントを追跡したいが、イベントがプロジェクトに表示されないためにリンクできない場合は、イベントを表すマイルストーンを作成できます。たとえば、別の会社が使用する必要があるソフトウェアプログラムを完了するまで、特定のタスクを開始できない場合があります。プロジェクトのマイルストーンを作成して、そのプログラムの完了を表すことができます。その進捗状況を追跡することを連想させます。

  • マイルストーンを追加して、プロジェクトの主要なイベントにマークを付けます。

  • プロジェクト間の依存関係と成果物をMicrosoft Office Project Server 2007で作成し、組織内の他のプロジェクトが依存している可能性があるプロジェクトに関する情報を含めることができます。

番号 4  タスクの期限を作成   する 特定の日付以降にタスクが終了したときに通知を受け取るには、期限を作成できます。期限を作成すると、柔軟な制約を入力したときと同じように、情報を更新するときに、 Project 2007がスケジュールを自由に調整できないように制限されません。

数値 5  タスクまたはフェーズを特定の日付に結び付ける    特定の日付にタスクを開始または終了する必要がある場合は、制約を使用してタスクまたはフェーズを特定の日付に結びつけます。この日付は、セミナーやクラスなどのイベントを表すことができます。

番号 6  タスクに関するサポート情報を追加する    タスクに関する詳細情報を、ノート、ドキュメント、Web ページへのリンクの形式で追加します。

適用する次のいずれかをクリックします。

前の目標次の目標

プロジェクトマップのすべての目標を表示する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×