目標: スケジュールの問題を確認する

スケジュール では、プロジェクトの開始後、タスクの実際の進捗状況を追跡する際、タスクのスケジュールの問題や潜在的な問題を特定することができます。問題を確認または予測することで、プロジェクトの終了日に影響を及ぼす可能性のある問題に対応できます。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理作業について説明している「ステップ ガイド」の記事の一部です。プロジェクト管理の各作業は、計画の立案、プロジェクトの進捗管理、およびプロジェクトの終了というプロジェクト管理のライフ サイクルに向けて構成されるため、"目標" という言い方をします。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

スケジュール問題の目標を確認する

番号 1  スケジュールを分析する    基本スケジュールの作成後に、スケジュールをチェックして、調整する必要のある問題や見落としがないか調べる必要があります。

次のうち、該当する項目をクリックしてください。

2 番  2 つのプロジェクト ファイルを比較する    同一プロジェクトの 2 つのプロジェクト ファイルを比較して、詳細なレポートを独自に作成し、スケジュールの問題を確認できます。

番号 3  プロジェクトの終了日が変化したかどうかを確認する    プロジェクトの日程と、終了日に直接影響するクリティカル タスクの要約を全般的に確認できます。

4 番  プロジェクトの終了日が遅れる理由を調べる    スケジュールの中で、プロジェクトの終了日を遅らせる可能性のある要因を調べます。

次のうち、該当する項目をクリックしてください。

  • 問題となっているタスクをすばやく見つけるために、クリティカル パスを表示します。クリティカル タスクの遅れによって終了日が遅れるため、クリティカル パス上のタスクはスケジュールに大きな影響を及ぼします。スケジュールを変更するとクリティカル パスが変わるため、スケジュールのクリティカル パスを表示することによって、変更箇所とそれらがクリティカル パスに及ぼした影響を確認できます。

  • プロジェクト内のタスクの依存関係 (リンク) を確認して、クリティカル パスのタスクの依存関係が正しく必要なものであることを確認します。不必要または不正確なタスクの依存関係は、プロジェクトの終了を遅らせる要因になります。

  • 他のチームやそのプロジェクトの成果物がプロジェクトの終了日に影響するか確認するために、プロジェクト間の依存関係とその成果物を管理します

  • 必要であるかタスクの制約を確認します。不要なタスクの制約があると、特定の日にタスクが強制されたり、余裕期間をすべて使い、スケジュールの柔軟性が制限されます。不要な制約を削除すると、Microsoft Office Project 2007 ではタスクの期間と他のタスクとの関係に基づいてタスクをスケジュールします。

  • プロジェクトのデータを Microsoft Office Excel 2007 のピボット テーブル レポートおよび Microsoft Office Visio 2007 のピボット ダイアグラム ビューで表示するために、ビジュアル レポートを確認します

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×